MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
「日本橋みちのく復興市」開催-来年3月まで毎月開催

「日本橋みちのく復興市」開催-来年3月まで毎月開催

日本橋地域では、来年3月までの毎月、東日本大震災の被災地復興支援イベント「日本橋みちのく復興市」が開催される。

日本橋地域では、来年3月までの毎月、東日本大震災の被災地復興支援イベント「日本橋みちのく復興市」が開催される。

日本橋地域は、五街道の起点であることもあり、江戸時代より、東北や北関東地域と文物や人的な交流など、深い繋がりを持っていた。こうした歴史的経緯を踏まえ、日本橋地域から、今回東日本大震災に被災されたこれらの地域への支援の一環として、これら地域との文物や人的な交流を図る「日本橋みちのく復興市」を開催する。

この「日本橋みちのく復興市」は第1回となる6月11日をはじめとして、来年の3月までをひとつの区切りとして、毎月、日本橋地域において、参加地域の方々との交流をはかりつつ、東北や北関東の物産を販売する事を計画している。なお、次回開催は、7月23日を予定している。


  • 第1回"東日本大震災復興支援 風評被害を乗り越えて!"

  • 開催日時:2011年6月11日土曜日10時より15時頃

  • 開催場所:日本橋滝の広場日本橋南橋詰(東京都中央区日本橋1-9)
    ※雨天時は日本橋三越前駅地下コンコースにて開催

  • 開催内容:
    ○福島県と茨城県の物産販売(野菜・山菜・果物・醤油・お酒・お菓子・工芸品など)
    ○地元の方々による郷土の紹介(風土・特産・歴史文化等)

  • 主催:日本橋みちのく復興市実行委員会

  • 協力団体・組織:茨城県・福島県・喜多方市・会津喜多方商工会議所・東京都中央区・日本橋法人会・日本橋地域ルネッサンス100年計画委員会・日本橋みゆき通り街づくり委員会・横山町奉仕会・名橋「日本橋」保存会・東京中央大通会・日本橋北詰商店会・人形町商店街協同組合・日本橋室町一丁目町会・日本橋本町一丁目町会・日本橋大伝馬町一之部町会・日本橋小舟町町会・日本橋一丁目町会・日本橋六之部連合青年部日八会・NPO法人江戸連・NPO法人はな街道・屋形船東京都協同組合・東京理科大・日本橋女学館・他大学生ボランティア


参考情報:【PDF】【日本橋みちのく復興市】開催の御案内

この記事のライター
関連記事
<ZOOM招待メールが届かない方へ(更新日:2022年2月18日)> セキュリティ設定のためユーザー受信拒否と認識されているか、迷惑メール対策等で、ドメイン指定受信を設定されている場合に、メー ルが正しく届かないことがございます。 2022年2月18日(金)までにお申込いただいき、ZOOMの招待URLが届かない場合は大変お手数をおかけいたしますが、下記事務局へお問い合わせくださいませ。
公開: 2022-01-18 12:00:00
農林水産省・全国食育推進ネットワーク(事務局・ブランド総合研究所)では第3回食育ミニセミナー&サロンを1/25にオンライン(ZOOM)で実施します。地産地消等優良活動表彰・文部科学大臣賞の沖縄県伊江村立伊江中学校の村ぐるみでの食育活動についてです。
公開: 2022-01-04 10:43:29
セルフ型アンケートツール「freeasy」を運営するアイブリッジ株式会社が開催するオンラインセミナー(zoom live)に、弊社ブランド総合研究所 代表取締役 田中章雄が、登壇します。
公開: 2021-09-13 17:59:35
セルフ型アンケートツール「freeasy」を運営するアイブリッジ株式会社が開催するオンラインセミナー(zoom live)に、弊社ブランド総合研究所 代表取締役 田中章雄が、登壇します。
公開: 2021-03-04 16:31:56
2021年2月16日(火)に食育に関心のある方を対象とした、参加費無料のフォーラムを開催いたします。オンラインセミナー(ウェビナー)も同時開催します。(主催:農林水産省)
公開: 2021-01-18 09:57:21
最新記事
1000の市区町村を対象に調査した「市区町村 魅力度ランキング」。前年からの伸びが1位となったのは熊本県「阿蘇市」、2位は兵庫県「神戸市」、3位は岐阜県「高山市」。その中から1位「阿蘇市」の魅力に迫る、連載:地域ブランド分析の第6弾。
公開: 2022-11-28 10:55:00
地域ブランド調査2022の中で、都道府県魅力度ランキングで最下位脱出となった茨城県。茨城県の魅力を改めて紹介するとともに、同県のブランド力の強みを分析した
公開: 2022-11-20 23:36:00
地域ブランド調査2022の中で、都道府県魅力度ランキングで初の最下位となった佐賀県。なぜ同県が最下位になった理由を分析してみた
公開: 2022-11-17 17:15:23
地域ブランド調査2022で、市区町村の「魅力度ランキング」で1位は札幌市、2位は京都市、3位は函館市となった。そこで今回は魅力度上位の市区町村について分析する。
公開: 2022-11-17 12:32:01
水産庁は生産、加工・流通、輸出入の事業者や団体による協議会が、水産物の輸出を確実に実施できる体制(輸出バリューチェーン)に改善する取り組みを支援する事業の募集を開始した。
公開: 2022-11-16 15:23:11

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル