MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
九州・沖縄居住者にとって福岡県は北海道並みに“魅力的”

九州・沖縄居住者にとって福岡県は北海道並みに“魅力的”

弊社が行っている自主調査「地域ブランド調査」では単純集計のほかに、回答者の居住地を6つに区分し、それぞれの地域居住者の結果も算出している。本稿では、2017年の調査結果のうち、47都道府県の魅力度について回答者の居住地別集計から特徴的な結果を紹介する。

弊社が行っている自主調査「地域ブランド調査」で、毎年ニュースリリース等で結果を発表している項目「魅力度」※1の点数は単純集計、すなわち日本全国から見た各地域の結果だが、調査では単純集計のほかに、回答者の居住地を「北海道・東北」、「関東」、「中部」、「近畿」、「中国・四国」、「九州・沖縄」の6つに区分し※2、それぞれの地域居住者の結果も算出している(結果は刊行している調査報告書・個別報告書、データパック等に収録)。本稿では、2017年の調査結果のうち、47都道府県の魅力度について回答者の居住地別集計から特徴的な結果を紹介する。

■九州・沖縄居住者は自地域に属す県をより“魅力的”と評価する傾向

今回紹介するのは47都道府県結果で、各県が属す居住地の回答者からどのような評価を得ているのかをみてみる(例:東京都に対する関東居住者の結果、大阪府に対する近畿居住者の結果など)。
下図は、各地域区分の単純集計平均(全国からの評価)と自地域居住者の集計結果平均及びその点差を表したものとなる。すべての地域区分で共通しているのは単純集計の結果よりも、自地域に居住する回答者の結果が上回っている点だ。特に、最も点差が開いたのは九州・沖縄8県の平均で、単純集計(全国からの評価)が20.0点なのに対して九州・沖縄居住者に限ると32.7点と12.7点もの差が開いており、九州・沖縄居住者は自地域に対して高い評価を与える傾向が伺える。


【各エリアの魅力度単純集計平均と対応する居住地別集計結果】


■福岡県は九州・沖縄居住者にとって北海道並みに“魅力的”

九州・沖縄地域に関して各県の結果をみると、九州・沖縄居住者の魅力度が特に高かったのは福岡県、熊本県、大分県の3県だった。3県は単純集計よりも同地域居住者の評価が10点以上高くなっており、九州・沖縄居住者が他地域居住者よりも“魅力的”な地域と評価している。特に、福岡県は単純集計が25.4点だったのに対して九州・沖縄居住者に限ると60.7点と35.3点も高くなっている。


【九州3県の魅力度結果】


なお、福岡県は単純集計でみると、2017年の魅力度は8位となっているが、福岡県の回答者居住地別結果について、魅力度全国1位の北海道の居住地別結果と比較してみた。結果、北海道が全国満遍なく評価が高いのに対して、福岡県は九州・沖縄居住者の評価が、他地域居住者の結果と比較して突出して高くなっており、九州・沖縄居住者に限って言えば、北海道の結果よりも上回っているという結果となった。


【福岡県と北海道の回答者居住地別結果比較】


■まとめ

・各都道府県の魅力度は単純集計地よりも自県が属す居住者が魅力的とする傾向で一致している

・九州・沖縄居住者は自地域に属す県を魅力的とする傾向が強い

・特に福岡県は九州・沖縄居住者から非常に“魅力的”と評価されている

 

 

※1魅力度
同指標は任意の地域名について「どの程度魅力を感じますか?」という問いに対して、「とても魅力的」を100点、「やや魅力的」を50点、「どちらでもない」、「あまり魅力を感じない」、「全く魅力的でない」を0点として、それらを加重平均して点数を算出している。なお、認知度の設問において、当該自治体を「名前も知らない」と答えた人も含めた全回答者を対象に集計している。

 

※2居住地別集計の区分内訳
居住地別6区分の内訳は下記の通りとなっている。

北海道・東北:北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県
関東:茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県
中部:新潟県、富山県 石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県
近畿:三重県、滋賀県 京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県
中国・四国:鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県
九州・沖縄:福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

この記事のライター
関連記事
全国で最も魅力的な市区町村は京都市となりました。同市が1位になったのは2013年以来2度目。2位には前年1位の函館市、3位は札幌市となりました。都道府県は北海道が1位、2位は京都府となっています。(魅力度ランキング、都道府県ランキング、市町村ランキング、市区町村ランキング)
公開: 2017-10-10 10:00:58
都道府県の中で最も魅力度が高かったのは北海道で都道府県の調査を開始した2009年から9年連続で1位。2013年以降点数が低下傾向にあったが、今年は前年よりも点数6.1ポイントが上がった。上昇幅は47都道府県で最大となっている。
公開: 2017-10-10 10:00:44
今回の調査で1位となったのは京都市(京都府)で点数は48.1点、2013年以来2度目の1位となった(市区町村ランキングは次ページに掲載)。
公開: 2017-10-10 10:00:18
地域ブランド調査をもっと効果的活用したい方には「ブランド評価分析レポート」をご提供しております。
公開: 2017-08-03 15:21:56
地域ブランド調査2017各種報告書をFAXでお申込みいただく場合はこちらから指定の用紙をダウンロードいただき、必要事項をご記入の上ご送信下さい。
公開: 2017-08-03 15:20:39
テレワークの普及に伴って、「ワーケーション」に関心が集まっている。地方にとっては都市部と行き来する「関係人口」の拡大により、活性化や将来の定住が期待できる。
公開: 2021-04-07 17:13:00
「ポケットモンスター」のキャラクターがデザインされた京都市オリジナルのマンホール蓋「ポケふた」を市内の公園に設置。
公開: 2021-03-30 17:00:38
入間市は、「まちの活気を守る事業」のひとつとして、狭山茶の主産地である入間市独自のお茶殻入り紙製マスクケースを作製。市内の公共施設等に設置し、配布している。
公開: 2021-03-30 16:32:04
県外の応援者、出身者の移住や訪問、地域貢献につながる意識などを数値化する“日本初”となる「関係人口の意識調査2021」を全国2万人を対象にインターネットで実施しました。その調査結果の一部をご紹介いたします。
公開: 2021-03-29 10:00:00
ブランド総合研究所は、農林水産省の「地域活性化対策」事業の採択を受け、沖縄県糸満市、山口県宇部市、宮城県登米市、熊本県阿蘇郡小国町、長崎県大村市の協力を得て、関東地方を中心に農業インターンシップ参加者を各地域で受け入れている。本研修は一次産業の農業だけにとどまらず、直売所での販売や、加工食品づくり、農家レストランでのサービス、動画制作など、実践的な6次産業化を学ぶ内容となっている。
公開: 2021-03-26 15:58:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
調査購入
調査依頼
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
関係人口
ギネス世界記録にチャレンジ
企業版SDGs
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
観光
食農体験ネットワーク協議会
メルマガ
get_app
ダウンロードする
キャンセル