MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
食農体験情報募集開始(体験を実施している団体・農園等を対象)

食農体験情報募集開始(体験を実施している団体・農園等を対象)

食農体験ネットワーク協議会(事務局:ブランド総合研究所(所在地:東京都港区虎ノ門))では、WEBサイトのリニューアルにともない食農体験を実施している団体・農園等の情報を募集開始します。(サイト掲載は無料です)

食農体験ネットワーク協議会(事務局:ブランド総合研究所(所在地:東京都港区虎ノ門))では、食農体験ネットワークWEBサイトのリニューアルにともない、新たに、食農体験を実施している団体・農園・個人の方等の紹介ページを作成します。(募集期間中の新規紹介および過去の紹介団体のサイト掲載は無料です)
また、食農体験ネットワーク協議会が運営する食農体験のポータルサイト(taabel)もリニューアルいたします。

●現在の食農体験ネットワークサイト
http://tiiki.jp/taiken/

第一弾の食農体験を実施している団体・農園・個人の方等の紹介ページの募集期間は2021年4月17日(土)~2021年6月20日(日)まで
公開予定日:2021年6月前後
応募方法:EMAILで①申込書類、②画像添付の上、お送り下さい。

応募書類※2021.05.20一部更新あり(2021.05.21以前の申込書でも申請可能です)
①参加用紙(Word)参加用紙(Word)
②画像 1~3点
EMAIL :nst@tiiki.jp

ご応募お待ちしております。

食農体験ネットワーク協議会とは

平成27年度、ブランド総合研究所では農林水産省の委託事業の一環で、全国の道の駅や農産物直売所、体験ファームなどで食と農にまつわる体験を行っている施設の実態調査を実施しました(約1000か所)。

アンケートからは、食育体験や料理体験などをメニュー化したいが人材不足や知識不足、そして収益や集客などの面で課題があり、なかなか実践につながらないという声が多くありました。また、季節によって変動があり収益性も低く、集客へのアピールの仕方がわからないなど、なかなかビジネスモデルとして育たない課題がありました。

一方、消費者ニーズ調査(約2万人)では、体験を通すことで、その地域の農産品や食品、料理はより魅力的になり理解を深めてもらえることがわかりました。

四季によって異なる自然の中で地域特有の文化や歴史に触れ、様々な体験を通すことで、食と農、そして地域に対する理解が深められる可能性が高まる食農体験を全国で普及・推進するため、食農体験ネットワークでは、食農体験に付加価値をつくれる人を育成(食農体験ソムリエ)、その他農林漁業関連者向けの研修・セミナー、実態・消費者ニーズ調査、食農体験情報発信などをおこなっています。

情報掲載・入会について


「食農体験ネットワーク」に、体験内容などをご登録いただくと、研修会開催案内や、先進地事例の紹介、各種農林水産業の推進における関連プロジェクトにおける、ご案内などをEMAILでお送りさせていただきます。
本体験情報の申込の際には、登録が条件になります。個人情報保護方針(PDF)に同意いただいてお申込ください。

入会・登録条件
1..直売所、道の駅、宿泊施設、生産者等で食と農に関する事業を取り組む事業者、または取り組みたいと考えている事業者が対象です。
2.料理教室、食事体験、収穫体験、畜産系の体験、漁業系の体験、など趣旨に合う事業であれば食と農の形式は問いません。有料・無料は問いません。
※会員登録に入会金・年会費は一切不要です。

【注意事項】
※掲載費無料

この記事のライター
関連記事
農林水産省は、「食かけるプロジェクト」の一環として、日本各地の食・食文化を深く知ることができる食体験を表彰する「食かけるプライズ2021」の募集を開始した。
公開: 2021-06-23 17:15:59
農林水産省では、第4次食育推進基本計画を広く周知、実践につなげることを目的に食育月間セミナーを開催します。 重点事項の一つである「持続可能な食を支える食育の推進」をテーマに、新たな日常における食育体験やオンライン体験の可能性について、先進事例の紹介やパネルディスカッション等を実施します。
公開: 2021-06-14 21:04:00
ブランド総合研究所は、農林水産省の「地域活性化対策」事業の採択を受け、沖縄県糸満市、山口県宇部市、宮城県登米市、熊本県阿蘇郡小国町、長崎県大村市の協力を得て、関東地方を中心に農業インターンシップ参加者を各地域で受け入れている。本研修は一次産業の農業だけにとどまらず、直売所での販売や、加工食品づくり、農家レストランでのサービス、動画制作など、実践的な6次産業化を学ぶ内容となっている。
公開: 2021-03-26 15:58:00
最新記事
県外の応援者、出身者の移住や訪問、地域貢献につながる意識などを数値化する「関係人口の意識調査2021」を全国2万人を対象にインターネットで実施。その結果の一部公開。
公開: 2021-08-02 17:57:15
全国有数の梨産地である宇都宮市では、「梨」をブランド農産物としている。今回初出荷される宇都宮産の幸水は、みずみずしくて甘みが強く、品質が良いという特徴が ある。
公開: 2021-07-29 16:09:25
日本政府観光局(JNTO)が21日発表した6月の訪日外国人客数は9300人(推計)だった。これは、新型コロナウイルス感染症の影響前の 2019 年同月比 99.7%減に相当する。
公開: 2021-07-29 15:28:00
株式会社ブランド総合研究所では前年に引き続き第2回目「企業版SDGs調査2021」の調査を開始しました。前年、第1回目の調査を実施・発表したところ、大きな反響があり、今回はそれに続く第2回目の調査となります。
公開: 2021-07-28 17:39:20
「地域版SDGs調査2021」では、環境や社会の持続につながる「地産地消」「節電・省エネ」「寄付・募金」のような消費行動・環境行動・社会行動における20項目を示して、該当するものを選択してもらった(複数回答)。
公開: 2021-07-28 15:57:04

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル