MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
市区町村の魅力度等調査結果~魅力度上位50位~(地域ブランド調査2020)

市区町村の魅力度等調査結果~魅力度上位50位~(地域ブランド調査2020)

地域ブランド調査2020の調査結果のうち、調査項目「魅力度」をはじめとする市区町村に関する結果の一部をご紹介いたします。

主要項目結果

 地域ブランド調査では、各地域名称に対して84項目の調査項目を設けています。そのうちの1項目である「魅力度」を説明変数とし、各地域がどのような側面から“魅力的”と評価されているかを他の調査項目結果から説明する構成となっています。市区町村結果では魅力度上位50市町について、魅力度に加え、認知度、居住意欲度、観光意欲度の結果を紹介します。
 最も魅力度が高かったのは京都市で点数は51.9点。2017年以来3年振り3回目の1位となりました。同市は、認知度で2位と高い周知性に加え、観光意欲度で3位、居住意欲度で5位と高い評価を得ています。また、地域資源評価のうち歴史に関連する項目の評価が突出して高いのも特徴です。
 市区町村結果では都道府県と異なり、周知性(認知度等)の面で地域間に大きな差があります。上位では、屋久島町(鹿児島県)などで他上位市よりも認知度は低くなっているものの、魅力度では上位に入っている地域がみられます。
 1000市区町村の結果から、魅力度を従属変数、今回紹介した3項目(認知度、居住意欲度、観光意欲度)を独立変数とした重回帰分析を行うと、決定係数(修正R二乗)は0.9474と非常に高い値となっています。また、特に観光意欲度が魅力度に影響を与えており(標準偏回帰係数0.6834)、次いで認知度(同0.1904)、居住意欲度(同0.1692)が影響を与えているという結果となっています。
 なお、都道府県ごとの結果をみると、上位50位以内に北海道内の市が8市入っており最多となっています。北海道は都道府県別結果でも最も魅力度が高くなっています。次いで多かったのは神奈川県で5市町が50位以内に入っています。
 

【魅力度上位50位市区町村の主要項目結果】

魅力度について(スコア算出元の回答者割合)

 魅力度を算出する際に用いた「とても魅力的」、「やや魅力的」の回答者割合を紹介します※。
最も魅力度の高かった京都市は「とても魅力的」が33.5%、「やや魅力的」が36.9%で回答者のうち70.4%が同市を”魅力的”と回答しています。魅力度2位の函館市は「とても魅力的」が25.8%、「やや魅力的」が51.1%と「とても魅力的」の回答者割合は京都市よりも少なくなっていますが、同市を”魅力的”と回答した合計割合は76.9%と京都市よりも多くなっています。

※魅力度は、提示した地域名に対して「どの程度魅力的に思うか」を質問し「とても魅力的」から「まったく魅力的でない」までの5段階評価で回答してもらい、そのうち「とても魅力的」と「やや魅力的」と各地域を「魅力的」と回答した回答者割合のみを反映し、それぞれ選択肢に付与した点数(重み)を加重平均したものです。
 魅力度=100点×「とても魅力的」回答者割合 + 50点×「やや魅力的」回答者割合
※上記で紹介している回答者割合は小数点1位までですが、魅力度を算出する際は回答者割合の小数点2位以下の結果も用いているため、各結果に差異が生じる場合があります。

【魅力度回答者割合】

関連ページ

地域ブランド調査2020特設HPトップページはこちらから

同、ニュースリリースはこちらから

同、都道府県結果はこちらから

同、調査報告書のお申込みはこちらから

<問合せ先>

株式会社ブランド総合研究所 (担当.安田)
    Tel.  03-3539-3011(代)
    Fax. 03-3539-3013
    E-mail: survey2020[アットマーク]tiiki.jp
    ※送信時は[アットマーク]を@(半角)に変換しお送りください。

この記事のライター
関連記事
全国で最も魅力的な都道府県は12 年連続で北海道となりました。市区町村は京都市が51.9 点で3 年ぶり3 度目の1 位。2 位には前年1 位の函館市、同2 位の札幌市が同点で並んでいます。(地域ブランド調査2020より)
国内1000市区町村及び47都道府県を対象に、各地域の一般消費者によるイメージ形成について調査する「地域ブランド調査2020」を今年6月から7月にかけて実施。10月中旬に予定している結果発表に先立ち、同調査の特設ページを開設いたしました。
地域ブランド調査は、ブランド総合研究所が年1回実施している調査で、各地域名称の全国的な認知やイメージ形成、各行動意向等を明らかにする大規模消費者調査です。2006年にスタートし、今回の「地域ブランド調査2020」で15回目となります。
地域ブランド調査2020各種報告書をFAXでお申込みいただく場合はこちらから指定の用紙をダウンロードいただき、必要事項をご記入の上ご送信下さい。
最新記事
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
福島県では、首都圏の若い世代に本県が抱える地域課題の解決に協力してもらうことを通じて、関係人口の創出を図る「ふくしま夢実現クエスト事業」を実施しており、本プロジェクトのスタートアップである「第1回ふくクエ応援会議」を都内の会議室で開催しました。
都道府県魅力度ランキングでおなじみの「地域ブランド調査2021」の結果を発表。北海は13年連続1位。1000市区町村の魅力度では札幌市は9年ぶり1位。コロナ禍で地域への関心度が高まり、多くの地域で魅力度が上昇した。
「地域ブランド調査2021」の結果から、47都道府県の魅力度ランキングの結果です。1位は北海道で都道府県の調査開始から13年連続の1位。2位以下は京都府、沖縄県、東京都、大阪府、神奈川県、福岡県、長崎県、奈良県の順で、10位は長野県と石川県でした。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル