MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
地域ブランド調査2018 発表は10/15

地域ブランド調査2018 発表は10/15

地域ブランド調査2018は2018年6月25日~7月25日に調査を実施し、その結果について10月15日に発表することになった。

地域ブランド調査2018は2018年6月25日~7月25日に調査を実施し、その結果について10月15日に発表することになった。



本調査はブランド総合研究所が毎年1回実施している調査で、2006年の第1回目から数えて今回が13回目にあたり。調査対象は47都道府県のほか、全791市と東京23区、および地域ブランドへの取り組みに熱心な186町村を加えた計1000の市区町村。

各地域に対して、認知度や魅力度、イメージなど全87項目の設問を設け、地域のブランド力を、消費者が各地域に抱く「魅力」として数値化している。

調査はインターネットを使い、事前に登録している調査モニター(約150万人)の中から男女、各年代、地域別にほぼ均等に回収した後、人口分布と比例するようにウエイトバック法を用いて再集計した。総回収数約4万人のうち、不十分・明瞭な回答などを除いた30,024人を有効回答として分析した。

調査概要


  • 調査方法   インターネット調査

  • 回答者    20第~70代の消費者(人口分布にあわせて再集計)

  • 有効回答数  30,024人

  • 調査時期   2018年6月25日~7月25日

  • 調査項目   認知度、魅力度、情報接触度、観光意欲度、居住意欲度、イメージなど84項目

  • 結果発表   2018年10月15日

  • 調査報告書  総合報告書(74,000円)、個別報告書(46,000円)、ハンドブック(3,700円)等


具体的な内容は以下のサイトを参照してください
「地域ブランド調査2018」特設サイト
http://news.tiiki.jp/survey2018


 

この記事のライター
地域ブランド調査2019(総合)
関連記事
 地域ブランド調査では、ニュースリリースで発表している魅力度の他にも様々な項目を調査しています。ここでは、各地域の「自然」に対してどのような認知、評価がなされているかを2018年の調査結果からご紹介いたします。
公開: 2019-08-06 12:49:00
全国で最も魅力的な都道府県は北海道となりました。北海道は2009年に都道府県を調査対象に加えて以来10年連続での1位という結果となりました。市区町村は函館市が50.0点で2016年以来5度目の1位となりました。2位は前年1位の京都市、3位は前年に引き続き札幌市という結果となりました。
公開: 2018-10-15 11:15:29
市区町村は函館市が50.0点で2016年以来5度目の1位となりました。2位は前年1位の京都市、3位は前年に引き続き札幌市という結果となりました。
公開: 2018-10-15 11:15:17
全国で最も魅力的な都道府県は北海道となりました。北海道は2009年に都道府県を調査対象に加えて以来10年連続での1位という結果となりました。
公開: 2018-10-15 11:15:02
「地域ブランド調査2018」は、ブランド総合研究所が年1回実施している調査で、2006年にスタートし、今回が第13回目。
公開: 2018-08-25 17:38:31
地域の出身者や地域を応援したいと思っている人たちがどれくらい存在するか、こうした人たちがどの年代やどの地域に分布しているか、地域とどのようなかかわりを持っているかなどを分析したインターネット調査「関係人口の意識調査2021」を実施しました。
公開: 2021-03-03 15:22:19
農林水産省は、令和2年度食育活動の全国展開委託事業(食育推進プラットフォーム構築及び食育に関する事例収集)において株式会社ブランド総合研究所(東京都港区 代表取締役 田中 章雄)に委託して作成した「食育ピクトグラム」を、このほど農林水産省ホームページで公開しました。
公開: 2021-03-03 15:05:00
株式会社ブランド総合研究所は、2021年3月31日までの期間限定で、格安の「年度末特別調査パッケージ」を期間限定で販売します。通常価格の半額以下という特別価格のため先着10件限定。しかも、調査開始から集計結果までわずか1週間~10日とスピードで実施
公開: 2021-03-02 12:43:23
一般社団法人日本フードバリアフリー協会(事務局:株式会社ブランド総合研究所(東京都港区虎ノ門1-8-5 代表取締役 田中章雄))は、食のバリアフリー対策に向けてオンラインセミナー「食のグローバルに向けて今やるべきこと~インバウンドが復活するまでがチャンス!~」を3月19日(金)に開催する。
公開: 2021-02-25 18:17:00
「オンラインを活用すれば、これまでとは違った食育の展開が可能になる」、「食育への取り組みは社会や環境への貢献につながる視点が重要」など、新しい時代の食育について考える「食育推進フォーラム2021」が東京の会議室とオンライン配信により開催され、全国から479名(会場とオンライン視聴の合計)が参加しました。
公開: 2021-02-22 11:22:23

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
調査依頼
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
食農体験ネットワーク協議会
研修生募集
ギネス世界記録にチャレンジ
企業版SDGs
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
観光
サブスク
食農体験ネットTaabel
メルマガ
get_app
ダウンロードする
キャンセル