MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
6次産業向け「ハラル食専門セミナー」を東京にて7/28開催

6次産業向け「ハラル食専門セミナー」を東京にて7/28開催

6次産業化中央サポートセンターは、今後6次産業化でニーズが高まることが見込まれる「ハラル」についてのセミナーを、7月28日に東京の日比谷図書文化館にて実施する。講師は一般社団法人ハラル・ジャパン協会の副理事長の田中章雄(ブランド総合研究所代表取締役)と、NPO法人ローハスクラブ理事の徳丸順道氏。店員は60名で、参加費は無料。

6次産業化中央サポートセンターは、今後6次産業化でニーズが高まることが見込まれる「ハラル」についてのセミナーを、7月28日に東京の日比谷図書文化館にて実施する。講師は一般社団法人ハラル・ジャパン協会の副理事長の田中章雄(ブランド総合研究所代表取締役)と、NPO法人ローハスクラブ理事の徳丸順道氏。定員は60名で、参加費は無料。

このセミナーは、今後6次産業化でニーズが高まることが見込まれる「ハラル」についての案件の活性化を図るため、全国の6次産業化の関係者に対し、ハラルの知見を有する専門家によるセミナーを6次産業化中央サポートセンター(A-FIVE 農林漁業成長産業化支援機構)が開催することとした。これにより、今後のハラル案件の活性化を図っていくことが目的。

開催の概要については以下の通り。


  • 日 時:  平成26年7月28日(月) 14:30~16:30

  • 会 場:  日比谷図書文化館・4階スタジオプラス(東京千代田区日比谷公園1-4)

  • 対 象:  行政関係者、6次産業化サポートセンター、農林漁業者、中央サポート登録の6次化プランナー

  • 定 員:  60名(一組織につき1名のみ)

  • 主 催:  6次産業化中央サポートセンター(農林漁業成長産業化支援機構)

  • 参加費:  無料

  • 内 容:  「拡大するハラル市場と現状」 講師:田中章雄(ハラル・ジャパン協会副理事長)

  • 「ハラル食の加工と品質」 講師:徳丸順道(NPO法人ローハスクラブ理事)

  • 問合先:  6次産業化中央サポートセンター(角田) 070-6516-7146


6次産業化中央サポートセンター公式サイト
https://rokusapo.com/contact/
 

 

この記事のライター
関連記事
一般社団法人日本フードバリアフリー協会は、多様化する食やインバウンドに対応し、新たな市場を創出することを目的に9月26日(木)「ハラル専門研修」を開催します。本研修ではハラル市場規模・動向の解説と、ハラル認証の手続き方法や商品事例などについて学ぶことで、フードバリアフリー市場のビジネス知識の体得を目指します。
公開: 2019-08-16 16:12:00
東南アジアなど世界に約18億人のイスラム教徒(ムスリム)への輸出や訪日観光客への対応(インバウンド)が緊急課題。オリンピック開催や富士山や和食の世界遺産登録など、グローバル対応が不可欠です。「一般社団法人ハラル・ジャパン協会」の弊社では、5月より「ハラル認証取得サポート」を開始します
公開: 2014-04-27 18:02:52
最新記事
日本各地の盆踊りなどのうち、国指定重要無形民俗文化財として登録されている41件を、「風流踊」としてユネスコの無形文化遺産に登録されることが決まった。
公開: 2022-12-01 18:36:12
地域ブランド調査2022より、市区町村の魅力度ランキングを、上位100位まで公開する。1位は札幌市、2位は京都市、3位は函館市、4位は横浜市、5位は小樽市となった。
公開: 2022-12-01 17:21:42
1000の市区町村を対象に調査した「市区町村 魅力度ランキング」。前年からの伸びが1位となったのは熊本県「阿蘇市」、2位は兵庫県「神戸市」、3位は岐阜県「高山市」。その中から1位「阿蘇市」の魅力に迫る、連載:地域ブランド分析の第6弾。
公開: 2022-11-28 10:55:00
地域ブランド調査2022の中で、都道府県魅力度ランキングで最下位脱出となった茨城県。茨城県の魅力を改めて紹介するとともに、同県のブランド力の強みを分析した
公開: 2022-11-20 23:36:00
地域ブランド調査2022の中で、都道府県魅力度ランキングで初の最下位となった佐賀県。なぜ同県が最下位になった理由を分析してみた
公開: 2022-11-17 17:15:23

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル