MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
北海道の自然、名称はわからないけど高評価?(地域ブランド調査2018)

北海道の自然、名称はわからないけど高評価?(地域ブランド調査2018)

 地域ブランド調査では、ニュースリリースで発表している魅力度の他にも様々な項目を調査しています。ここでは、各地域の「自然」に対してどのような認知、評価がなされているかを2018年の調査結果からご紹介いたします。

 地域ブランド調査では、ニュースリリースで発表している魅力度の他にも様々な項目を調査しています。ここでは、各地域の「自然」に対してどのような認知、評価がなされているかを2018年の調査結果からご紹介いたします。

 「自然」については、「地域コンテンツの認知」※1という設問で「海・山・川・湖などの地理的名称」という項目の認知割合を、「地域資源評価」※2という設問で「海・山・川・湖などの自然が豊か」という項目の評価割合を調査しています。
この2項目の1000市区町村の結果を散布図で表したのが下図です。図から、認知が高くなるほど評価も高くなる傾向がみられ、強い相関関係があります。2項目の結果として特徴的なのは「海・山・川・湖などの地理的名称」の平均が8.3%であるのに対し「海・山・川・湖などの自然が豊か」の平均は14.8%と、認知よりも評価の平均が高くなっていることです。回答に影響を与えているものとして「1.市区町村の傘となる都道府県のイメージが回答に影響を与えている可能性」、「2.地理的名称は認知されていないが、名も知らない自然に対して評価している可能性」などが考えられます。

 特に認知よりも評価が高くなる傾向にあるのが北海道の市区町村。最も差があったのは帯広市で「海・山・川・湖などの地理的名称」が22.2%であったのに対して「海・山・川・湖などの自然が豊か」は47.4%と約25ポイントも差がありました。同様の傾向として北見市や稚内市など北海道の市町村で大きな差が出ています。

※1_調査項目「地域コンテンツの認知」は「それぞれの市区町村(地域)について、以下をご存知ですか?」という問いに対して、「ご当地キャラクター(ゆるキャラなど)」、「観光親善大使(著名人)」など16項目について、「はい」と答えた回答者の割合(%)を算出。

※2_調査項目「地域資源評価」は「各自治体にはどんな魅力があると思いますか?」という問いに対して、「歴史がある」、「自然や緑が豊か」、「交通の便がよい・行きやすい」など16項目の各設問に回答した人の割合(%)をそれぞれ算出。

この記事のライター
関連するキーワード
関連記事
全国で最も魅力的な都道府県は北海道となりました。北海道は2009年に都道府県を調査対象に加えて以来10年連続での1位という結果となりました。市区町村は函館市が50.0点で2016年以来5度目の1位となりました。2位は前年1位の京都市、3位は前年に引き続き札幌市という結果となりました。
市区町村は函館市が50.0点で2016年以来5度目の1位となりました。2位は前年1位の京都市、3位は前年に引き続き札幌市という結果となりました。
全国で最も魅力的な都道府県は北海道となりました。北海道は2009年に都道府県を調査対象に加えて以来10年連続での1位という結果となりました。
地域ブランド調査2018は2018年6月25日~7月25日に調査を実施し、その結果について10月15日に発表することになった。
「地域ブランド調査2018」は、ブランド総合研究所が年1回実施している調査で、2006年にスタートし、今回が第13回目。
最新記事
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
福島県では、首都圏の若い世代に本県が抱える地域課題の解決に協力してもらうことを通じて、関係人口の創出を図る「ふくしま夢実現クエスト事業」を実施しており、本プロジェクトのスタートアップである「第1回ふくクエ応援会議」を都内の会議室で開催しました。
都道府県魅力度ランキングでおなじみの「地域ブランド調査2021」の結果を発表。北海は13年連続1位。1000市区町村の魅力度では札幌市は9年ぶり1位。コロナ禍で地域への関心度が高まり、多くの地域で魅力度が上昇した。
「地域ブランド調査2021」の結果から、47都道府県の魅力度ランキングの結果です。1位は北海道で都道府県の調査開始から13年連続の1位。2位以下は京都府、沖縄県、東京都、大阪府、神奈川県、福岡県、長崎県、奈良県の順で、10位は長野県と石川県でした。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル