MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
本田技研工業埼玉製作所2,000人でクラッカー、ギネス世界記録更新

本田技研工業埼玉製作所2,000人でクラッカー、ギネス世界記録更新

本田技研工業は、2015年12月6日埼玉製作所(狭山、小川、寄居)で地域住民参加型のイベント「ウィンターフェスティバル」を開催し、イベントの一環でギネス世界記録への挑戦を行い、新たに世界記録を達成した。

本田技研工業株式会社 埼玉製作所は、2015年12月6日埼玉製作所(狭山、小川、寄居)で地域住民参加型のイベント「ウィンターフェスタ」を開催し、イベントの一環でギネス世界記録への挑戦を行い、新たに世界記録を達成した。

今回挑戦したギネス世界記録は、パーティクラッカーを同時に鳴らす人数を競う「Most people popping party poppers」。
これまでの世界記録は1,537人と大きな記録となっているが、当日参加したのは社員やその家族、そして地域の住民、計1,957人が集まった。

これだけの人数になると、人数を計測するために入場だけで1時間30分程度の時間がかかってしまい、更に気温も下がる一方ではあったが、途中で棄権した人はおらず、全員で挑戦することができた。

そして、審査にたちあったギネス世界記録公式認定員から「3,2,1,Go!」のスタートの合図にあわせクラッカーが鳴らされる。
合図から5秒以内に鳴らさなければならず、それ以降に鳴らしてしまった人や、クラッカーが破裂しなかった人は失格となる。

最後に全員のクラッカーが1つ1つチェックが行われ、公式認定員から発表された人数は「1,944人」、本田技研工業株式会社 埼玉製作所と地域の住民が協力して新たなギネス世界記録を達成した。

記録名:「Most people popping party poppers」(同時にパーティークラッカーを鳴らした最多人数)
記録:1,944人
認定日:2015年12月6日

(文責:平野 佑 ブランド総合研究所 世界記録コーディネーター/アナリスト)

この記事のライター
関連記事
人口減少が歯止めをきかない中で、千葉県流山市では、毎年人口が増えている。とくに、年齢別人口では、30~40歳の「働き盛り」の層が最も多く増え、子どもの数が純増している。
公開: 2020-03-25 16:30:41
宇都宮市は、「餃子の街」として、益々のイメージ強化を図るため、宇都宮市在住の外国人や、インバウンド客の視点から、宇都宮の魅力を発信をしてもらうため、日本で唯一の"餃子"協同組合である「宇都宮餃子会」が運営する「来らっせ」本店(常設店舗)にてPRイベントをおこないます。
公開: 2019-09-24 13:26:20
内各地の魅力を発信し、地域の観光振興につなげる取組として、都内各地の観光協会等の街歩きツアーを集めたイベントが開催される。歴史・文化・自然から話題のスポット&グルメまで、地域を愛するガイドやその道のプロなど、個性豊かなガイドが魅力溢れる東京を味わえる。
公開: 2019-08-22 12:03:00
我孫子市の魅力発信室長が、大学院を卒業。修士論文のテーマ「関東圏 5 都県(東京都・千葉・神奈川・埼玉・茨城)自治体シティプロモー ション実態調査」の結果をまとめた。自治体との情報共有を図るため、我孫子市ホームページで公開中。
公開: 2019-08-15 16:15:00
9月30日、埼玉県草加市で「Largest rice cracker mosaic (image)」(最も大きなライスクラッカーモザイク(イメージ))の挑戦が行われました。
公開: 2018-10-02 11:39:41
食農体験ネットワーク協議会(事務局:ブランド総合研究所(所在地:東京都港区虎ノ門))では、WEBサイトのリニューアルにともない食農体験を実施している団体・農園等の情報を募集開始します。(サイト掲載は無料です)
公開: 2021-04-16 13:02:00
ブランド総合研究所では、地域活性化につながる調査や事業に取り組むスタッフを募集します。 行政や自治体、関連機関と一緒に仕事をすることが多いため、地域のことを真剣に考え、戦略的に挑戦できる人を求めています。
公開: 2021-04-15 09:58:00
テレワークの普及に伴って、「ワーケーション」に関心が集まっている。地方にとっては都市部と行き来する「関係人口」の拡大により、活性化や将来の定住が期待できる。
公開: 2021-04-07 17:13:00
「ポケットモンスター」のキャラクターがデザインされた京都市オリジナルのマンホール蓋「ポケふた」を市内の公園に設置。
公開: 2021-03-30 17:00:38
入間市は、「まちの活気を守る事業」のひとつとして、狭山茶の主産地である入間市独自のお茶殻入り紙製マスクケースを作製。市内の公共施設等に設置し、配布している。
公開: 2021-03-30 16:32:04

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
調査購入
調査依頼
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
関係人口
ギネス世界記録にチャレンジ
企業版SDGs
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
観光
食農体験ネットワーク協議会
メルマガ
get_app
ダウンロードする
キャンセル