MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
7/29 6次産業化・地産地消セミナー</BR>「新しい生活様式での地域ブランド・商品のあり方」

7/29 6次産業化・地産地消セミナー
「新しい生活様式での地域ブランド・商品のあり方」

株式会社ブランド総合研究所(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中章雄)は、2021年7月29日(木)14時から、6次産業化・地産地消などに取り組む事業者・個人・企業・自治体などを対象としたオンラインセミナーを開催します。

6次産業化・地産地消セミナー「新しい生活様式での地域ブランド・商品のあり方」

長引くコロナ禍の影響で、地域の疲弊が大きな問題となっています。また、新たな生活様式の普及により、モノに対する価値観や流通、情報においても大きく変化し、地域ブランドのあり方も変革を余儀なくされています。

本セミナーでは、昨今の生活様式の変化をわかりやすく解説し、地域資源を活かして、どのような地域ブランドを構築するべきか、新しい付加価値の考え方と、オンラインを活用した地域の魅力情報の発信方法などについて、地域ブランドの第一人者がわかりやすく解説します。

セミナー内容

6次産業化・地産地消セミナー
テーマ:「新しい生活様式での地域ブランド・商品のあり方」
       ~地域の新しい付加価値化と、魅力の発信法~
日 時: 2021年7月29日(木)14:00~15:00
実施方法: オンライン (ZOOMにて配信)
参加費: 無料
対 象: 地域資源で新しい付加価値をつけたいと考えている農林漁業者、6次産業化、地産地消に取り組んでいる団体・個人・企業・自治体などの方
定 員:  50名 (先着順受付)
締 切:  2021年7月29日(水)12:00
※定員に達した際は事前に締め切る場合があります。
※ZOOMの画面OFF、マイクをミュートにしてご参加ください。

申込方法: こちらからお申込みください

※内容は一部変更になる場合があります。

講師紹介

田中章雄(たなかあきお) 株式会社ブランド総合研究所 代表取締役

東京工業大学理学部卒、1984年に日経BP社入社。雑誌記者や新規雑誌および新規事業の開発と編集記者を担当。開発部次長、調査次長を経て、2001年日経BPコンサルティング調査部長に就任。
2003年に日本ブランド戦略研究所を設立し、代表取締社長就任。
地域ブランド調査や地域版SDGs調査、関係人口の意識調査などの大規模調査を数多く設計・開発した。
特許庁知財窓口や中小企業基盤整備機構、農水省などの専門家として年間数十件のアドバイスを実施。
地域団体商標や地域ブランドに関する普及・啓発活動が評価されて2008年に経済産業省より「知財功労賞 経済産業大臣表彰」を受賞。
省庁や地自体の地域ブランドに関する各種委員のほか、一般社団法人日本フードバリアフリー協会代表理事、食農体験ネットワーク協議会代表などを兼任。
日経新聞、週刊ダイヤモンド、月刊商工会、農業新聞等に連載していた他、日本テレビ「秘密のケンミンshow」やNHK「地域の底力」、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」などテレビ番組にも多数出演している。

この記事のライター
関連するキーワード
関連記事
株式会社ブランド総合研究所(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中章雄)および農業生産法人(有)伊豆沼農産(本社:宮城県登米市、会長:伊藤秀雄)は、2021年7月20日(火)13時30分から、SDGsの取組に興味がある企業、6次産業化・地産地消などに取り組む事業者・個人・企業・自治体などを対象としたオンラインセミナーを開催します。
弊社が主催するまたは出演するセミナー・講演の今後の予定です。
日時:平成26年6月24日(火)午後3:00~5:00、会場:サンパール荒川(荒川区民会館)4階第2集会室荒川区荒川1-1-1 セントラル荒川ビル9階、主催:東京商工会議所荒川支部
地域活性化の切り札として、いま地域ブランド戦略に取り組むケースが急増しています。ブランド戦略に取り組む行政や団体、事業者のニーズに対応した具体的な研修プランです。
最新記事
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
福島県では、首都圏の若い世代に本県が抱える地域課題の解決に協力してもらうことを通じて、関係人口の創出を図る「ふくしま夢実現クエスト事業」を実施しており、本プロジェクトのスタートアップである「第1回ふくクエ応援会議」を都内の会議室で開催しました。
都道府県魅力度ランキングでおなじみの「地域ブランド調査2021」の結果を発表。北海は13年連続1位。1000市区町村の魅力度では札幌市は9年ぶり1位。コロナ禍で地域への関心度が高まり、多くの地域で魅力度が上昇した。
「地域ブランド調査2021」の結果から、47都道府県の魅力度ランキングの結果です。1位は北海道で都道府県の調査開始から13年連続の1位。2位以下は京都府、沖縄県、東京都、大阪府、神奈川県、福岡県、長崎県、奈良県の順で、10位は長野県と石川県でした。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル