MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
将棋同時対局数でギネス世界記録更新|天童市

将棋同時対局数でギネス世界記録更新|天童市

2018年10月14日に山形県天童市でギネス世界記録「一会場で同時に行った将棋の最多対局数」の挑戦が行われました。

2018年10月14日に山形県天童市でギネス世界記録「一会場で同時に行った将棋の最多対局数」の挑戦が行われました。本挑戦は将棋駒の生産量日本一を誇る天童市が市政施行60周年を記念したイベント「二千局盤来2018」として、イオンモール天童の駐車場に特設会場を設け実施。既存記録は2012年に東京で達成された1,574局で、それを超えるべく2,000局(参加者4,000人)を目標に準備を進めてきました。

挑戦日当日、気温は約10度と肌寒さを感じますが天気は晴れ。朝8時30分から参加者が続々と挑戦会場に入場していきます。参加者募集開始時にはなかなか申込者数が伸びず記録更新が危ぶまれましたが、募集締め切りが近づくにつれ応募者が殺到。入場を締め切った9時30分過ぎには4,700人強の参加者が挑戦会場に集結しました。



10時7分、公式認定員による「3,2,1,GO!」という挑戦開始の合図と同時に、参加者は対局者に「お願いします!」と互いに挨拶してから対局開始。静かな会場内に「パチ!パチ!」と乾いた駒音が響き渡ります。開始から5分過ぎには早くも勝負がついた対局も出始めます。対局結果は自己申告した後、証人として日本将棋連盟天童支部の指導員が厳正に確認していきます。挑戦開始30分を過ぎる頃になると続々と勝敗が決していきます。この頃になると日も高く昇り、対局の熱気からか、会場エリアは上着を着ていると暑く思えるほどの熱気に包まれていました。



そして挑戦開始から1時間がたった11時7分に挑戦終了。あらかじめ定められたルールに沿った対局数を公式認定員が集計。結果、発表された対局数は既存記録を大幅に上回る2,362局で見事ギネス世界記録認定となりました。


記録名:Most games of shogi played simultaneoously in one location
(一会場で同時に行った将棋の最多対局数)
記録:2,362局
挑戦日:2018年10月14日

この記事のライター
関連記事
2021年11月23日、愛知県岩倉市で新たなギネス世界記録が生まれました。 挑戦した記録は「Largest display of origami carp streamers (koinobori)」。挑戦は岩倉市制50周年を記念したイベントの一環で行われました。
2021年3月21日、黒部市国際文化センターコラーレ(富山県黒部市)で開館25周年を祝う記念イベントとして、「塗り絵」を3,166枚並べて列を作り、ギネス世界記録を達成した。
様々な世界一を認定しているギネス世界記録。日本各地で、バラエティ豊かな世界一が沢山生まれています。昔からある自然や祭り、住民が力を合わせた活気あふれる挑戦・・・地域の魅力を伝える世界一を、都道府県ごとにご紹介。第20回は長野県から。
様々な世界一を認定しているギネス世界記録。日本各地で、バラエティ豊かな世界一が沢山生まれています。昔からある自然や祭り、住民が力を合わせた活気あふれる挑戦・・・地域の魅力を伝える世界一を、都道府県ごとにご紹介。第19回は山梨県から。
様々な世界一を認定しているギネス世界記録。日本各地で、バラエティ豊かな世界一が沢山生まれています。昔からある自然や祭り、住民が力を合わせた活気あふれる挑戦・・・地域の魅力を伝える世界一を、都道府県ごとにご紹介。第18回は福井県から。
最新記事
2021年11月23日、愛知県岩倉市で新たなギネス世界記録が生まれました。 挑戦した記録は「Largest display of origami carp streamers (koinobori)」。挑戦は岩倉市制50周年を記念したイベントの一環で行われました。
一般社団法人パイオニズム、ソフトバンク株式会社およびヤフー株式会社は、「Next Action→ Social Academia Project」を2021年3月に発足させ、現在、ブースタークラスの参加者を募集している。
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
福島県では、首都圏の若い世代に本県が抱える地域課題の解決に協力してもらうことを通じて、関係人口の創出を図る「ふくしま夢実現クエスト事業」を実施しており、本プロジェクトのスタートアップである「第1回ふくクエ応援会議」を都内の会議室で開催しました。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル