MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
伊勢市情報発信センターを開設

伊勢市情報発信センターを開設

伊勢市は、2016年5月26日~27日に開催される伊勢志摩サミットに向けた伊勢市での国内外メディア対応拠点として、「伊勢市情報発信センター」を2016年2月1日(月)に開設いたしました。

伊勢市は、2016年5月26日~27日に開催される伊勢志摩サミットに向けた伊勢市での国内外メディア対応拠点として、「伊勢市情報発信センター」を2016年2月1日(月)に開設いたしました。

「伊勢市情報発信センター」は、JR伊勢市駅手荷物預かり所2Fに開設、市を訪れたメディア対応拠点となる伊勢広報事務所として機能し、東京に併設される東京広報事務所と連携を行い、国内外のメディア対応の効率化を目指します。

本センターの業務として、東京広報事務所(東京都港区)が、国内外のメディアへプレスリリースをはじめとした情報を発信する拠点となるほか、報道関係者からのお問い合わせや取材依頼の総合窓口となり、現地での情報提供や取材のサポートを伊勢広報事務所が行います。また、プレスルームとしての役割も担う伊勢広報事務所では、訪れたメディアがインターネットを活用出来るようにWi-Fi環境も整えております。

4月の桜の開花時期やサミット開催直前等の主要なタイミングで記者会見やプレスツアーを開催し、当日までさまざまな角度から伊勢市の魅力を発信していく予定です。サミットをきっかけとして伊勢市への関心を国内外で高め、サミット終了後も長期的に観光客が訪れる国際的な観光都市を目指して参ります。

【伊勢市情報発信センター・伊勢広報事務所】


  • 名  称: 伊勢市情報発信センター(英語表記:Ise Press Center)

  • 開設期間: 2016年2月1日(月)~2016年6月15日(水)

  • 住  所: 〒516-0073 三重県伊勢市吹上1丁目1番1号

  • アクセス: JR伊勢市駅 南口出口を出て左(手荷物預かり所2階)

  • E-mail isekoho@tiiki.jp


※伊勢事務所は6月15日を持って閉鎖となります。その後の連絡は以下の東京広報事務所、またはブランド総合研究所までお願いします。




    【伊勢市情報発信センター・東京広報事務所

    • 住  所: 〒107-0052 東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ18F

    • 電話番号: 03-6821-4053

    • ファクシミリ: 03-5572-6065

    • E-mail isekoho@tiiki.jp


    【ブランド総合研究所】

    • 住  所: 〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-8-5

    • 電話番号: 03-3539-3011

    • ファクシミリ: 03-3539-3013

    • E-mail isekoho@tiiki.jp



      [caption id="attachment_3091" align="alignnone" width="300" caption="伊勢広報事務所の外観"][/caption]

      この記事のライター
      関連記事
      伊勢志摩サミットで注目されている伊勢。「伊勢の台所」として発展した、レトロな街並みが残る川崎の街から、を紹介します(伊勢市駅から徒歩5分)
      伊勢志摩サミットで注目されている伊勢。 意外とまだあまり知られていない、通向けのディープな情報をまとめてご紹介します。伊勢木綿伊勢春慶
      伊勢志摩サミットで注目されている伊勢。 意外とまだあまり知られていない、通向けのディープな情報をまとめてご紹介します。日の出旅館麻吉旅館山田館
      伊勢市は、平成28年5月26日~5月27日に開催される伊勢志摩サミットに伴うメディアからの注目の高まりを受け、地域情報発信の強化策として、市内の店舗や観光施設が加盟する「伊勢志摩サミット プレスサポーターズ ~おもてなし100~」を発足いたしました。
      最新記事
      2021年11月23日、愛知県岩倉市で新たなギネス世界記録が生まれました。 挑戦した記録は「Largest display of origami carp streamers (koinobori)」。挑戦は岩倉市制50周年を記念したイベントの一環で行われました。
      一般社団法人パイオニズム、ソフトバンク株式会社およびヤフー株式会社は、「Next Action→ Social Academia Project」を2021年3月に発足させ、現在、ブースタークラスの参加者を募集している。
      「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
      「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
      福島県では、首都圏の若い世代に本県が抱える地域課題の解決に協力してもらうことを通じて、関係人口の創出を図る「ふくしま夢実現クエスト事業」を実施しており、本プロジェクトのスタートアップである「第1回ふくクエ応援会議」を都内の会議室で開催しました。

      ランキング

      総合ランキングarrow_right_alt
      get_app
      ダウンロードする
      キャンセル