MENU
第2回都道府県版SDGs調査2020 7月29日結果発表
「地面に描かれたチョークアートの最大展示数」ギネス世界記録更新/富山県魚津市

「地面に描かれたチョークアートの最大展示数」ギネス世界記録更新/富山県魚津市

ギネス世界記録に認定されるためには、全てのアートが出来上がった段階で5分間の展示時間を設けることが条件。最後まで絵の制作のため残っていた家族連れやスタッフが緊張の面持ちで見守る中、ギネスワールドレコーズの公式認定員により展示時間の計測が行われ、これまでの記録だった171枚を大幅に上回る308枚と

地面にチョークで絵を描き、一定時間以上展示を行うというギネス世界記録への挑戦イベントが12日、富山県魚津市のミラージュランドで行われた。1100人の市民が集まって1.5平米の枠内に魚津市の特産物の絵を描き、308枚で認定された。

この挑戦は、魚津商工会議所青年部が創立40周年を記念して企画したもの。市民に魚津市への愛着を持ってもらい、さらに魚津市の魅力を外に向けて発信できる挑戦内容を検討した結果、チョークアートを描く記録への挑戦を決めた。

当日は、集まった参加者を3~4人のグループに分け、各々の考える「魚津市の特産物」を描いてもらった。リンゴやブドウなどの果物や、イカ、ブリ、カニなどの海産物のほか、魚津名物の蜃気楼をモチーフにしたキャラクター「ミラたん」の姿を描く親子も多く見られた。

路面が見えないようにチョークで満遍なく塗りつぶさなくてはならないというルールがあり、最後の仕上げに悪戦苦闘するグループも多く見られたが、最後にはカラフルなアートが辺りを埋め尽くした。

ギネス世界記録に認定されるためには、全てのアートが出来上がった段階で5分間の展示時間を設けることが条件。最後まで絵の制作のため残っていた家族連れやスタッフが緊張の面持ちで見守る中、ギネスワールドレコーズの公式認定員により展示時間の計測が行われ、これまでの記録だった171枚を大幅に上回る308枚という記録が世界一と認定された。

参加者からは、これまでにない良いイベントだったという満足の声が多数主催者に寄せられている。主催者は今後、チョークアートの写真をウェブサイト等で紹介し、魚津市のPRに繋げていきたい考えだ。



 



記録名:Largest display of chalk pavement art
記録(数):308枚
認定日:2014年10月12日

この記事のライター
地域ブランド調査2019(総合)
関連記事
2016年11月5日、愛知県北名古屋市で「Most people spinning tops simultaneously(同時にこまを回した最多人数)」というギネス世界記録挑戦が行われ、見事記録達成しました。
公開: 2016-11-07 16:18:20
2016年10月30日、富山県小矢部市で新しいギネス世界記録が誕生しました。挑戦したカテゴリは「Largest armed-linked toast」(最も多くの人数で行った腕組み乾杯)で、2015年9月に中国で達成された900人を超えることが目標でした。
公開: 2016-11-01 10:55:10
石川県輪島市の白米千枚田では、10月15日(土)から大規模なイルミネーションイベント「あぜのきらめき」を開催する。棚田のあぜに21,000個のソーラーLEDを設置。ライトは日没後に自動で点灯し、30分ごとに色が切り替わるもので、光の移り変わりを楽しめる。期間は来年3月12日(日)まで。期間中は無休。
公開: 2016-10-06 15:44:40
中部経済産業局は、愛知県、石川県で「中部ふるさと名物普及シンポジウム」を開催する。地域経済を大きく活性化させるため、「地域資源」を活用した「ふるさと名物」をテコにし、地域ぐるみの取組を促進することを目的として開かれるもの。
公開: 2015-06-09 13:56:21
新型コロナの影響で帰省や旅行に行けないこの夏。首都圏にある各道県のアンテナショップで旅行気分を楽しんでみませんか? 株式会社ブランド総合研究所は各アンテナショップと共同で「GoGo!アンテナショップ」キャンペーンを展開します。
公開: 2020-08-07 16:42:00
株式会社ブランド総合研究所は、このたび60歳以上のシニアで、デジタル化に気後れしていると危機感を持っている人を対象とした「スマスマホと帰省」についての調査をインターネットを利用して実施しました(調査時期:2020年7月、総回収数1124人)。
公開: 2020-08-05 14:16:00
株式会社ブランド総合研究所は、このたび全国の消費者約1万人を対象として、GoToトラベルキャンペーンに関する意識&ニーズ調査を実施しました(調査時期:2020年7月17日~21日)。
公開: 2020-08-03 13:14:00
株式会社ブランド総合研究所は、このたび住民目線による地域の持続性評価、悩みや不満、および幸福度や定住意欲度に関する「第2回都道府県SDGs調査2020」を実施しました。住民によるSDGs取組評価1位は鳥取県、2位は熊本県。幸福度1位は宮崎県が2年連続。地域の持続性を求める声が多い結果となりました。
公開: 2020-07-29 12:00:00
ブランド総合研究所は、2020年6月に「第2回都道府県SDGs調査2020」を実施した。約1万6千人の回答数を得て、地域の持続性を再評価する。 「自分の地域が社会や環境に配慮していると思うか?」という設問を新設し、住民による都道府県のSDGs評価指数としてランキングを発表するとともに解説を行う。
公開: 2020-07-29 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
観光
ギネス世界記録にチャレンジ
企業版SDGs
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
サブスク
食農体験ネットTaabel
メルマガ