MENU
地域ブランド調査2019の結果10月17日正午発表しました
北海道の自然、名称はわからないけど高評価?(地域ブランド調査2018)

北海道の自然、名称はわからないけど高評価?(地域ブランド調査2018)

 地域ブランド調査では、ニュースリリースで発表している魅力度の他にも様々な項目を調査しています。ここでは、各地域の「自然」に対してどのような認知、評価がなされているかを2018年の調査結果からご紹介いたします。

 地域ブランド調査では、ニュースリリースで発表している魅力度の他にも様々な項目を調査しています。ここでは、各地域の「自然」に対してどのような認知、評価がなされているかを2018年の調査結果からご紹介いたします。

 「自然」については、「地域コンテンツの認知」※1という設問で「海・山・川・湖などの地理的名称」という項目の認知割合を、「地域資源評価」※2という設問で「海・山・川・湖などの自然が豊か」という項目の評価割合を調査しています。
この2項目の1000市区町村の結果を散布図で表したのが下図です。図から、認知が高くなるほど評価も高くなる傾向がみられ、強い相関関係があります。2項目の結果として特徴的なのは「海・山・川・湖などの地理的名称」の平均が8.3%であるのに対し「海・山・川・湖などの自然が豊か」の平均は14.8%と、認知よりも評価の平均が高くなっていることです。回答に影響を与えているものとして「1.市区町村の傘となる都道府県のイメージが回答に影響を与えている可能性」、「2.地理的名称は認知されていないが、名も知らない自然に対して評価している可能性」などが考えられます。

 特に認知よりも評価が高くなる傾向にあるのが北海道の市区町村。最も差があったのは帯広市で「海・山・川・湖などの地理的名称」が22.2%であったのに対して「海・山・川・湖などの自然が豊か」は47.4%と約25ポイントも差がありました。同様の傾向として北見市や稚内市など北海道の市町村で大きな差が出ています。

※1_調査項目「地域コンテンツの認知」は「それぞれの市区町村(地域)について、以下をご存知ですか?」という問いに対して、「ご当地キャラクター(ゆるキャラなど)」、「観光親善大使(著名人)」など16項目について、「はい」と答えた回答者の割合(%)を算出。

※2_調査項目「地域資源評価」は「各自治体にはどんな魅力があると思いますか?」という問いに対して、「歴史がある」、「自然や緑が豊か」、「交通の便がよい・行きやすい」など16項目の各設問に回答した人の割合(%)をそれぞれ算出。

この記事のライター
関連するキーワード
関連記事
全国で最も魅力的な都道府県は北海道となりました。北海道は2009年に都道府県を調査対象に加えて以来10年連続での1位という結果となりました。市区町村は函館市が50.0点で2016年以来5度目の1位となりました。2位は前年1位の京都市、3位は前年に引き続き札幌市という結果となりました。
公開: 2018-10-15 11:15:29
市区町村は函館市が50.0点で2016年以来5度目の1位となりました。2位は前年1位の京都市、3位は前年に引き続き札幌市という結果となりました。
公開: 2018-10-15 11:15:17
全国で最も魅力的な都道府県は北海道となりました。北海道は2009年に都道府県を調査対象に加えて以来10年連続での1位という結果となりました。
公開: 2018-10-15 11:15:02
地域ブランド調査2018は2018年6月25日~7月25日に調査を実施し、その結果について10月15日に発表することになった。
公開: 2018-09-30 16:39:20
「地域ブランド調査2018」は、ブランド総合研究所が年1回実施している調査で、2006年にスタートし、今回が第13回目。
公開: 2018-08-25 17:38:31
蒜山酪農農業協同組合(岡山県真庭市)は、濃厚さとコクが特徴の蒜山ジャ ージー乳の良さを生かし、こだわりの製法で特別につくった「濃厚ぷりん」 と「濃厚ぱんな・こった」を開発。 2020年1月17日(金曜日)から2020年2月15日(土曜日)まで期間限定、 数量限定の完全予約販売です。
公開: 2020-01-17 16:43:30
様々な世界一を認定しているギネス世界記録。日本各地で、バラエティ豊かな世界一が沢山生まれています。昔からある自然や祭り、住民が力を合わせた活気あふれる挑戦・・・地域の魅力を伝える世界一を、都道府県ごとにご紹介。第15回は新潟県から。
公開: 2020-01-15 11:25:09
ブランド総合研究所では、政令指定都市、中核市、県庁所在市の計83市を対象に、住民の悩みと定住意欲度の関連を探る「市版SDGs調査2020」を実施。2019年11月25日~12月23日にかけてインターネットで調査を実施し、各市の居住者100~200人から回答を得ました。調査内容は、居住している市に対しての、幸福度、生活満足度、愛着度、定住意欲度、SDGs認知度、投資経験の基本指標6項目のほか、住民の不満や悩み、社会として取り組む課題など全108項目。
公開: 2020-01-09 13:04:37
入間市の魅力がたっぷりつまった「ことりっぷ入間さんぽ」を無料配布する。
公開: 2020-01-07 11:39:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
ギネス世界記録にチャレンジ
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
食農体験ネットTaabel
メルマガ