MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
「地方創生」を超えて。シティプロモーションの可能性公共コミュニケーション学会がシンポジウム

「地方創生」を超えて。シティプロモーションの可能性公共コミュニケーション学会がシンポジウム

公共コミュニケーション学会(PRAS)は、5月31日(日)に東海大学代々木キャンパスにおいて2015年度総会・シンポジウムを開催。シンポジウムは『「地方創生」を超えて。シティプロモーションの可能性』と題し、行政担当者を中心に約60名が参加し活発な議論が展開された。

公共コミュニケーション学会(PRAS)は、5月31日(日)に東海大学代々木キャンパスにおいて2015年度総会・シンポジウムを開催。シンポジウムは『「地方創生」を超えて。シティプロモーションの可能性』と題し、行政担当者を中心に約60名が参加し活発な議論が展開された。

ウェルカムスピーチでは、同学会会長理事で東海大学教授の河井考仁氏が講演。地域の持続可能性について、定住人口・交流人口の増加だけではなく、地域内外からの「参画意欲」という観点と併せて、定住人口・交流人口と「参画意欲」を掛け合わせた「地域参画総量」の増加が重要という指摘があり、「参画意欲」醸成においてシティプロモーション施策がもたらす効果やその方法論について、事例を交えての紹介があった。
また、基調講演では一般社団法人地域開発研究所の牧瀬稔氏が講演。これまで行政が行ってきた施策の趨勢を俯瞰し、シティプロモーション施策を通した地域の課題解決を類型化した上で、「手段と目的の明確化」の重要性が指摘された。
事例紹介・パネルディスカッションでは、足立区(東京都)、戸田市(埼玉県)、那須塩原市(栃木県)の各担当者が取組みを紹介。庁内コミュニケーションや、地域内外の住民に「伝える」のではなく「伝わる」ためのデザイン、また事業を進めていく上での「第三者評価」の効果などについて議論が行われた。最後には参加者全員がグループに分かれ、今回の講演・発表内容や各参加者が持っているの問題意識などについて、登壇者・聴衆者一体となった活発な議論が展開された。



(文責:安田 儀 ブランド総合研究所 コンサルタント)

この記事のライター
地域ブランド調査2019(総合)
関連記事
人口減少が歯止めをきかない中で、千葉県流山市では、毎年人口が増えている。とくに、年齢別人口では、30~40歳の「働き盛り」の層が最も多く増え、子どもの数が純増している。
公開: 2020-03-25 16:30:41
宇都宮市は、「餃子の街」として、益々のイメージ強化を図るため、宇都宮市在住の外国人や、インバウンド客の視点から、宇都宮の魅力を発信をしてもらうため、日本で唯一の"餃子"協同組合である「宇都宮餃子会」が運営する「来らっせ」本店(常設店舗)にてPRイベントをおこないます。
公開: 2019-09-24 13:26:20
内各地の魅力を発信し、地域の観光振興につなげる取組として、都内各地の観光協会等の街歩きツアーを集めたイベントが開催される。歴史・文化・自然から話題のスポット&グルメまで、地域を愛するガイドやその道のプロなど、個性豊かなガイドが魅力溢れる東京を味わえる。
公開: 2019-08-22 12:03:00
我孫子市の魅力発信室長が、大学院を卒業。修士論文のテーマ「関東圏 5 都県(東京都・千葉・神奈川・埼玉・茨城)自治体シティプロモー ション実態調査」の結果をまとめた。自治体との情報共有を図るため、我孫子市ホームページで公開中。
公開: 2019-08-15 16:15:00
9月30日、埼玉県草加市で「Largest rice cracker mosaic (image)」(最も大きなライスクラッカーモザイク(イメージ))の挑戦が行われました。
公開: 2018-10-02 11:39:41
株式会社ブランド総合研究所は、農林水産省の「地域活性化対策(人材発掘事業)」の一環として、農村地域への移住促進と活性化のために食農体験を活用した研修事業を開催。参加料、交通費、宿泊費の負担なし。定員30名を募集します。
公開: 2020-09-15 15:31:55
2020年9月7日(月)、東京アンテナショップ連絡会主催で「東京アンテナショップ連絡会 inふくい南青山291」が開催され、各自治体アンテナショップの情報交換の場として、各アンテナショップの担当者が集まりました。
公開: 2020-09-08 13:25:00
国内1000市区町村及び47都道府県を対象に、各地域の一般消費者によるイメージ形成について調査する「地域ブランド調査2020」を今年6月から7月にかけて実施。10月中旬に予定している結果発表に先立ち、同調査の特設ページを開設いたしました。
公開: 2020-08-27 14:50:00
住民による都道府県の評価調査「都道府県SDGs調査2020」によると、定住意欲度が最も高かったのは北海道で、2年連続1位となった。2位には、前年9位の沖縄県、3位は福岡県となった。昨年4位の東京都は33位へと急落した。
公開: 2020-08-25 12:00:00
株式会社ブランド総合研究所は、住民目線による地域の持続性評価、悩みや不満、および幸福度や定住意欲度に関する「第2回都道府県SDGs調査2020」を実施しました。調査報告書では、定住意欲度を高めるための課題や、年代による意識の違いなど、都道府県ごとの実情を分析できます。
公開: 2020-08-24 16:10:35

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
食農体験ネットワーク協議会
研修生募集
ギネス世界記録にチャレンジ
企業版SDGs
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
観光
サブスク
食農体験ネットTaabel
メルマガ