MENU
地域ブランド調査2020 調査対象希望の町村を受付中(2020/6 /5迄)
第24回:物産展

第24回:物産展

各地で開催される地域物産展が大人気だ。

各地で開催される地域物産展が大人気だ。百貨店の物産展で集客力が大きいのが北海道。山形屋(鹿児島市)の北海道物産展は8億3700万円、来場者数は20日間に63万人と、他の店を大きく上回る。担当者6人が数カ月前から北海道をレンタカーで走り回って仕入れる。輸送費圧縮などにより地元価格で提供するのが秘訣で、不況下でも人気は衰えない。

物産展は百貨店やスーパーのほかに、駅、空港、道の駅、高速道路のサービスエリア、商店街、行政イベントなど、さまざまな場所で開かれるようになった。人気があるのは地域の食材を使うこだわりの商品で、一般的な食品より価格はかなり高めだ。ご当地グルメに関連したものや、スイーツなどの人気が特に高い。出品者が販売スタッフを用意するケースが多いため、販売手数料のほかに、スタッフの人件費や交通費などの負担がかかることが課題となっている。

(ブランド総合研究所社長 田中章雄)

※当記事は、2010年12月12日発行の日経MJ(日経流通新聞)に「地域ブランド AtoZ」として掲載しています。記事は日本経済新聞社の許諾を得ています。 無断での複製・複写・転載を固く禁じます。

この記事のライター
関連するキーワード
地域ブランド調査2019(総合)
関連記事
人口減少、少子化に歯止めをかけようと、少子化問題に危機感を持ち、子育て支援施策に意欲的に取り組む県により、平成25年4月に発足した「子育て同盟」が、11県知事などの参加による動画「Let It Go~ありのままで~ by子育て同盟」を作成し、インターネット上の動画サービス、YouTubeに公開した
公開: 2014-09-01 23:27:53
ブランド総合研究所世界記録サポート窓口では「ギネス世界記録チャレンジ 自治体パック」サービスを開始した。地域活性化のためにギネス世界記録挑戦を検討している自治体等を対象としたもので、初回の無料相談対応から挑戦記録の提案、申請代行、挑戦当日の立ち会い、挑戦後のアフターフォローまで一貫してサポートします
公開: 2014-04-25 16:57:29
地域ブランドに関する基本的な用語を集めました。日経MJ(日経流通新聞)の2010年7月~12月に、弊社代表の田中章雄が連載コラム「地域ブランドAtoZ」として掲載した記事をもとにご紹介します。
公開: 2014-04-13 18:24:35
公開: 2014-03-31 14:00:48
日本の各地にある地域産品を紹介します産品名をクリックすると、説明文章のページを表示します。この記事は、日経MJ(日経流通新聞)に「地域ブランド AtoZ」として弊社社長の田中章雄が連載で執筆しているものです。(カッコ内は日経MJの掲載日です)
公開: 2014-03-27 08:39:28
消費者やビジネスマン、投資家など1万500人による国内有力企業210社のSDGs取組やESG活動を評価する「企業版SDGs調査」を実施。電子・電機・IT関連47社のうちSDGsへの取組が最も高く評価された企業はパナソニック。次いでアップル、キヤノン、NTTドコモの順だった
公開: 2020-05-25 10:15:55
消費者やビジネスマン、投資家など1万500人による国内有力企業210社を評価する「企業版SDGs調査2020」で、SDGs取組評価と企業好感度の結果には強い相関があり、SDGs評価が50位以内の企業は平均と比べて好感度が約35%高いことが明らかになった
公開: 2020-05-24 13:12:00
5月15日に、鹿児島県は休業要請全面解除となりました!徐々に人の流れが戻ってきていますが、まだまだ、各地の観光地や施設店舗は売上激減、減収が続いています。観光地の地域産品を食べて、応援してください!そして、おうちで観光地の魅力もぜひ知って&味わってください。
公開: 2020-05-22 17:53:34
2020年3月に実施した、消費者やビジネスマン、投資家など1万500人による国内の有力企業210社のSDGs取組やESG活動を評価した「企業版SDGs調査」。現在、追加調査の希望を受け付けています。
公開: 2020-05-22 13:22:00
ブランド総合研究所では、事業拡大に伴い、新スタッフを以下の要領で募集します。
公開: 2020-05-20 17:45:48

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
観光
ギネス世界記録にチャレンジ
企業版SDGs
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
サブスク
食農体験ネットTaabel
メルマガ