MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
まさかの「ゴキブリ展」で夏のホラーを体験してみよう(徳山動物園)

まさかの「ゴキブリ展」で夏のホラーを体験してみよう(徳山動物園)

山口県周南市で何とも恐ろしい企画展が開催される。その名も「ゴキブリ展」。悪い冗談か何かネタかと思えばそうでもない。「ふれあい体験」や謎のヒーロー「ゴキブリキング」(着ぐるみ)が登場するなど、本気の力の入れようである。

山口県周南市で何とも恐ろしい企画展が開催される。その名も「ゴキブリ展」。悪い冗談かと思えばそうでもない。「ふれあい体験」や謎のヒーロー「ゴキブリキング」(着ぐるみ)が登場するなど、本気の力の入れようである。





夏といえば、あの黒い虫の季節である。恐らくその名を口にするのも嫌だという人も多いだろう。あの理屈を超えた生理的嫌悪感は筆舌に尽くしがたい。

一定速度で動いてくれればまだマシである。しかし、目を見張る速さで動いたかと思うと、ピタリと静止する。そしてまた急に動き出す。この静止している時間がたまらない。次にどう動くのか。ゴクリとつばを飲むようなこの怖さと緊張感は、そんじょそこらのホラー映画やお化け屋敷では味わえないほどである。

そんな「ゴキブリ」を集めた展覧会が開催されるという。

場所は山口県周南市。弊社の地域ブランド調査によれば、2014年度の認知度は1000自治体中849位、魅力度は602位。決してメジャーな自治体ではない。読者の中にも全く知らない方、何のイメージも湧かない方も少なくないだろう。

そういう現状を憂えてかそうでないのか、恐るべき展覧会の開催に踏み切ったのが、この周南市内にある徳山動物園である。

12 397^

(↑ チラシの下部分は自粛します。関心のある方はGoogle検索などしてみてください)

チラシによると、
・世界のゴキブリ大集合
・え!?ゴキブリとふれあい体験
・巨大ゴキブリほいほい 気分はゴキブリ、入っちゃおう
・ゴキブリレース! 1位のゴキブリを当てろ
・謎のヒーロー ゴキブリキングがやってくる

何とも突き抜けた企画ばかりである。ゴキブリとのふれあい体験と言われても、ふれあいたい人が存在するのだろうか? ゴキブリキングのきぐるみは、いったいいくらしたんだろうか? 数々の「?」が頭のなかで繰り返される。

開催期間は7/18~8/31。
行こうと思えば行けないことはない。いや、むしろ行くべきではないのか。きっと人生で一度しか味わえない体験が待っているはずだ。

絶対に出会いたくないモノたちに心惹かれはじめている自分に気づく。
おそらくこれこそが徳山動物園の狙いなのであろう。

ちなみにこの徳山動物園、去年の夏も同様の企画をやっていたようだ。去年は「続・ぞくぞく!ふしぎ動物キモだめし」。「続」とあるからには、一昨年もやっていたのかもしれない。恐るべし徳山動物園である。

私の中で、「山口県周南市」の存在がいきなり何十倍にも大きくなったニュースであった。ご興味のある読者には、ぜひチャレンジしていただきたい。

 

(執筆:金築俊輔 ブランド総合研究所 シニアコンサルタント)

この記事のライター
関連記事
日本各地の盆踊りなどのうち、国指定重要無形民俗文化財として登録されている41件を、「風流踊」としてユネスコの無形文化遺産に登録されることが決まった。
公開: 2022-12-01 18:36:12
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施しました。 令和3年度の6次産業化・地産地消優良事例集が発表されましたのでお知らせします。
公開: 2022-02-23 13:05:22
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施しました。 令和3年度の6次産業化・地産地消優良事例集が発表されましたのでお知らせします。
公開: 2022-02-20 15:14:34
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を開催し、2022年1月21日(金)表彰式を開催しました。
公開: 2022-01-22 14:45:34
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施しました。 令和3年度の6次産業化・地産地消優良事例集が発表されましたのでお知らせします。
公開: 2022-01-13 19:18:46
最新記事
日本各地の盆踊りなどのうち、国指定重要無形民俗文化財として登録されている41件を、「風流踊」としてユネスコの無形文化遺産に登録されることが決まった。
公開: 2022-12-01 18:36:12
地域ブランド調査2022より、市区町村の魅力度ランキングを、上位100位まで公開する。1位は札幌市、2位は京都市、3位は函館市、4位は横浜市、5位は小樽市となった。
公開: 2022-12-01 17:21:42
1000の市区町村を対象に調査した「市区町村 魅力度ランキング」。前年からの伸びが1位となったのは熊本県「阿蘇市」、2位は兵庫県「神戸市」、3位は岐阜県「高山市」。その中から1位「阿蘇市」の魅力に迫る、連載:地域ブランド分析の第6弾。
公開: 2022-11-28 10:55:00
地域ブランド調査2022の中で、都道府県魅力度ランキングで最下位脱出となった茨城県。茨城県の魅力を改めて紹介するとともに、同県のブランド力の強みを分析した
公開: 2022-11-20 23:36:00
地域ブランド調査2022の中で、都道府県魅力度ランキングで初の最下位となった佐賀県。なぜ同県が最下位になった理由を分析してみた
公開: 2022-11-17 17:15:23

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル