MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
652人でフラフープダンス新記録達成/愛知県知立市

652人でフラフープダンス新記録達成/愛知県知立市

7月13日(日)、愛知県知立市で「フラフープを使ってダンスを踊る最多人数 (Most people dancing with hula hoops)」のギネス世界記録に挑むイベントが開催され、これまでの世界記録である637人(オーストラリア)を上回る「652人」 知立青年会議所

7月13日(日)、愛知県知立市で「フラフープを使ってダンスを踊る最多人数 (Most people dancing with hula hoops)」のギネス世界記録に挑むイベントが開催され、これまでの世界記録である637人(オーストラリア)を上回る「652人」がギネス世界記録として認定された。(主催:知立青年会議所)

この挑戦は、音楽に合わせてフラフープを回しながら2分間以上ダンスをするというもの。フラフープを地面に落としたり、振付を間違えたりすると失格となる。今回は、「WAになっておどろう」の曲に合わせ、日本フープダンス協会の上田浩之代表が振付を考案した。

参加者は知立市内の小学生や親子連れが中心。当初はフラフープに触ったことのない子どもも大勢いたなか、1ヶ月以上にわたり、青年会議所のメンバーが各小学校をまわって猛特訓を重ねてきた。
当日は、これまで練習の成果を発揮しようと朝早くから参加者が集まり、思い思いに最後の練習を実施。振付を担当した上田代表も駆け付け、全員でのリハーサル後にいよいよ本番を迎えた。しかし、1回目の挑戦ではフラフープを落としてしまうなどの失格者が規定より多く出てしまい、認定ならず。

ところが、2回目の準備を進めていたところ、突然スコールのような雨が降り出してしまった。いつ止むともしれない雨を前に挑戦続行が危ぶまれたが、知立青年会議所の下した決断は「次で絶対に成功させる」。ギネスワールドレコーズのルール上は3回目まで再チャレンジが認められていたが、何としても2回目で全員で成功させようと参加者に呼び掛けたのだ。その呼びかけに応え、ほとんど全員がその場にとどまり、泣いても笑ってもこれが最後の再挑戦へ。雨に濡れて腕や体からフープが滑ったり、水たまりがいくつもできて動きにくいなど悪条件にも負けず、なんとか2分間のダンスを踊りきった。



 

ギネスワールドレコーズジャパン公式認定員マクミラン舞氏や約20名の監視員もずぶ濡れになりながら挑戦を最後まで見届け、審査の結果は「652名の成功」で新記録達成。不安そうに審査の様子を見守っていた参加者から、雨の音にも負けない歓喜の声が響いた。

 

記録名:Most people dancing with hula hoops

認定日:2014年7月13日

[caption id="attachment_1402" align="alignnone" width="300" caption="フラフープダンス記録成功の記念撮影"]

大勢でフラフープダンス記録を達成

[/caption]

 

 

この記事のライター
関連記事
2016年11月5日、愛知県北名古屋市で「Most people spinning tops simultaneously(同時にこまを回した最多人数)」というギネス世界記録挑戦が行われ、見事記録達成しました。
公開: 2016-11-07 16:18:20
2016年10月30日、富山県小矢部市で新しいギネス世界記録が誕生しました。挑戦したカテゴリは「Largest armed-linked toast」(最も多くの人数で行った腕組み乾杯)で、2015年9月に中国で達成された900人を超えることが目標でした。
公開: 2016-11-01 10:55:10
石川県輪島市の白米千枚田では、10月15日(土)から大規模なイルミネーションイベント「あぜのきらめき」を開催する。棚田のあぜに21,000個のソーラーLEDを設置。ライトは日没後に自動で点灯し、30分ごとに色が切り替わるもので、光の移り変わりを楽しめる。期間は来年3月12日(日)まで。期間中は無休。
公開: 2016-10-06 15:44:40
中部経済産業局は、愛知県、石川県で「中部ふるさと名物普及シンポジウム」を開催する。地域経済を大きく活性化させるため、「地域資源」を活用した「ふるさと名物」をテコにし、地域ぐるみの取組を促進することを目的として開かれるもの。
公開: 2015-06-09 13:56:21
最新記事
食農体験ネットワーク協議会(事務局:ブランド総合研究所(所在地:東京都港区虎ノ門))では、WEBサイトのリニューアルにともない食農体験を実施している団体・農園等の情報を募集開始します。(サイト掲載は無料です)
公開: 2021-05-20 10:35:00
株式会社ブランド総合研究所は「地域ブランド調査2021」を、本年6月から7月にかけて実施する予定です。調査に先立ち、町村で調査対象をご希望の自治体様に対して調査エントリーの募集をいたします。
公開: 2021-05-17 12:00:00
県外の応援者、出身者の移住や訪問、地域貢献につながる意識などを数値化する「関係人口の意識調査2021」を全国2万人を対象にインターネットで実施しました。その調査結果の一部をご紹介いたします。
公開: 2021-04-23 12:25:01
ブランド総合研究所では、地域活性化につながる調査や事業に取り組むスタッフを募集します。 行政や自治体、関連機関と一緒に仕事をすることが多いため、地域のことを真剣に考え、戦略的に挑戦できる人を求めています。
公開: 2021-04-15 09:58:00
テレワークの普及に伴って、「ワーケーション」に関心が集まっている。地方にとっては都市部と行き来する「関係人口」の拡大により、活性化や将来の定住が期待できる。
公開: 2021-04-07 17:13:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル