MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
24時間TVでギネス世界記録が2つ誕生!

24時間TVでギネス世界記録が2つ誕生!

8月21日~22日にかけて日本テレビで放映された「24時間テレビ 愛は地球を救う」において、小学校の子供達や、体力に自信のある人達、芸能人等が数々のギネス世界記録に挑戦し、「縄跳び8の字跳び」で熊谷市立玉井小学校が、「エビぞり卵運び」の挑戦で女優の鈴木みほさんが、それぞれギネス世界記録に認定された。

8月21日の夜から22日にかけて、日本テレビで実施された「24時間テレビ 愛は地球を救う」において、小学校の子どもたちや、体力に自信のある人たちや芸能人などが数々のギネス世界記録に挑戦をし、「縄跳び8の字跳び」で熊谷市立玉井小学校が、「エビぞり卵運び」の挑戦で女優の鈴木みほさんが、それぞれギネス世界記録に認定された。

全国の小学校の子どもたちが「縄跳び8の字跳び」のギネス世界記録に挑戦した。これは回転している縄跳びのなかに、列を作った子どもたちが縄を跳びながらくぐりぬける人数を競い合うもの。1分間で各チーム2回ずつ挑戦して、何回跳べるか挑戦した。
挑戦したのは千葉県大網白里町立季美の森小学校、埼玉県熊谷市立玉井小学校、静岡県熱海市の桃山小学校、岡山県倉敷市立西阿知小学校、岐阜県可児市広見小学校、静岡県浜松市立県居小学校の6校。

その結果、熊谷市立玉井小学校が1分間で213回を跳ぶことができ、ギネス世界記録に認定された。

その他に、「エビぞり卵運び」の挑戦では、女優の鈴木みほさんが過去の世界記録であるウクライナのタチアナ・タゾサンさんの42秒を大幅に短縮する27.4秒で、ギネス世界記録を更新した。

同番組では、このほかにも「壁宙がえり」「1分間ドリル」「1分間ジャンピングパンツ」「1分間ハイキック」「軟体10m走」などの挑戦があったが、いずれも世界記録更新はならなかった。

この記事のライター
地域ブランド調査2019(総合)
関連記事
様々な世界一を認定しているギネス世界記録。日本各地で、バラエティ豊かな世界一が沢山生まれています。昔からある自然や祭り、住民が力を合わせた活気あふれる挑戦・・・地域の魅力を伝える世界一を、都道府県ごとにご紹介。第20回は長野県から。
公開: 2020-06-18 15:49:57
様々な世界一を認定しているギネス世界記録。日本各地で、バラエティ豊かな世界一が沢山生まれています。昔からある自然や祭り、住民が力を合わせた活気あふれる挑戦・・・地域の魅力を伝える世界一を、都道府県ごとにご紹介。第19回は山梨県から。
公開: 2020-05-18 15:04:00
様々な世界一を認定しているギネス世界記録。日本各地で、バラエティ豊かな世界一が沢山生まれています。昔からある自然や祭り、住民が力を合わせた活気あふれる挑戦・・・地域の魅力を伝える世界一を、都道府県ごとにご紹介。第18回は福井県から。
公開: 2020-05-14 08:32:12
新型コロナウイルスの影響で、外出自粛を余儀なくされて早数ヶ月。楽しみにしていたイベントは軒並み中止で、みんなで集まって楽しめる日はいつ来るのやら・・・そんな寂しい思いをしている皆さん、オンラインで力を合わせて世界記録にチャレンジしてみませんか!?
公開: 2020-05-11 16:49:00
様々な世界一を認定しているギネス世界記録。日本各地で、バラエティ豊かな世界一が沢山生まれています。昔からある自然や祭り、住民が力を合わせた活気あふれる挑戦・・・地域の魅力を伝える世界一を、都道府県ごとにご紹介。第17回は石川県から。
公開: 2020-03-31 09:58:00
一般社団法人日本フードバリアフリー協会(事務局:株式会社ブランド総合研究所(東京都港区虎ノ門1-8-5 代表取締役 田中章雄))は、食のバリアフリー対策に向けてオンラインセミナー「食のグローバルに向けて今やるべきこと~インバウンドが復活するまでがチャンス!~」を3月19日(金)に開催する。
公開: 2021-02-25 18:17:00
「オンラインを活用すれば、これまでとは違った食育の展開が可能になる」、「食育への取り組みは社会や環境への貢献につながる視点が重要」など、新しい時代の食育について考える「食育推進フォーラム2021」が東京の会議室とオンライン配信により開催され、全国から479名(会場とオンライン視聴の合計)が参加しました。
公開: 2021-02-22 11:22:23
2020年に実施した「アンテナショップ実態調査2020」の結果をもとに、新型コロナの影響や出店エリア別の女性比率や平均年齢などについて解説。 新時代のアンテナショップの課題や、活性化に必要な「連携」や「発信」、「機会創出」などの方向性を探る
公開: 2021-02-18 13:44:19
宮城県登米市(宮城県北)に位置する伊豆沼農産は、1988年の創業以来、「農業を食業に変える」を企業理念に掲げ、地域6次産業化を基盤にした付加価値型農業を実践する。2004年以降はこれまでの事業に加え、農泊・インバウンドといった都市農村交流を目指し活動している。
公開: 2021-01-26 14:25:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
食農体験ネットワーク協議会
研修生募集
ギネス世界記録にチャレンジ
企業版SDGs
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
観光
サブスク
食農体験ネットTaabel
メルマガ
get_app
ダウンロードする
キャンセル