MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
札幌市「たべLABOマルシェ11/20」フォーラム登壇

札幌市「たべLABOマルシェ11/20」フォーラム登壇

地方独立行政法人北海道立総合研究機構主催。最新の技術で研究開発した長期保存の果物やゲスト講師による特別講演、ホテルシェフとコラボした試食ビュッフェなど北海道のトレンドとなる食がわかる「たべLABOマルシェ」が開催される。

地方独立行政法人北海道立総合研究機構は、2019年11月20日(水)に、札幌市内にて、最新の技術で研究開発した長期保存の果物やゲスト講師による特別講演、ホテルシェフとコラボした試食ビュッフェなど北海道のトレンドとなる食がわかる「たべLABOマルシェ」を開催する。「北海道の未来を研究でもっとよくしたい!」道総研が取り組んできた食の研究が集まり、当日は、株式会社ブランド総合研究所の田中章雄も特別講演に登壇する。

内容

日時:2019年11月20日(水)12:00~16:00
場所:札幌ビューホテル大通公園 B2F 特設会場(北海道札幌市中央区大通西8丁目)
google map
参加費:入場無料

★研究の成果を実食できる「たべLABOビュッフェ」は先着400名まで(13:00~14:45)

対象:六次化に興味がある方、新商品を開発したい方、素材のことを知りたい加工業者の方、研究の種を持っている方、
北海道の食が好きな方

「特別講演」食のセミナー

1. 12:30~13:30「令和時代の消費者ニーズのつかみ方」
(株)ブランド総合研究所 代表取締役社長 田中章雄

2. 14:30~15:30「その町らしさを伝える商品づくり」
(株)at LOCAL  代表取締役 堀田悠希氏

「ミニステージトーク」ここでしか聞けない研究開発エピソード!?



1.12:15~ 「道産とうきび粉」のビジネスを全部公開します!
2.13:00~ レアフルって何?(生産者とコラボでがっちり)
3.13:45~ おいしい!ヘルシー鹿肉ジンギスカンと道産きのこの加工食品の魅力
4.14:00~ 道産野菜を新鮮なまま届けたい-SDGsにも貢献!?-
5.15:15~たくさんあるぞ「水産資源」-食卓にもっと魚を-
★MC 土上 朋子氏

「企業コラボ研究コーナー」あなたも道総研とコラボしませんか?
「たべLABOビュッフェ」注目の食シーズをシェフがアレンジ(400食限定)

参加申込み方法


参加申し込みフォームはこちら
申込み締切 11月13日(水) (お早めにお申し込みください)
メール、電話、FAXでのお問い合わせは下記までお願いいたします。
担当:三澤 
メール:misawa-tomoo★hro.or.jp (★を@に変更して送信してください)
電話:011-747-2809  FAX:011-747-0211

この記事のライター
T.Yama

東京都大田区生まれ。愛知県知立市、三重県四日市市育ちです。押しのご当地キャラは四日市市のこにゅうどう君です。

関連記事
マーケティングリサーチの基礎、サンプリング理論、アンケートのタブー等、アンケートを作成する上で押さえておきたいポイントが学べるネットリサーチの基礎セミナーが東京都渋谷区にて2019年12月5日(木) 14:00に開催される。
マーケティングリサーチ基礎セミナーが東京都内にて開催され、弊社代表の田中章雄が講師として登壇した。~多変量解析基礎を学ぼう!調査結果から予測する方法~
誰でもわかる!インターネット調査の基礎15年以上に渡りインターネットリサーチを展開するアイブリッジ株式会社は、5月29日(水)マーケティングの基礎を学ぶ無料セミナーを開催します。アンケートの調査設計や回収数を決める際、不安に思うことはありませんか?
地域のさらなる発展のために~新しい魅力創りとより良い活用方法~公益社団法人高崎青年会議所では、魅力度が高い地域や低い地域の現状を踏まえ、どのような魅力があれば人の流れに繋がるのかについて学ぶことを目的に5月第一例会を開催する。
宇都宮ブランド推進協議会は、2019年3月5日(火)から開催されるアジア最大級の食品・飲料専門展示会「FOODEX JAPAN 2019」にて、宇都宮の食の魅力について解説する特別セミナー「餃子だけではない、世界に向けて進化する宇都宮市 ~食をキッカケに街の魅力度がアップした理由を紐解く~」を実施し、(株)ブランド総合研究所 代表取締役社長 田中章雄が登壇する。
最新記事
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
福島県では、首都圏の若い世代に本県が抱える地域課題の解決に協力してもらうことを通じて、関係人口の創出を図る「ふくしま夢実現クエスト事業」を実施しており、本プロジェクトのスタートアップである「第1回ふくクエ応援会議」を都内の会議室で開催しました。
都道府県魅力度ランキングでおなじみの「地域ブランド調査2021」の結果を発表。北海は13年連続1位。1000市区町村の魅力度では札幌市は9年ぶり1位。コロナ禍で地域への関心度が高まり、多くの地域で魅力度が上昇した。
「地域ブランド調査2021」の結果から、47都道府県の魅力度ランキングの結果です。1位は北海道で都道府県の調査開始から13年連続の1位。2位以下は京都府、沖縄県、東京都、大阪府、神奈川県、福岡県、長崎県、奈良県の順で、10位は長野県と石川県でした。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル