MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
地域ブランド調査・分析セミナー (10/13,特集号)

地域ブランド調査・分析セミナー (10/13,特集号)

「地域ブランド調査」は2015今年10年目迎をえました。そこで、過去10年間の調査結果の分析と、効果的な活用法についての特別分析セミナーを、11月4日に開催します。

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
地域ブランドNEWSメールマガジン 特集号 配信日2015-10-13
(地域ブランド調査2015)
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
今回は本日発表した地域ブランド調査の結果速報に関する内容をお送りします。
バックナンバーはコチラから → http://news.tiiki.jp/mailmag

▼━[地域ブランド調査2015]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▽
地域ブランド調査・分析セミナー11/4開催
△━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▲

「地域ブランド調査」は2015今年10年目迎をえました。そこで、過去10年間の
調査結果の分析と、効果的な活用法についての特別分析セミナーを、11月4日
に開催します。

平成の大合併を機に、全国各地で地域ブランド戦略に取り組みが本格化したの
が2006年のこと。この年には地域団体商標の登録が始まり、JAPANブランドや、
全国展開支援事業、農商工連携などの事業が次々と始まりました。その後は地
域資源活用、6次産業化、地域おこし協力隊、クールジャパンなど、地域活性
化を目的とした施策がスタートしました。
また、各地でもご当地キャラクター、ご当地グルメ、地域ブランド産品、ご当
地検定、ご当地アイドルなど、ご当地ものが続々と登場し、人気を博すように
なりました。その一方で、東日本大震災が置き、全国で火山活動が活発になっ
ています。

まさに、この10年間は、地域をめぐる状況や取り組みが大きく変わったと言え
るでしょう。
地域ブランド調査は、まさにこの激動の10年間を、変わらぬ指標と、時勢に合
わせた新指標から構成される日本最大規模の地域評価調査で、すべての都道府
県、市、特別区と、約200ほどの町村を対象とした唯一無二の調査です。しかも、
評価項目は70以上にわたります。
1047自治体×70項目×10年間 という、まさにビッグデータを分析することで、
この10年間に何が変わったのか、そして各自治体への評価はどのように変化し
たのかを知ることができます。

そこで、11月4日(水)に特別セミナーを開催することとしました。地域活性化
に取り組んでいる自治体関係者、調査担当者、事業者のみなさん、ぜひこの機
会にぜひご参加ください。

<開催概要・プログラム予定>

題 名 : 地域ブランド調査 記念セミナー
日 時 : 2015年11月4日(水) 14:00~16:30 ※開場 13:30
場 所 : アットビジネスセンター東京駅(東京都中央区京橋1-11-2 八重洲MIDビル)
参加費 : 9,000円(税別)/人 (調査報告書お申込の場合は6,000円(税別)/人)
参加者には10年分の市町村の魅力度をまとめた特別報告書を差し上げます
定 員 : 100名(先着順)
内 容 : 地域ブランド調査2015の分析と、地域ブランドの今後の方向性
①地域ブランド調査2015の結果から見えたもの
~地域イメージを高めるためのヒント~
②10年の調査結果から
~地域ブランドへの取り組みの効果~
③報告書データの効果的な活用法
~効果測定と分析方法
講 師 : ブランド総合研究所 代表取締役社長 田中章雄
記事URL : http://news.tiiki.jp/09_corp/seminar/2874.html

<お申込み・お支払い方法>

必要事項をご記入いただき、FAX(03-3539-3013)にてご送信ください。
メール(survey2015@tiiki.jp)でもご参加を受付いたします。
必要事項をご記入の上お申し込みください。お申し込み受付後、弊社からご請
求書を郵送させていただきます。

※必要事項
貴団体・会社名:
貴所属部署名:
お名前:
参加人数:
ご住所:
電話番号:
メールアドレス:
請求書お宛名:

<問合せ先>

株式会社ブランド総合研究所(担当:安田、杉山)
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-8-5
Tel:03-3539-3011  Fax:03-3539-3013
Mail:survey2015@tiiki.jp

この記事のライター
地域ブランド調査2019(総合)
関連記事
茨城県(47位)地域資源豊富だが,3年連続最下位に地域ブランド調査・分析セミナー11/4開催食・農体験ネットワーク 会員募集中(会費無料)横浜市金沢産業団地で「だるまさんが転んだ」の世界記録
公開: 2015-11-02 10:32:48
ブランド総合研究が国内1000の市区町村及び47都道府県を対象に、認知度や魅力度、イメージなど全74項目からなる調査を実施した「地域ブランド調査2015」で、全国で最も魅力的な市区町村は函館市となりました。47都道府県では北海道が7年連続1位。東京都が一つ順位を上げて3位となりました。
公開: 2015-10-28 19:21:14
宮城県 「近畿からの観光意欲は低い!」「柔らかい」シティプロモーション「食・農体験ネットワーク」会員募集開始盛岡で「世界最大のラフトレース」がギネス世界記録に広島県 おしい!も平清盛も不発。強みは若者の高い支持率
公開: 2015-08-03 13:00:43
埼玉県 センスの良さは全国9位。ところが愛着度は最下位!「食・農体験ネットワーク」会員募集開始高年齢層で地域の認知度低下が顕著 地域ブランド調査ゴキブリ展で夏のホラーを体験してみよう(徳山動物園)3時間タクシー乗り放題で千円!鳥取市のインバウンド秘策北海道 圧倒的に人気も後退気味
公開: 2015-07-21 17:20:33
週刊ダイヤモンドで「勝手にケンミン創生計画」連載開始鳥取県、人型ロボットPepperを宣伝部長JR西が生食用「お嬢サバ」。養殖ブランド活性へジャパンレールパス観光戦略世界一大きなゴムボート川下り大会/岩手県盛岡市外国人向け広域観光ルート欧米でも注目集める越前和紙~福井県越前市
公開: 2015-07-03 17:09:12
株式会社ブランド総合研究所は、農林水産省の「地域活性化対策(人材発掘事業)」の一環として、農村地域への移住促進と活性化のために食農体験を活用した研修事業を開催。参加料、交通費、宿泊費の負担なし。定員30名を募集します。
公開: 2020-09-15 15:31:55
2020年9月7日(月)、東京アンテナショップ連絡会主催で「東京アンテナショップ連絡会 inふくい南青山291」が開催され、各自治体アンテナショップの情報交換の場として、各アンテナショップの担当者が集まりました。
公開: 2020-09-08 13:25:00
国内1000市区町村及び47都道府県を対象に、各地域の一般消費者によるイメージ形成について調査する「地域ブランド調査2020」を今年6月から7月にかけて実施。10月中旬に予定している結果発表に先立ち、同調査の特設ページを開設いたしました。
公開: 2020-08-27 14:50:00
住民による都道府県の評価調査「都道府県SDGs調査2020」によると、定住意欲度が最も高かったのは北海道で、2年連続1位となった。2位には、前年9位の沖縄県、3位は福岡県となった。昨年4位の東京都は33位へと急落した。
公開: 2020-08-25 12:00:00
株式会社ブランド総合研究所は、住民目線による地域の持続性評価、悩みや不満、および幸福度や定住意欲度に関する「第2回都道府県SDGs調査2020」を実施しました。調査報告書では、定住意欲度を高めるための課題や、年代による意識の違いなど、都道府県ごとの実情を分析できます。
公開: 2020-08-24 16:10:35

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
食農体験ネットワーク協議会
研修生募集
ギネス世界記録にチャレンジ
企業版SDGs
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
観光
サブスク
食農体験ネットTaabel
メルマガ