MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
東日本大震災・観光復興国際シンポジウム開催/仙台市

東日本大震災・観光復興国際シンポジウム開催/仙台市

観光庁では、国際連合の観光分野の専門機関である世界観光機関(UNWTO)及び外務省との共同主催により、東日本大震災後の観光復興の進捗を国内外の皆様に広く知ってもらい、観光復興に向けた各地域の取組に活力を与える一契機とすることを目的としたシンポジウムを、10月5日仙台市にて開催する。

観光庁では、国際連合の観光分野の専門機関である世界観光機関(UNWTO)及び外務省との共同主催により、東日本大震災後の観光復興の進捗を国内外の皆様に広く知ってもらい、観光復興に向けた各地域の取組に活力を与える一契機とすることを目的としたシンポジウムを、10月5日仙台市にて開催する。

本シンポジウムは、被災地域において大きな被害を受けた観光分野の支援を図るための初の国際的イベントであり、本シンポジウムを通じて、被災地への国内外訪問者の回復、それを通じた地域の観光産業の復興、ひいては地域経済の再活性化に向けた一契機となることを目指している。当日は、UNWTOからタレブ・リファイ事務総長、観光庁から溝畑宏長官も参加予定。

シンポジウム参加希望の方は、観光庁該当ページの別添2(参加申込書)に必要事項を記入の上、平成23年9月28日(水)までに、当該様式に示すあて先にFAXにて申し込む。参加費は無料。会場スペースの都合上、参加募集人員は100名程度。

詳しくは、観光庁該当ページに記載の観光庁担当者まで。

開催概要


  • 日 程 : 平成23年10月5日(水)14:30~18:00

  • 会 場 : 東北大学片平さくらホール(東北大学片平キャンパス内) (住所:仙台市青葉区片平2-1-1)

  • 主 催 : 世界観光機関(UNWTO)、観光庁、外務省

  • 内容及び参加者 : 観光庁該当ページの別添1参照


参考情報:東日本大震災・観光復興国際シンポジウム(於:仙台)を開催します!(観光庁HP)

この記事のライター
関連記事
食農体験ネットワーク登米協議会は、2018年3月20日(火)に『農泊・インバウンドセミナー』を開催する。これは、平成29年度農山漁村振興交付金(農泊推進対策)を受け「農泊(農山漁村地域への滞在型旅行)」を推進するため、東北・九州地方のインバウンド(訪日外国人)の受け入れ先のナマの声を聞き、登米市地域内の農泊のおける意識醸成を図る。
公開: 2018-02-16 11:23:09
2016年12月11日、青森県板柳町で『Longest relay of people feeding each other(リレー形式で食べさせ合った最多人数)』というギネス世界記録の挑戦が行われました。挑戦内容は、参加者が一列に並び、リレー形式で食べ物を食べさせ合った参加人数を競うものです。
公開: 2016-12-14 11:10:47
青森県板柳町(町長:成田 誠)は、同町特産のりんごを使ってギネス世界記録に挑戦するイベントを2016年12月11日(日)に開催。挑戦する内容は『Longest relay of people feeding each other(リレー形式で食べさせ合った最多人数)』で、「りんごまるかじり条例」
公開: 2016-12-06 10:22:05
山形県寒河江市で2016年6月12日(日)、参加者数を競う「最大のサクランボの種飛ばし大会(Largest cherry stone spitting competition)」のギネス世界記録挑戦が行われ、参加者数2,944人で自ら持つ記録(1,723人)を大幅に更新、見事認定された。
公開: 2016-06-13 12:49:51
第39回を迎える、岩手県盛岡市の「盛岡・北上川ゴムボート川下り大会」が7月26日、盛岡市を流れる北上川で開催され、814艇、1,628人が完走し、「世界最大のラフトレース」としてギネス世界記録に認定された。
公開: 2015-07-28 11:03:19
最新記事
全国有数の梨産地である宇都宮市では、「梨」をブランド農産物としている。今回初出荷される宇都宮産の幸水は、みずみずしくて甘みが強く、品質が良いという特徴が ある。
公開: 2021-07-29 16:09:25
日本政府観光局(JNTO)が21日発表した6月の訪日外国人客数は9300人(推計)だった。これは、新型コロナウイルス感染症の影響前の 2019 年同月比 99.7%減に相当する。
公開: 2021-07-29 15:28:00
株式会社ブランド総合研究所では前年に引き続き第2回目「企業版SDGs調査2021」の調査を開始しました。前年、第1回目の調査を実施・発表したところ、大きな反響があり、今回はそれに続く第2回目の調査となります。
公開: 2021-07-28 17:39:20
「地域版SDGs調査2021」では、環境や社会の持続につながる「地産地消」「節電・省エネ」「寄付・募金」のような消費行動・環境行動・社会行動における20項目を示して、該当するものを選択してもらった(複数回答)。
公開: 2021-07-28 15:57:04
「地域版SDGs調査2021」では、環境や社会の持続につながる「地産地消」「節電・省エネ」「寄付・募金」のような消費行動・環境行動・社会行動における20項目を示して、該当するものを選択してもらった(複数回答)。
公開: 2021-07-28 15:26:43

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル