MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
汐留地下歩道で「震災復興博@東京」開催

汐留地下歩道で「震災復興博@東京」開催

「東北復興博@東京 for 2011」実行委員会は、2011年7月7日(木)~7月9日(土)の3日間、汐留シオサイト地下歩道にて、国連機関ユネスコ本部との共同主催による復興イベント「東北復興博@東京 for 2011」を開催する。

「東北復興博@東京 for 2011」実行委員会は、2011年7月7日(木)~7月9日(土)の3日間、汐留シオサイト地下歩道にて、国連機関ユネスコ本部との共同主催による復興イベント「東北復興博@東京 for 2011」を開催する。

このイベントは、ユネスコ本部と音楽家・ユネスコ平和芸術家の城之内ミサ氏が、未来を担う子供達のために、そしてユネスコの精神を後世に伝えていくために、世界遺産トーチランコンサートの枠組みで発信する「Peace of mindキャンペーン」との共同主催企画として行われるもの。

ユネスコ平和芸術家の城之内ミサ氏が心の復興への祈りを音楽に込め、未来を担う子供たちと「東北復興博@東京」テーマ曲「Peace of Mind」を奏でるほか、東北6県の物産即売会(26ブース)、東北祭り・郷土芸能ミニライブとして弘前ねぷたや会津若松白虎隊演舞、被災地の新聞掲示などが予定されている。入場は無料。

「東北復興博@東京 for 2011」概要


  • 日時:2011年7月7日(木)14:00~19:00/8日(金)・9日(土)11:00~19:00

  • 会場:汐留シオサイト 地下歩道(東京都港区東新橋1-5)

  • 主催:「東北復興博@東京 for 2021」実行委員会

  • 共同主催:ユネスコ世界遺産センター パートナーシップ事業 世界遺産トーチランコンサート

  • 後援:共同通信社、東奥日報社、デーリー東北新聞社、秋田魁新報社、山形新聞社、岩手日報社、河北新報社、福島民報社、福島民友新聞社、汐留地区街づくり連合協議会、トッパンフォームズパナソニック電工、JA全農、みそ健康づくり委員会ほか

  • 対象者:一般入場者ほか ※入場無料

  • 開催内容(予定)
    ・「東北復興博@東京」テーマ曲「Peace of Mind」ユネスコ平和芸術家・城之内ミサと未来を担う子どもたちとの復興特別ライブ
    ・東北6県の物産即売会 (仮設26ブース)・・・大船渡の銘菓、石巻の津波被害を免れた缶詰、気仙沼の帆布バッグ、白神山地の伏流水コーヒー、東北地方のオリジナル味噌、きゅうりのサンプリング(キュウリビズ)など。
    ・東北祭り、郷土芸能ミニライブ:弘前ねぷた、会津若松白虎隊演舞、ゆるキャラ出演など
    ・ユネスコ本部の支援、世界遺産保護継承の取り組みの紹介
    ・被災地の新聞掲示:大震災翌日(3/12)朝刊、号外、避難所の子供手作り新聞、など。
    ・写真展 ~復興の歩み~
    ・アーティストによる東北復興デザイン紹介


参考資料:東北復興博@東京 for 2021

この記事のライター
関連記事
人口減少が歯止めをきかない中で、千葉県流山市では、毎年人口が増えている。とくに、年齢別人口では、30~40歳の「働き盛り」の層が最も多く増え、子どもの数が純増している。
宇都宮市は、「餃子の街」として、益々のイメージ強化を図るため、宇都宮市在住の外国人や、インバウンド客の視点から、宇都宮の魅力を発信をしてもらうため、日本で唯一の"餃子"協同組合である「宇都宮餃子会」が運営する「来らっせ」本店(常設店舗)にてPRイベントをおこないます。
内各地の魅力を発信し、地域の観光振興につなげる取組として、都内各地の観光協会等の街歩きツアーを集めたイベントが開催される。歴史・文化・自然から話題のスポット&グルメまで、地域を愛するガイドやその道のプロなど、個性豊かなガイドが魅力溢れる東京を味わえる。
我孫子市の魅力発信室長が、大学院を卒業。修士論文のテーマ「関東圏 5 都県(東京都・千葉・神奈川・埼玉・茨城)自治体シティプロモー ション実態調査」の結果をまとめた。自治体との情報共有を図るため、我孫子市ホームページで公開中。
9月30日、埼玉県草加市で「Largest rice cracker mosaic (image)」(最も大きなライスクラッカーモザイク(イメージ))の挑戦が行われました。
最新記事
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を開催し、2022年1月21日(金)表彰式を開催しました。
ブランド総合研究所は前年に引き続き、第2回目となる「関係人口の意識調査2022」を実施しました。調査結果は2月中旬に発表予定で、調査報告書の申込みの受付を開始しました。
2022年2月21日(月)に食育に関心のある方を対象とした、参加費無料のフォーラムをオンラインで開催いたします。(主催:農林水産省)
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施しました。 令和3年度の6次産業化・地産地消優良事例集が発表されましたのでお知らせします。
県外の応援者、出身者の移住や訪問、地域貢献につながる意識などを数値化する「関係人口の意識調査2021」を全国2万人を対象にインターネットで実施しました。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル