MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
地域ブランド調査2017 ブランド評価分析レポートのご案内

地域ブランド調査2017 ブランド評価分析レポートのご案内

地域ブランド調査をもっと効果的活用したい方には「ブランド評価分析レポート」をご提供しております。

地域ブランド調査をもっと効果的活用したい方には「ブランド評価分析レポート」をご提供しております。
ブランド評価分析レポートは、地域ブランド調査の専門スタッフが調査結果を基に、「あなたの地域(自治体)は、消費者からどのように評価されているのか」を詳細に分析するレポートです。
お申込みを受け、追加オプション等お客様の要望を伺ってからレポートを作成いたします。

◇商品の特徴


  • 地域の強みと弱みが一目瞭然
    分析対象の地域が、どのように評価されているのかひと目でわかるようにサマリー(要約)もあります。これを見るだけで地域の強みと弱みが簡単にわかります。

  • 全78項目の各結果を詳細分析
    認知、情報接触、まちのイメージ、観光意欲・・・調査した全78項目の過去3年間の結果から、あなたの地域が誰に支持されているのかを徹底分析します。


◇商品概要

  • ブランド評価レポート
    A4判、約50ページ(簡易製本)
    地域ブランド調査、全国の結果、対象地域の結果、まとめ(要約) の4章で構成しています。
    (ページ数は追加オプションの内容によって変わります)

  • 総合報告書、個別報告書セット
    ブランド評価分析レポートを作成する上で利用した総合報告書および個別報告書をお付けします。


◇基本料金

  • 288,000円(税抜)~


◇納品

  • レポートの作成には目安として10営業日程度のお時間をいただいております
    (追加オプションの内容によって作業期間が変更される場合がございます)


◇追加オプション

  • 複数地域との比較
    比較したい他地域の結果をレポート内容に盛り込みます
    (追加料金は1地域当たり50,000円です)

  • 結果発表セミナー
    レポートの内容をもとに、ご指定の場所で調査結果の説明またはセミナー(講演または研修)を行います。
    (追加料金は100,000円~+旅費実費)


 

チラシのダウンロードはコチラから ブランド評価分析レポートのご案内

「地域ブランド調査2017」トップページはこちらから

≪お問い合わせ先≫

株式会社ブランド総合研究所 (担当.安田)
Tel. 03-3539-3011(代)
Fax.03-3539-3013
E-mail:  survey2017@tiiki.jp

この記事のライター
関連するキーワード
関連記事
弊社が行っている自主調査「地域ブランド調査」では単純集計のほかに、回答者の居住地を6つに区分し、それぞれの地域居住者の結果も算出している。本稿では、2017年の調査結果のうち、47都道府県の魅力度について回答者の居住地別集計から特徴的な結果を紹介する。
全国で最も魅力的な市区町村は京都市となりました。同市が1位になったのは2013年以来2度目。2位には前年1位の函館市、3位は札幌市となりました。都道府県は北海道が1位、2位は京都府となっています。(魅力度ランキング、都道府県ランキング、市町村ランキング、市区町村ランキング)
都道府県の中で最も魅力度が高かったのは北海道で都道府県の調査を開始した2009年から9年連続で1位。2013年以降点数が低下傾向にあったが、今年は前年よりも点数6.1ポイントが上がった。上昇幅は47都道府県で最大となっている。
今回の調査で1位となったのは京都市(京都府)で点数は48.1点、2013年以来2度目の1位となった(市区町村ランキングは次ページに掲載)。
地域ブランド調査2017各種報告書をFAXでお申込みいただく場合はこちらから指定の用紙をダウンロードいただき、必要事項をご記入の上ご送信下さい。
最新記事
ブランド総合研究所では、地域活性化につながる調査や事業に取り組むスタッフを募集します。 行政や自治体、関連機関と一緒に仕事をすることが多いため、地域のことを真剣に考え、戦略的に挑戦できる人を求めています。
2021年11月23日、愛知県岩倉市で新たなギネス世界記録が生まれました。 挑戦した記録は「Largest display of origami carp streamers (koinobori)」。挑戦は岩倉市制50周年を記念したイベントの一環で行われました。
一般社団法人パイオニズム、ソフトバンク株式会社およびヤフー株式会社は、「Next Action→ Social Academia Project」を2021年3月に発足させ、現在、ブースタークラスの参加者を募集している。
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル