MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
地域ブランド調査2019 調査対象希望の町村を受付中(6 /7迄)

地域ブランド調査2019 調査対象希望の町村を受付中(6 /7迄)

株式会社ブランド総合研究所では、国内の1,000市区町村及び47都道府県を対象に、そのブランド力を徹底比較する「地域ブランド調査2019」を、本年6月から7月にかけて実施いたします。町村は、調査対象をご希望の自治体様について調査エントリーの募集をいたします。

株式会社ブランド総合研究所(本社:東京都港区虎ノ門1-8-5、代表取締役:田中章雄)では、国内の1,000市区町村及び47都道府県を対象に、「認知度」「魅力度」「情報接触」「イメージ」の4つの視点と、「観光」「居住」「産品」の3つの構成要素から調査・分析し、評価を行うことで、そのブランド力を徹底比較する「地域ブランド調査2019」を、本年6月から7月にかけて実施いたします。

この調査での対象自治体は、国内全792市に、特別区(東京23区)、さらに地域ブランドへの取り組みに熱心な町村(185町村を想定)、そして47都道府県の合わせて1047の地域を調査対象を予定しています。
町村は、調査対象をご希望の自治体様について調査エントリーの募集をいたします。応募方法は、下記所定の用紙に必要事項をご記入の上、FAX、またはe-mailで受け付けています。エントリーの受付期間は6月7日(金)迄となりますので、是非ご検討ください。

地域ブランド調査2019調査対象(町村)応募用紙(excel 13KB)

地域ブランド調査2019調査対象(町村)応募用紙(PDF 89KB)

 

参考:過去の調査での町村対象地一覧は、以下でご覧いただけます。

参考資料:地域ブランド調査2018_対象町村一覧(PDF966KB)

 

<本件に関する問合せ先>
株式会社ブランド総合研究所 (担当.安田)
Tel. 03-3539-3011(代)  Fax.03-3539-3013
E-mail:  survey2019★tiiki.jp (★を半角@に変更しお送りください)
Homepage: http://tiiki.jp

この記事のライター
関連記事
魅力度ランキング2019【市区町村】の調査結果、調査方法を紹介。市区町村の魅力度結果は、函館市が53.7点で2年連続6度目の1位となりました。2位は前年3位の札幌市、3位は前年2位の京都市となっています。
魅力度ランキング2019【都道府県】の調査結果、調査方法を紹介。全国で最も魅力的な都道府県は北海道でした。北海道は2009年に都道府県を調査対象に加えて以来11年連続での1位という結果となりました。
地域ブランド調査2019の調査結果です。全国で最も魅力的な都道府県は北海道となりました。北海道は2009年に都道府県を調査対象に加えて以来11年連続での1位という結果となりました。市区町村は函館市が53.7点で2年連続6度目の1位となりました。
最新記事
セルフ型アンケートツール「freeasy」を運営するアイブリッジ株式会社が開催するオンラインセミナー(zoom live)に、弊社ブランド総合研究所 代表取締役 田中章雄が、登壇します。
株式会社ブランド総合研究所は、このたび国内有力企業のSDGsの取り組みを消費者視点で評価する「企業版SDGs調査2021」を実施しました。その結果、消費者からSDGsへの取り組みが最も高く評価された企業はトヨタ自動車で2年連続1位となりました。
福島県では、首都圏の若い世代に本県が抱える地域課題の解決に協力してもらうことを通じて、関係人口の創出を図る「ふくしま夢実現クエスト事業」を実施しており、本事業に参加いただく首都圏の若い方々を募集しています。
消費者やビジネスマン、投資家など1万500人による国内の有力企業210社のSDGs取組や「スポーツや文化活動に熱心」等のESG活動を評価する「企業版SDGs調査2020」を昨年実施した。昨年に引き続き第2回目「企業版SDGs調査2021」の調査を実施する(結果の発表は9月上旬)。
消費者やビジネスマン、投資家など1万500人による国内の有力企業210社のSDGs取組や「女性が働きやすい企業」等ESG活動を評価する「企業版SDGs調査2020」を昨年実施した。昨年に引き続き第2回目「企業版SDGs調査2021」の調査を実施する(結果の発表は9月上旬)。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル