MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
目指せ!世界最大のさくらんぼの種飛ばし大会6月14日山形県寒河江市で開催

目指せ!世界最大のさくらんぼの種飛ばし大会6月14日山形県寒河江市で開催

2015年6月14日(日)、山形県寒河江市にて、「最大のサクランボの種飛ばし大会(Largest cherry stone spitting competition)」の世界記録チャレンジが行われる。

2015年6月14日(日)、山形県寒河江市にて、「最大のサクランボの種飛ばし大会(Largest cherry stone spitting competition)」のギネス世界記録TMへのチャレンジが行われる。当日は公式認定員を招へいするため、その場で記録達成の可否が発表される予定だ。寒河江市では、同市特産のサクランボを活用した「さくらんぼの種吹きとばし大会」をこれまで29回実施。 30回目の実施となる2015年に実施する同大会において 大会の参加人数を競う世界記録にチャレンジする。

挑戦内容は、口に含んださくらんぼの種をどれだけ遠くに飛ばせるか、という競技大会への参加人数を競うもので、今回新しく開設された記録カテゴリになる。世界記録の樹立には最低でも1500人の参加が必須条件となっている。飛ばした距離に関わらず、誰でもギネス世界記録TM保持者の一員になれるチャンス。なお、世界記録の対象となるのは全体の参加人数だが、大会ではもっとも飛距離を伸ばした優勝者、および入賞者を大会主催者が表彰する。

寒河江市は、「さくらんぼの種吹きとばし大会」をこれまでに29回実施してきたが、30回目の今回は記録挑戦するに当たって、ギネス世界記録TMのガイドライン(ルール)に従って種飛ばしの飛距離計測方法や参加者の受け付け方法などを世界記録挑戦のために変更し挑戦に臨む。

【開催概要】

■開催日時:2015年6月14日(日)10:00~15:30予定(閉会式・結果発表は16:00)

■会場:山形県最上川ふるさと総合公園(寒河江市大字寒河江字山西1269)

■費用:無料(参加の際は、参加者の身元を証明する免許証等を要持参)

■問合せ先:寒河江市さくらんぼ観光課 0237-86-2111(代表)

この記事のライター
関連記事
食農体験ネットワーク登米協議会は、2018年3月20日(火)に『農泊・インバウンドセミナー』を開催する。これは、平成29年度農山漁村振興交付金(農泊推進対策)を受け「農泊(農山漁村地域への滞在型旅行)」を推進するため、東北・九州地方のインバウンド(訪日外国人)の受け入れ先のナマの声を聞き、登米市地域内の農泊のおける意識醸成を図る。
2016年12月11日、青森県板柳町で『Longest relay of people feeding each other(リレー形式で食べさせ合った最多人数)』というギネス世界記録の挑戦が行われました。挑戦内容は、参加者が一列に並び、リレー形式で食べ物を食べさせ合った参加人数を競うものです。
青森県板柳町(町長:成田 誠)は、同町特産のりんごを使ってギネス世界記録に挑戦するイベントを2016年12月11日(日)に開催。挑戦する内容は『Longest relay of people feeding each other(リレー形式で食べさせ合った最多人数)』で、「りんごまるかじり条例」
山形県寒河江市で2016年6月12日(日)、参加者数を競う「最大のサクランボの種飛ばし大会(Largest cherry stone spitting competition)」のギネス世界記録挑戦が行われ、参加者数2,944人で自ら持つ記録(1,723人)を大幅に更新、見事認定された。
第39回を迎える、岩手県盛岡市の「盛岡・北上川ゴムボート川下り大会」が7月26日、盛岡市を流れる北上川で開催され、814艇、1,628人が完走し、「世界最大のラフトレース」としてギネス世界記録に認定された。
最新記事
2021年11月23日、愛知県岩倉市で新たなギネス世界記録が生まれました。 挑戦した記録は「Largest display of origami carp streamers (koinobori)」。挑戦は岩倉市制50周年を記念したイベントの一環で行われました。
一般社団法人パイオニズム、ソフトバンク株式会社およびヤフー株式会社は、「Next Action→ Social Academia Project」を2021年3月に発足させ、現在、ブースタークラスの参加者を募集している。
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
福島県では、首都圏の若い世代に本県が抱える地域課題の解決に協力してもらうことを通じて、関係人口の創出を図る「ふくしま夢実現クエスト事業」を実施しており、本プロジェクトのスタートアップである「第1回ふくクエ応援会議」を都内の会議室で開催しました。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル