MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
連載・ご当地世界一 ~第17回・石川県~

連載・ご当地世界一 ~第17回・石川県~

様々な世界一を認定しているギネス世界記録。日本各地で、バラエティ豊かな世界一が沢山生まれています。昔からある自然や祭り、住民が力を合わせた活気あふれる挑戦・・・地域の魅力を伝える世界一を、都道府県ごとにご紹介。第17回は石川県から。

Largest display of solar-powered LEDs(太陽光LEDライトの最多展示)

白米千枚田の風景

LEDライトで照らされた白米千枚田

美しいライトで浮かび上がっているのは、輪島市にある棚田、白米千枚田(しろよねせんまいだ)。

棚田とは、急傾斜の斜面に開発された水田のこと。全国的に耕作放棄が問題となっていたが、1999年に農林水産省が「日本の棚田百選」を認定するなど、保全推進が見直されており、最近では「日本の原風景を堪能できて癒される」として、観光名所にもなっている。

輪島市白米町の棚田も、同百選や、「世界農業遺産」に認定されている。小さな田が多数あることから「千枚田」と呼ばれており、階段状に続く水田の先には日本海が広がり、四季折々の美しい自然の姿が楽しめる絶景である。

傾斜地にある狭い田には機械が入らず、田植えや稲刈りといった作業は人の手を必要とする。輪島市では、棚田オーナー制度を導入し、高齢化や後継者不足に対応する作業人員を確保して棚田の景観を守るとともに、稲作体験を通じて、参加者の米作りへの関心向上や、地元農家との交流を促進している。

また、稲刈りが終わり客足が遠のいてしまいがちな冬の棚田を楽しんでもらうため、イルミネーションで夜の棚田を彩る「あぜのきらめき」イベントを2011年から毎年実施。2万個を超えるライトは昼間の太陽光エネルギーで充電、暗くなると発光する仕組みで、毎年多くのボランティア「ほたるびと」の協力で設置されている。

2012年には、このイルミネーションでの使用ライト個数が20,461個で世界一となり、ギネス世界記録に認定されている。2019年度の「あぜのきらめき」では、約25,000個のライトが夜の棚田を彩った。

詳細記事はこちら


※この記録は更新されています

記録保持者:輪島市
記録認定日:2012年11月10日
場所:輪島市 白米千枚田

石川県の世界一、いかがでしたでしょうか。

さて、次回は、福井県の世界一を特集します。

第16回・富山県の記事はこちら


※ご紹介している記録は、各認定日時点での世界一です。現在は更新されている可能性があります。

この記事のライター
関連記事
2021年3月21日、黒部市国際文化センターコラーレ(富山県黒部市)で開館25周年を祝う記念イベントとして、「塗り絵」を3,166枚並べて列を作り、ギネス世界記録を達成した。
様々な世界一を認定しているギネス世界記録。日本各地で、バラエティ豊かな世界一が沢山生まれています。昔からある自然や祭り、住民が力を合わせた活気あふれる挑戦・・・地域の魅力を伝える世界一を、都道府県ごとにご紹介。第20回は長野県から。
様々な世界一を認定しているギネス世界記録。日本各地で、バラエティ豊かな世界一が沢山生まれています。昔からある自然や祭り、住民が力を合わせた活気あふれる挑戦・・・地域の魅力を伝える世界一を、都道府県ごとにご紹介。第19回は山梨県から。
様々な世界一を認定しているギネス世界記録。日本各地で、バラエティ豊かな世界一が沢山生まれています。昔からある自然や祭り、住民が力を合わせた活気あふれる挑戦・・・地域の魅力を伝える世界一を、都道府県ごとにご紹介。第18回は福井県から。
新型コロナウイルスの影響で、外出自粛を余儀なくされて早数ヶ月。楽しみにしていたイベントは軒並み中止で、みんなで集まって楽しめる日はいつ来るのやら・・・そんな寂しい思いをしている皆さん、オンラインで力を合わせて世界記録にチャレンジしてみませんか!?
最新記事
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
福島県では、首都圏の若い世代に本県が抱える地域課題の解決に協力してもらうことを通じて、関係人口の創出を図る「ふくしま夢実現クエスト事業」を実施しており、本プロジェクトのスタートアップである「第1回ふくクエ応援会議」を都内の会議室で開催しました。
都道府県魅力度ランキングでおなじみの「地域ブランド調査2021」の結果を発表。北海は13年連続1位。1000市区町村の魅力度では札幌市は9年ぶり1位。コロナ禍で地域への関心度が高まり、多くの地域で魅力度が上昇した。
「地域ブランド調査2021」の結果から、47都道府県の魅力度ランキングの結果です。1位は北海道で都道府県の調査開始から13年連続の1位。2位以下は京都府、沖縄県、東京都、大阪府、神奈川県、福岡県、長崎県、奈良県の順で、10位は長野県と石川県でした。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル