MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
日本の伝統工芸品を海外に発信!シンガポールと上海でPRイベント開催

日本の伝統工芸品を海外に発信!シンガポールと上海でPRイベント開催

日本の食・伝統工芸品を海外にPRするイベント「さくらフェア」が、平成27年3月6日~8日(3日間)にかけてシンガポールWAttentionPlaza、同月18日~29日(12日間)にかけて中国上海市高島屋の2都市で開催された。(主催:ブランド総合研究所/東京都港区)

日本の食・伝統工芸品を海外にPRするイベント「さくらフェア」が、平成27年3月6日~8日(3日間)にかけてシンガポールWAttentionPlaza、同月18日~29日(12日間)にかけて中国上海市高島屋の2都市で開催された。(主催:ブランド総合研究所/東京都港区)

この「さくらフェア」は東北3県(岩手・宮城・福島)の伝統工芸品である南部鉄器、会津塗、秀衡塗、宮城伝統こけしを中心に、海外での知名度向上、販路拡大を目的に開催された期間限定イベントである。

「さくらフェアin上海」では、上海高島屋のイベントスペースを貸し切り、伝統工芸品の展示や、高島屋主催の日本のお土産品や飲み物の販売コーナーが設置された。

また、上海市内に複数店舗を構える人気日本料理店「銀平」と伝統工芸品の食器をコラボレーションしたレストランも同会場に期間限定でオープン、伝統工芸品の器や箸を使いながら食事を楽しむ様子が見られた。



期間中の週末には、けん玉名人による「けん玉ショー」が行われ来場者の注目を集めた。けん玉は若者のストリートスポーツとして近年欧米でブームを起こしているが、上海市民にも興味を持たれた様子で、けん玉を買い求める声が多く上がっていた。また、三重県からは「忍者」や、南伊勢町のご当地キャラクター「たいみーちゃん」も応援にかけつけ、それぞれイベントを盛り上げていた。



さくらフェアin上海には、述べ4,586人が買い物や体験イベントに参加。今回展示した伝統工芸品の半数以上は、上海高島屋で継続的に取り扱うこととなり、今後、上海市内を中心に中国への輸出が拡大されることが期待される。また、シンガポールでは3日間で約8,000人が来場した。

上海では、伝統的工芸品の材料や製造工程などのこだわりや、伝統工芸士(職人、作家)などについて質問を求める声が多く、プレゼント用や嗜好品として「本物」の日本製品を求める声が多く、一方、シンガポールでは実用的な器や包丁などへの興味を持つ人が多いなど両都市の消費者ニーズの差が見られた。

国を挙げて日本の文化や技術を輸出している中、日本が誇る伝統工芸品も都市ごとの消費者ニーズを捉え各都市へその魅力を伝えていくことが期待される。

(文責:平野 佑 ブランド総合研究所)

本事業は、経済産業省「平成26年度伝統的工芸品産業復興対策支援事業」の補助を受けて実施したものです。

この記事のライター
関連記事
食農体験ネットワーク登米協議会は、2018年3月20日(火)に『農泊・インバウンドセミナー』を開催する。これは、平成29年度農山漁村振興交付金(農泊推進対策)を受け「農泊(農山漁村地域への滞在型旅行)」を推進するため、東北・九州地方のインバウンド(訪日外国人)の受け入れ先のナマの声を聞き、登米市地域内の農泊のおける意識醸成を図る。
2016年12月11日、青森県板柳町で『Longest relay of people feeding each other(リレー形式で食べさせ合った最多人数)』というギネス世界記録の挑戦が行われました。挑戦内容は、参加者が一列に並び、リレー形式で食べ物を食べさせ合った参加人数を競うものです。
青森県板柳町(町長:成田 誠)は、同町特産のりんごを使ってギネス世界記録に挑戦するイベントを2016年12月11日(日)に開催。挑戦する内容は『Longest relay of people feeding each other(リレー形式で食べさせ合った最多人数)』で、「りんごまるかじり条例」
山形県寒河江市で2016年6月12日(日)、参加者数を競う「最大のサクランボの種飛ばし大会(Largest cherry stone spitting competition)」のギネス世界記録挑戦が行われ、参加者数2,944人で自ら持つ記録(1,723人)を大幅に更新、見事認定された。
第39回を迎える、岩手県盛岡市の「盛岡・北上川ゴムボート川下り大会」が7月26日、盛岡市を流れる北上川で開催され、814艇、1,628人が完走し、「世界最大のラフトレース」としてギネス世界記録に認定された。
最新記事
2022年2月21日(月)に食育に関心のある方を対象とした、参加費無料のフォーラムをオンラインで開催いたします。(主催:農林水産省)
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施しました。 令和3年度の6次産業化・地産地消優良事例集が発表されましたのでお知らせします。
県外の応援者、出身者の移住や訪問、地域貢献につながる意識などを数値化する「関係人口の意識調査2021」を全国2万人を対象にインターネットで実施しました。
農林水産省・全国食育推進ネットワーク(事務局・ブランド総合研究所)では第3回食育ミニセミナー&サロンを1/25にオンライン(ZOOM)で実施します。地産地消等優良活動表彰・文部科学大臣賞の沖縄県伊江村立伊江中学校の村ぐるみでの食育活動についてです。
ブランド総合研究所は各都道府県の住民を対象として、約16,300人を対象に、都道府県ごとに住民の幸福度や居住意欲度、悩みや地域の課題などを数値化する調査「第3回地域版SDGs調査2021」を実施。その中から定住意欲度のランキングを紹介する

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル