MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
環境三学会合同シンポジウム

環境三学会合同シンポジウム

環境法政策学会、環境経済・政策学会、環境社会学会の3学会合同シンポジウムが、6月27日(土)に、立教大学池袋キャンパスで開催される。

環境法政策学会、環境経済・政策学会、環境社会学会の3学会合同シンポジウムが、6月27日(土)に、立教大学池袋キャンパスで開催される。



テーマは、「津波被災地域の多元的復興を考える-5年目の課題と展望」である。復興をテーマとしているのだが、地域活性化や地域づくりの根幹に関わる問題群が扱われるようだ。

復興へのアプローチとして、地域の多様な価値観や利害関係を考慮したボトムアップ型アプローチが必要であるとの指摘がなされてきているのだが、このアプローチは複雑で多岐に渡る合意形成と利害調整プロセスを繰り返さなければならない。加えて、地域の人々に、いかにして復興プロセスに主体的に関わってもらうのかという参加の課題も生じる。そのため、これらの問題に有効に対処するための、「しくみ」や「しかけ」が必要となる。(以上は、シンポジウム趣旨文を参照)

「主体的参加」「多様な価値観」「利害調整」「ボトムアップ」、そして「しくみ」や「しかけ」という地域づくりの基本的概念について、各学会の視点からシンポジウムで議論されるようだ。

[日時]2015年6月27日(土)13:00~18:15
[場所]立教大学池袋キャンパス(東京都豊島区西池袋3-34-1)14号館D501
http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/campusmap/
[参加費]無料、事前申し込み不要
[主催]環境法政策学会、環境経済・政策学会、環境社会学会
[プログラム](敬称略)
13:00~13:10  担当学会挨拶 鬼頭秀一氏(環境社会学会会長)
13:10~13:55  環境社会学会報告
「東日本大震災からの復興と人びとの生活――宮城県石巻市北上町の事例から」平川全機氏(北海道大学)
13:55~14:40  環境経済・政策学会報告
「持続可能な復興のための政策的課題」井上博夫氏(岩手大学)
14:40~15:25  環境法政策学会報告
「東日本大震災における復興法制と復興計画の課題」島田明夫氏(東北大学)
15:25~15:40  休憩
15:40~18:10  パネルディスカッション
コーディネーター:関礼子氏(立教大学)
パネラー:各報告者
18:10~18:15  次年度担当学会挨拶 高橋滋氏(環境法政策学会理事長)
司会:青木聡子氏(名古屋大学)

環境法政策学会:http://www.kankyoho.net/gakkai/

環境経済・政策学会:http://www.seeps.org/

環境社会学会:http://www.jaes.jp/

 

 

文責:網野 善久

この記事のライター
関連記事
食農体験ネットワーク登米協議会は、2018年3月20日(火)に『農泊・インバウンドセミナー』を開催する。これは、平成29年度農山漁村振興交付金(農泊推進対策)を受け「農泊(農山漁村地域への滞在型旅行)」を推進するため、東北・九州地方のインバウンド(訪日外国人)の受け入れ先のナマの声を聞き、登米市地域内の農泊のおける意識醸成を図る。
公開: 2018-02-16 11:23:09
2016年12月11日、青森県板柳町で『Longest relay of people feeding each other(リレー形式で食べさせ合った最多人数)』というギネス世界記録の挑戦が行われました。挑戦内容は、参加者が一列に並び、リレー形式で食べ物を食べさせ合った参加人数を競うものです。
公開: 2016-12-14 11:10:47
青森県板柳町(町長:成田 誠)は、同町特産のりんごを使ってギネス世界記録に挑戦するイベントを2016年12月11日(日)に開催。挑戦する内容は『Longest relay of people feeding each other(リレー形式で食べさせ合った最多人数)』で、「りんごまるかじり条例」
公開: 2016-12-06 10:22:05
山形県寒河江市で2016年6月12日(日)、参加者数を競う「最大のサクランボの種飛ばし大会(Largest cherry stone spitting competition)」のギネス世界記録挑戦が行われ、参加者数2,944人で自ら持つ記録(1,723人)を大幅に更新、見事認定された。
公開: 2016-06-13 12:49:51
第39回を迎える、岩手県盛岡市の「盛岡・北上川ゴムボート川下り大会」が7月26日、盛岡市を流れる北上川で開催され、814艇、1,628人が完走し、「世界最大のラフトレース」としてギネス世界記録に認定された。
公開: 2015-07-28 11:03:19
最新記事
地域ブランド調査2022の中で、都道府県魅力度ランキングで最下位脱出となった茨城県。茨城県の魅力を改めて紹介するとともに、同県のブランド力の強みを分析した
公開: 2022-11-20 23:36:00
地域ブランド調査2022の中で、都道府県魅力度ランキングで初の最下位となった佐賀県。なぜ同県が最下位になった理由を分析してみた
公開: 2022-11-17 17:15:23
地域ブランド調査2022で、市区町村の「魅力度ランキング」で1位は札幌市、2位は京都市、3位は函館市となった。そこで今回は魅力度上位の市区町村について分析する。
公開: 2022-11-17 12:32:01
水産庁は生産、加工・流通、輸出入の事業者や団体による協議会が、水産物の輸出を確実に実施できる体制(輸出バリューチェーン)に改善する取り組みを支援する事業の募集を開始した。
公開: 2022-11-16 15:23:11
地域ブランド調査2022の結果を徹底分析。第2回目は都道府県の「魅力度の伸びランキング」の結果を紹介。1位は和歌山県、2位は奈良県、3位は福岡県と山形県。上位の都道府県はなぜ魅力度が上昇したのか?
公開: 2022-11-13 22:14:43

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル