MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
7/29 6次産業化・地産地消セミナー</BR>「新しい生活様式での地域ブランド・商品のあり方」

7/29 6次産業化・地産地消セミナー
「新しい生活様式での地域ブランド・商品のあり方」

株式会社ブランド総合研究所(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中章雄)は、2021年7月29日(木)14時から、6次産業化・地産地消などに取り組む事業者・個人・企業・自治体などを対象としたオンラインセミナーを開催します。

6次産業化・地産地消セミナー「新しい生活様式での地域ブランド・商品のあり方」

長引くコロナ禍の影響で、地域の疲弊が大きな問題となっています。また、新たな生活様式の普及により、モノに対する価値観や流通、情報においても大きく変化し、地域ブランドのあり方も変革を余儀なくされています。

本セミナーでは、昨今の生活様式の変化をわかりやすく解説し、地域資源を活かして、どのような地域ブランドを構築するべきか、新しい付加価値の考え方と、オンラインを活用した地域の魅力情報の発信方法などについて、地域ブランドの第一人者がわかりやすく解説します。

セミナー内容

6次産業化・地産地消セミナー
テーマ:「新しい生活様式での地域ブランド・商品のあり方」
       ~地域の新しい付加価値化と、魅力の発信法~
日 時: 2021年7月29日(木)14:00~15:00
実施方法: オンライン (ZOOMにて配信)
参加費: 無料
対 象: 地域資源で新しい付加価値をつけたいと考えている農林漁業者、6次産業化、地産地消に取り組んでいる団体・個人・企業・自治体などの方
定 員:  50名 (先着順受付)
締 切:  2021年7月29日(水)12:00
※定員に達した際は事前に締め切る場合があります。
※ZOOMの画面OFF、マイクをミュートにしてご参加ください。

申込方法: こちらからお申込みください

※内容は一部変更になる場合があります。

講師紹介

田中章雄(たなかあきお) 株式会社ブランド総合研究所 代表取締役

東京工業大学理学部卒、1984年に日経BP社入社。雑誌記者や新規雑誌および新規事業の開発と編集記者を担当。開発部次長、調査次長を経て、2001年日経BPコンサルティング調査部長に就任。
2003年に日本ブランド戦略研究所を設立し、代表取締社長就任。
地域ブランド調査や地域版SDGs調査、関係人口の意識調査などの大規模調査を数多く設計・開発した。
特許庁知財窓口や中小企業基盤整備機構、農水省などの専門家として年間数十件のアドバイスを実施。
地域団体商標や地域ブランドに関する普及・啓発活動が評価されて2008年に経済産業省より「知財功労賞 経済産業大臣表彰」を受賞。
省庁や地自体の地域ブランドに関する各種委員のほか、一般社団法人日本フードバリアフリー協会代表理事、食農体験ネットワーク協議会代表などを兼任。
日経新聞、週刊ダイヤモンド、月刊商工会、農業新聞等に連載していた他、日本テレビ「秘密のケンミンshow」やNHK「地域の底力」、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」などテレビ番組にも多数出演している。

この記事のライター
関連するキーワード
関連記事
株式会社ブランド総合研究所(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中章雄)および農業生産法人(有)伊豆沼農産(本社:宮城県登米市、会長:伊藤秀雄)は、2021年7月20日(火)13時30分から、SDGsの取組に興味がある企業、6次産業化・地産地消などに取り組む事業者・個人・企業・自治体などを対象としたオンラインセミナーを開催します。
公開: 2021-07-12 16:25:58
弊社が主催するまたは出演するセミナー・講演の今後の予定です。
公開: 2014-05-01 23:33:46
日時:平成26年6月24日(火)午後3:00~5:00、会場:サンパール荒川(荒川区民会館)4階第2集会室荒川区荒川1-1-1 セントラル荒川ビル9階、主催:東京商工会議所荒川支部
公開: 2014-05-01 23:11:38
地域活性化の切り札として、いま地域ブランド戦略に取り組むケースが急増しています。ブランド戦略に取り組む行政や団体、事業者のニーズに対応した具体的な研修プランです。
公開: 2011-09-15 00:00:00
最新記事
日本各地の盆踊りなどのうち、国指定重要無形民俗文化財として登録されている41件を、「風流踊」としてユネスコの無形文化遺産に登録されることが決まった。
公開: 2022-12-01 18:36:12
地域ブランド調査2022より、市区町村の魅力度ランキングを、上位100位まで公開する。1位は札幌市、2位は京都市、3位は函館市、4位は横浜市、5位は小樽市となった。
公開: 2022-12-01 17:21:42
1000の市区町村を対象に調査した「市区町村 魅力度ランキング」。前年からの伸びが1位となったのは熊本県「阿蘇市」、2位は兵庫県「神戸市」、3位は岐阜県「高山市」。その中から1位「阿蘇市」の魅力に迫る、連載:地域ブランド分析の第6弾。
公開: 2022-11-28 10:55:00
地域ブランド調査2022の中で、都道府県魅力度ランキングで最下位脱出となった茨城県。茨城県の魅力を改めて紹介するとともに、同県のブランド力の強みを分析した
公開: 2022-11-20 23:36:00
地域ブランド調査2022の中で、都道府県魅力度ランキングで初の最下位となった佐賀県。なぜ同県が最下位になった理由を分析してみた
公開: 2022-11-17 17:15:23

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル