MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
沖縄ご当地ヒーロー「琉神マブヤー」映画化へ

沖縄ご当地ヒーロー「琉神マブヤー」映画化へ

今秋、沖縄県のご当地ヒーローキャラクター「琉神マブヤー」が映画化され、公開されることが決定した。沖縄県出身の山田親太郎さんやISSAさんが主演する「琉神マブヤー THE MOVE 七つのマブイ」。監督は「ウルトラマン・メビウス」を手がけた佐野智樹さん。

今秋、沖縄県のご当地ヒーローキャラクター「琉神マブヤー」が映画化され、公開されることが決定した。これまで沖縄県内では、「琉神マブヤー」の特撮番組が放送されていたが今回、沖縄県出身の山田親太郎さんやISSAさんを主演に「琉神マブヤー THE MOVE 七つのマブイ」が制作・全国公開されることとなった。なお、監督は「ウルトラマン・メビウス」を手がけた佐野智樹さん。10月29日に沖縄先行公開の後、冬には全国公開の予定。秋田のご当地ヒーロー「超神ネイガー」も友情出演する。

「琉神マブヤー」は、沖縄県の観光土産事業者らで構成される「マブヤープロジェクト」が企画したキャラクター。秋田県で大ヒットしたご当地ヒーローの先駆け的な存在である「超神ネイガー」のスタッフも参画し、2008年に誕生した。
沖縄県内で開催されるキャラクターショーには、最大約2万人の動員があるほど、県民に愛されているキャラクターだ。

「マブヤープロジェクト」では、「琉神マブヤー」を活用したお土産グッズの展開や、日本トランスオーシャン航空(JTA)の機体に「琉神マブヤー」をデザインした“JTA×琉神マブヤージェット”を就航するなど、沖縄の観光活性化を目指した様々な取り組みを実践している。詳しくは以下の公式サイトまで。

「琉神マブヤー」
「マブヤー」とは、沖縄で「心、魂、精神」の意味。沖縄に伝わる9つのマブイ(魂)ストーンをマジムン(魔物)から守るため復活したヒーロー。

「超神ネイガー」
ナマハゲの叫び声「泣く子はいねぇがー」から。変身の掛け声は「豪石(ごうしゃく)」。これは秋田弁で叱る(ごしゃく)を元に神の力を借りる「剛借」などの意味もかけられている。

■ご当地ヒーローとは
自治体や地域の商工会・商店街などの団体が地域活性化のために作ったヒーロー・キャラクターが人気だ。
ゆるキャラとは違い、戦隊シリーズやウルトラシリーズ、仮面ライダーなどに模する場合が多く、地域のテレビ番組やCMなどで、地元に特化した設定によるキャンペーンを行っている。

参考情報:琉神マブヤー公式サイト超神ネイガー公式サイト

この記事のライター
地域ブランド調査2019(総合)
関連記事
食農体験ネットワーク登米協議会は、2018年3月20日(火)に『農泊・インバウンドセミナー』を開催する。これは、平成29年度農山漁村振興交付金(農泊推進対策)を受け「農泊(農山漁村地域への滞在型旅行)」を推進するため、東北・九州地方のインバウンド(訪日外国人)の受け入れ先のナマの声を聞き、登米市地域内の農泊のおける意識醸成を図る。
公開: 2018-02-16 11:23:09
2016年12月11日、青森県板柳町で『Longest relay of people feeding each other(リレー形式で食べさせ合った最多人数)』というギネス世界記録の挑戦が行われました。挑戦内容は、参加者が一列に並び、リレー形式で食べ物を食べさせ合った参加人数を競うものです。
公開: 2016-12-14 11:10:47
青森県板柳町(町長:成田 誠)は、同町特産のりんごを使ってギネス世界記録に挑戦するイベントを2016年12月11日(日)に開催。挑戦する内容は『Longest relay of people feeding each other(リレー形式で食べさせ合った最多人数)』で、「りんごまるかじり条例」
公開: 2016-12-06 10:22:05
山形県寒河江市で2016年6月12日(日)、参加者数を競う「最大のサクランボの種飛ばし大会(Largest cherry stone spitting competition)」のギネス世界記録挑戦が行われ、参加者数2,944人で自ら持つ記録(1,723人)を大幅に更新、見事認定された。
公開: 2016-06-13 12:49:51
第39回を迎える、岩手県盛岡市の「盛岡・北上川ゴムボート川下り大会」が7月26日、盛岡市を流れる北上川で開催され、814艇、1,628人が完走し、「世界最大のラフトレース」としてギネス世界記録に認定された。
公開: 2015-07-28 11:03:19
株式会社ブランド総合研究所は、農林水産省の「地域活性化対策(人材発掘事業)」の一環として、農村地域への移住促進と活性化のために食農体験を活用した研修事業を開催。参加料、交通費、宿泊費の負担なし。定員30名を募集します。
公開: 2020-09-15 15:31:55
2020年9月7日(月)、東京アンテナショップ連絡会主催で「東京アンテナショップ連絡会 inふくい南青山291」が開催され、各自治体アンテナショップの情報交換の場として、各アンテナショップの担当者が集まりました。
公開: 2020-09-08 13:25:00
国内1000市区町村及び47都道府県を対象に、各地域の一般消費者によるイメージ形成について調査する「地域ブランド調査2020」を今年6月から7月にかけて実施。10月中旬に予定している結果発表に先立ち、同調査の特設ページを開設いたしました。
公開: 2020-08-27 14:50:00
住民による都道府県の評価調査「都道府県SDGs調査2020」によると、定住意欲度が最も高かったのは北海道で、2年連続1位となった。2位には、前年9位の沖縄県、3位は福岡県となった。昨年4位の東京都は33位へと急落した。
公開: 2020-08-25 12:00:00
株式会社ブランド総合研究所は、住民目線による地域の持続性評価、悩みや不満、および幸福度や定住意欲度に関する「第2回都道府県SDGs調査2020」を実施しました。調査報告書では、定住意欲度を高めるための課題や、年代による意識の違いなど、都道府県ごとの実情を分析できます。
公開: 2020-08-24 16:10:35

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
食農体験ネットワーク協議会
研修生募集
ギネス世界記録にチャレンジ
企業版SDGs
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
観光
サブスク
食農体験ネットTaabel
メルマガ