MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
スマホユーザーの7割以上が「今まで以上に手厚いサポートサービスを切望」

スマホユーザーの7割以上が「今まで以上に手厚いサポートサービスを切望」

株式会社ブランド総合研究所では、2013年6月14日から6月17日にかけて、スマートフォンユーザーの疑問・不安、その対策としてサポートサービスに関する意識についてインターネット調査を実施しました。 (2013年6月25日)

【プレスリリース】

急速なスピードで普及し、世代を問わず利用者を増やし続けるスマートフォン。しかし、ユーザー増加の一方で、ハイスペックな機能や複雑な操作方法などについていけず、疑問・不安を抱えるユーザーも増加しています。

株式会社ブランド総合研究所では、2013年6月14日から6月17日にかけて、スマートフォンユーザーの疑問・不安、その対策としてサポートサービスに関する意識についてインターネット調査を実施しました。その結果、85%ものユーザーがスマートフォン利用時に不安を覚え、73.9%と利用者の4人に3人が「企業からのサポートをより充実して欲しい」と回答しました。 (2013年6月25日)



調査結果、及び調査概要については下記の通りです。

■調査結果サマリー

■ 85%のユーザーが利用時に不安を覚えた経験あり
中高年層だけでなく、若年層においてもスマホ利用で不安を覚える人が多い結果に

■ 約6割は疑問・不安を解決できず、あきらめてしまった経験あり
うち、4人に3人が「誰にも相談できなかった」経験があると回答

■ 疑問・不安の解決法~若年層はネットで検索、高齢層は自分自身で試行錯誤~
企業によるサポートの利用は「店頭での相談」、「ホームページの閲覧」が多い

■ 7割強の人が今後、スマートフォン利用のサポートサービス充実に期待
ユーザーが求めているのは
1位「メール・電話でいつでも相談できる」、2位「担当者が違っても今までの相談内容を把握してくれている」

調査結果詳細は下記のPDFファイルをご参照ください。

スマートフォン利用者のサポートニーズに関する意識調査

■ 調査概要


  • 調査名    スマートフォン利用者のサポートニーズに関する意識調査

  • 方 法     インターネット調査

  • 調査対象者  スマートフォンを利用している20代から60代の消費者

  • 有効回答数  1,186人 (20代224人、30代245人、40代243人、50代239人、60代235人)

  • 調査時期   2013年6月14日~6月17日

  • 調査主体   株式会社ブランド総合研究所

  • 調査協力   アイブリッジ株式会社


<本件に関するお問合せ先(メディアおよび読者とも)>

株式会社ブランド総合研究所 安田

この記事のライター
関連記事
ブランド総合研究所では、事業拡大に伴い、新スタッフを以下の要領で募集します。募集するのは、正社員(若干名)とアシスタント(1名)で、募集期間は9月30日まで。
ブランド総合研究所・世界記録サポート窓口では、ギネス世界記録に挑戦したい方、挑戦事例を知りたい方に向けて情報提供するメールマガジンの発行を始めます。創刊号の発行は5月12日(月)を予定しています。購読は無料。購読希望の方は、世界記録サポート窓口のウェブサイト又はメール(tryG@tiiki.jp)
最新記事
2021年11月23日、愛知県岩倉市で新たなギネス世界記録が生まれました。 挑戦した記録は「Largest display of origami carp streamers (koinobori)」。挑戦は岩倉市制50周年を記念したイベントの一環で行われました。
一般社団法人パイオニズム、ソフトバンク株式会社およびヤフー株式会社は、「Next Action→ Social Academia Project」を2021年3月に発足させ、現在、ブースタークラスの参加者を募集している。
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
福島県では、首都圏の若い世代に本県が抱える地域課題の解決に協力してもらうことを通じて、関係人口の創出を図る「ふくしま夢実現クエスト事業」を実施しており、本プロジェクトのスタートアップである「第1回ふくクエ応援会議」を都内の会議室で開催しました。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル