MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
【オンラインセミナー】マーケティングリサーチ基礎セミナー~アンケート作成のポイントやタブー、サンプル数と信頼性とは?~

【オンラインセミナー】マーケティングリサーチ基礎セミナー~アンケート作成のポイントやタブー、サンプル数と信頼性とは?~

セルフ型アンケートツール「freeasy」を運営するアイブリッジ株式会社が開催するオンラインセミナー(zoom live)に、弊社ブランド総合研究所 代表取締役 田中章雄が、登壇します

【オンラインセミナー】マーケティングリサーチ基礎セミナー~アンケート作成のポイントやタブー、サンプル数と信頼性とは?~

セルフ型アンケートツール「freeasy」を運営するアイブリッジ株式会社が開催するオンラインセミナー(zoom live)に、弊社ブランド総合研究所 代表取締役 田中章雄が、登壇します。
「いまさら聞けない」ことや「注意するポイント」まで、マーケティングリサーチの基礎が学べるセミナーです。
企業、自治体、個人の方など、普段オンラインでセミナーを聴講したことがない方など、無料で100名様まで受付ていますので、お気軽に参加してください。(同業同種はお断りさせていただく場合がございます)

セミナーの詳細・申込はアイブリッジ株式会社の公式ページよりご応募ください

開催概要

セミナー:【オンラインセミナー】マーケティングリサーチ基礎セミナー
     ~アンケート作成のポイントやタブー、サンプル数と信頼性とは?~
配信日時:2020年8月6日(木)14:00~15:00   
     ※10分前からログイン可能です
参 加 費:無料
申込方法 :事前申込
     ※締め切り :2020年8月6日(木)12:00
主  催:アイブリッジ株式会社
定  員:100名
注意事項:※講演内容の一部が予告なく変更となる場合がありますので予めご了承くださいませ。
     ※同業種・個人のお断りする場合がございますのでご了承くださいませ。

講師紹介

株式会社ブランド総合研究所 代表取締役 田中 章雄
1959年福井県生まれ、東京工業大学理学部卒業。日経BP社に入社し、雑誌記者、新雑誌の企画、新事業開発などを担当。開発部次長、調査部次長、日経BPコンサルティング調査部長、日本ブランド戦略研究所代表取締役社長などを経て、2005年11月に地域ブランドおよび企業ブランドの戦略立案、調査、PR、商品開発などに総合的に取り組む「ブランド総合研究所」を新たに設立し、代表取締役社長に就任。一般社団法人日本フードバリアフリー協会代表理事。

地域ブランドの提唱者であり、第一人者。テレビ番組「秘密のケンミンSHOW」出演。全国各地で地域活性化のための研修会など実績多数。日経BP 在籍時は企業イメージ調査やブランド・ジャパン等、大規模調査を考案。大手飲料メーカー、電子メーカーや家電メーカーなどの調査を数多く実施。現在は年間で100件以上の調査を行っています。

この記事のライター
関連記事
セルフ型アンケートツール「freeasy」を運営するアイブリッジ株式会社が開催するオンラインセミナー(zoom live)に、弊社ブランド総合研究所 代表取締役 田中章雄が、登壇します。
セルフ型アンケートツール「freeasy」を運営するアイブリッジ株式会社が開催するオンラインセミナー(zoom live)に、弊社ブランド総合研究所 代表取締役 田中章雄が、登壇します。
2021年2月16日(火)に食育に関心のある方を対象とした、参加費無料のフォーラムを開催いたします。オンラインセミナー(ウェビナー)も同時開催します。(主催:農林水産省)
株式会社ブランド総合研究所は、農林水産省の「令和2年度花きの新需要開拓につながるビジネスモデル事業化可能性調査事業」の一環として、オフィス・仕事場に花を飾るという体験をしていただくモニター企業を募集します(最大5社・無料、11月13日募集締切)。
株式会社ブランド総合研究所は、農林水産省の「令和2年度花きの新需要開拓につながるビジネスモデル事業化可能性調査事業」の一環として、ご家庭で花を飾る、大切な人に花を贈るという体験をしていただくモニターを募集します(80名・無料、11月4日募集締切)。
最新記事
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
福島県では、首都圏の若い世代に本県が抱える地域課題の解決に協力してもらうことを通じて、関係人口の創出を図る「ふくしま夢実現クエスト事業」を実施しており、本プロジェクトのスタートアップである「第1回ふくクエ応援会議」を都内の会議室で開催しました。
都道府県魅力度ランキングでおなじみの「地域ブランド調査2021」の結果を発表。北海は13年連続1位。1000市区町村の魅力度では札幌市は9年ぶり1位。コロナ禍で地域への関心度が高まり、多くの地域で魅力度が上昇した。
「地域ブランド調査2021」の結果から、47都道府県の魅力度ランキングの結果です。1位は北海道で都道府県の調査開始から13年連続の1位。2位以下は京都府、沖縄県、東京都、大阪府、神奈川県、福岡県、長崎県、奈良県の順で、10位は長野県と石川県でした。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル