MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
タコ加工量日本一!ひたちなか市のタコ文化がすごい

タコ加工量日本一!ひたちなか市のタコ文化がすごい

茨城県ひたちなか市は、タコの加工量が日本一!そんな「タコ日本一のまち」のすごいタコ文化を紹介します。また、現地に行った際にぜひとも訪れたいタコスポットを紹介します。

タコのまち ひたちなか

茨城県ひたちなか市は、タコの加工量が日本一!市内にある那珂湊水産加工団地には、多くのタコ加工会社が立ち並び、ここから全国各地、世界各国に「蒸したこ」や「酢たこ」といった様々なタコの製品が届けられています。
そんなひたちなか市には、タコにまつわるものがたくさんあります。この記事では、タコ日本一のまちの名物である「蒸したこ」の秘密やひたちなか市のオススメのタコスポット、様々なタコ文化を紹介します。

「蒸したこ」の秘密

ひたちなか市観光協会推奨土産品にもなっている「蒸したこ」。タコといえば、一般的には茹でて食べられることが多いですが、直接水に浸ける「茹でる」という工程は、実は、茹で汁の中にタコのうま味を逃がしてしまう面もあります。
それに対して、ひたちなか市のタコ加工会社では、茹で汁に浸けず、タコのうま味をなるべく逃さないよう、「蒸し」の工程を主とすることで美味しいタコを製造しているのです。
ひたちなか市で作られるタコ製品の秘密は、蒸すことにあったのですね。

立ち寄りたいタコスポット

あ印

ひたちなか市のタコ加工会社の中でもその先駆的な会社が「あ印」です。会社エントランスには、様々なタコの漁具が飾ってあり、たこ博士の像が出迎えてくれます。2階には直売所があり、工場で製造している商品を購入することができます。

那珂湊おさかな市場

年間100万人以上が訪れるひたちなか市のお魚スポット「那珂湊おさかな市場」。魚屋特有の威勢の良い声が響き渡り、多くの買い物客で賑わいます。市場には、おいしい生タコや蒸しタコ、酢タコなどが売られています。その他、那珂湊名物の干物や鮮魚など様々な魚介が買え、せっかく那珂湊に来たのならタコなどの魚介類は、お土産におススメです。

那珂湊おさかな市場
ひたちなか市湊本町19-8
http://www.nakaminato-osakanaichiba.jp/

那珂湊漁協加工直売所 魚食楽(さくら)

那珂湊おさかな市場の対岸には、「那珂湊漁協加工直売所 魚食楽(さくら)」があります。お店に行くと漁師のお母ちゃんたちが温かく出迎えてくれ、漁師めしをお手頃価格で味わえます。
そこで売られている「たこ飯」はその中の名物の1つ。さらに、ここで売られている「那珂湊焼きそば」にはタコが入っており、茹でた地ダコが売られていることも。知る人ぞ知るひたちなか市の名スポットです。

那珂湊漁協加工直売所 魚食楽(さくら)
ひたちなか市和田町3-11-11

さらにディープなタコ文化

8月8日は‟タコの日”

ひたちなか市では、8月8日は‟タコの日”と定められています。さらに、10月10日は‟とと(魚)の日“、毎月10日は‟魚を食べる日”と定められています。この日にひたちなか市を訪れた際は、特にタコや魚を食べたいところです。

タコ日本一宣言(書籍)

タコ日本一のまち、ひたちなか市では、地元商工会議所がタコの本を出しています。その名も『「タコ日本一」宣言 : 魚のおいしいまちづくりへの挑戦』。タコに関する様々な情報が詰まっているタコ好き必見の一冊です。

たこ焼きフェス

毎年、一大音楽フェス・イベントROCK IN JAPAN FESTIVALの開催地にもなるひたちなか市。実は、たこ焼きフェスなるものも存在します。開催時期は、毎年8月。世界の料理とコラボしたたこ焼きなど、様々なアレンジたこ焼きを食べることができます。

タコイルミネーション(いたるところに出没するタコ)

タコ日本一のまち、ひたちなか市では、市内のいろいろなところにタコが出没していることも。例えば、冬にはタコのイルミネーションが駅前に出現することもあります。ひたちなか市を訪れた際には、市内に出没しているいろいろなタコを探してみましょう。

タコ日本一のまちのソウルフード、「たこカツ!」を開発中

タコ日本一のまち、ひたちなか市には、タコにまつわる魅力がいっぱい。そんな、タコ日本一のまちで今、タコを使った新たなご当地ソウルフード「たこカツ!」の開発が進んでいます。

「たこカツ!」は、タコをふんだんに使い、パン粉をまぶして揚げたさつま揚げです。食べ歩きに良し!おやつに良し!そして、何よりもビールによく合う!

「たこカツ!」は、現在開発中。そのお披露目までしばしお待ち下さい。

タコは、タンパク質のカタマリで、疲労回復に効果があるタウリンが多く含まれます。多くの方に「たこカツ!」やひたちなか市のタコ文化を楽しんでいただくことで、元気になってもらえればと思っています。


この記事のライター
関連するキーワード
地域ブランド調査2019(総合)
関連記事
茨城県ひたちなか市にある国営ひたち海浜公園では、ネモフィラの丘の絶景をオンライン上で楽しめる『ネモフィラ「360度バーチャルツアー」』を実施しています。
公開: 2020-04-23 14:53:55
おすすめの国営ひたち海浜公園の遊び方と、ひたちなか市内のいいところ、こっそり教えます
公開: 2020-03-26 15:39:26
おすすめの紅葉のコキアの鑑賞ポイントと、ひたちなか市内のいいところ、こっそり教えます
公開: 2020-03-25 00:55:26
おすすめの緑葉のコキアの鑑賞ポイントと、ひたちなか市内のいいところ、こっそり教えます
公開: 2020-03-24 18:30:00
おすすめのネモフィラ鑑賞ポイントと、ひたちなか市内のいいところ、こっそり教えます
公開: 2020-03-17 16:41:43
株式会社ブランド総合研究所は、農林水産省の「地域活性化対策(人材発掘事業)」の一環として、農村地域への移住促進と活性化のために食農体験を活用した研修事業を開催。参加料、交通費、宿泊費の負担なし。定員30名を募集します。
公開: 2020-09-15 15:31:55
2020年9月7日(月)、東京アンテナショップ連絡会主催で「東京アンテナショップ連絡会 inふくい南青山291」が開催され、各自治体アンテナショップの情報交換の場として、各アンテナショップの担当者が集まりました。
公開: 2020-09-08 13:25:00
国内1000市区町村及び47都道府県を対象に、各地域の一般消費者によるイメージ形成について調査する「地域ブランド調査2020」を今年6月から7月にかけて実施。10月中旬に予定している結果発表に先立ち、同調査の特設ページを開設いたしました。
公開: 2020-08-27 14:50:00
住民による都道府県の評価調査「都道府県SDGs調査2020」によると、定住意欲度が最も高かったのは北海道で、2年連続1位となった。2位には、前年9位の沖縄県、3位は福岡県となった。昨年4位の東京都は33位へと急落した。
公開: 2020-08-25 12:00:00
株式会社ブランド総合研究所は、住民目線による地域の持続性評価、悩みや不満、および幸福度や定住意欲度に関する「第2回都道府県SDGs調査2020」を実施しました。調査報告書では、定住意欲度を高めるための課題や、年代による意識の違いなど、都道府県ごとの実情を分析できます。
公開: 2020-08-24 16:10:35

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
食農体験ネットワーク協議会
研修生募集
ギネス世界記録にチャレンジ
企業版SDGs
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
観光
サブスク
食農体験ネットTaabel
メルマガ