MENU
地域ブランド調査2019の結果10月17日正午発表しました
「かながわ旅行券」販売開始

「かながわ旅行券」販売開始

 神奈川県は、1枚5,000円の販売価格で10,000円分使える「かながわ旅行券」を、7月3日から全国約49,000店舗のコンビニエンスストア(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、サークルKサンクス)で販売すると発表した。「かながわ旅行券」を取り扱う神奈川県内の宿泊施設で、1人あたり1泊2枚まで利用することができる。県内への旅行客を増やすことを目的としており、噴火警戒レベルの引き上げにより観光産業の落ち込みが懸念されている箱根での観光客増加も期待されている。販売総数は15万枚の予定で、初日の7月3日販売分は1万5千枚。その後、8月3日(月)、9月3日(木)、10月2日(金)、11月2日(月)と販売する計画だが、販売状況をみながら随時枚数は決定するという。

神奈川県のHPでは6月16日から、「かながわ旅行券」を取り扱う箱根・湯河原の宿泊施設を先行公開している。その他エリアの宿泊施設は7月1日から順次公開を予定している。

※関連ホームページ
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f80022/p922341.html

この記事のライター
関連記事
 宇都宮市と市内の経済団体,企業などで構成する宇都宮ブランド推進協議会(会長 古池弘隆)は,令和元年9月25日(水)より,宇都宮Gプロジェクト『餃子で世界征腹計画』を,本年12月13日まで実施します。
公開: 2019-09-27 11:55:40
宇都宮市は、「餃子の街」として、益々のイメージ強化を図るため、宇都宮市在住の外国人や、インバウンド客の視点から、宇都宮の魅力を発信をしてもらうため、日本で唯一の"餃子"協同組合である「宇都宮餃子会」が運営する「来らっせ」本店(常設店舗)にてPRイベントをおこないます。
公開: 2019-09-24 13:26:20
宇都宮市をはじめ、地域の経済・まちづくり団体や市民等で構成する宇都宮ブランド推進協議会は、令和元年度「宇都宮市民シティプロモーション支援事業」の支援対象団体を決定いたしましたので、お知らせいたします。
公開: 2019-08-27 15:02:55
内各地の魅力を発信し、地域の観光振興につなげる取組として、都内各地の観光協会等の街歩きツアーを集めたイベントが開催される。歴史・文化・自然から話題のスポット&グルメまで、地域を愛するガイドやその道のプロなど、個性豊かなガイドが魅力溢れる東京を味わえる。
公開: 2019-08-22 12:03:00
我孫子市の魅力発信室長が、大学院を卒業。修士論文のテーマ「関東圏 5 都県(東京都・千葉・神奈川・埼玉・茨城)自治体シティプロモー ション実態調査」の結果をまとめた。自治体との情報共有を図るため、我孫子市ホームページで公開中。
公開: 2019-08-15 16:15:00
全国で最も魅力的な都道府県は北海道となりました。北海道は2009年に都道府県を調査対象に加えて以来11年連続での1位という結果となりました。市区町村は函館市が53.7点で2年連続6度目の1位となりました。
公開: 2019-10-17 12:00:00
全国で最も魅力的な都道府県は北海道となりました。北海道は2009年に都道府県を調査対象に加えて以来11年連続での1位という結果となりました。
公開: 2019-10-17 12:00:00
市区町村の魅力度結果は、函館市が53.7点で2年連続6度目の1位となりました。2位は前年3位の札幌市、3位は前年2位の京都市となっています。
公開: 2019-10-17 12:00:00
千葉県我孫子(あびこ)市は初の情報紙(リーフレット)「住み替えあびこナビ」を1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川県)の賃貸集合住宅や都内オフィスなどで7万部配布し、我孫子市への住み替えをねらう
公開: 2019-10-15 13:38:00
様々な世界一を認定しているギネス世界記録。日本各地で、バラエティ豊かな世界一が沢山生まれています。昔からある自然や祭り、住民が力を合わせた活気あふれる挑戦・・・地域の魅力を伝える世界一を、都道府県ごとにご紹介。第8回は関東地方・茨城県から。
公開: 2019-10-11 09:58:10

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
ギネス世界記録にチャレンジ
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
食農体験ネットTaabel
メルマガ