MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
地域ブランド調査2011 上位100市区町村ランキング

地域ブランド調査2011 上位100市区町村ランキング

上位100市区町村の魅力度ランキングは以下の通り。

上位100市区町村の魅力度ランキングは以下の通り。

市町村の魅力度ランキングの結果は、今回の調査で1位となったのは札幌市で、スコアは57.0点。昨年に引き続き2年連続となった。

2位に函館市、6位に富良野市、8位に小樽市と北海道の市が上位10市中、4市ランクインした。また、上位50位以内には、旭川市(21位)、帯広市(32位)、釧路市(33位)、登別市(44位)と計8市がランクインしている。

上位50位以内では、横浜市(4位)、鎌倉市(7位)、箱根町(26位)、横須賀市(30位)、茅ヶ崎市(45位)と神奈川県の5市町がランクインし、石垣市(11位)、那覇市(13位)、沖縄市(15位)、宮古島市(27位)、与那国町(47位)と沖縄県も5市町がランクインしている。

上位100市区町村ランキングのダウンロードはコチラから:PDFデータはこちらから


「地域ブランド調査2011」トップページへ

この記事のライター
関連するキーワード
関連記事
以下のランキング表は、各自治体が、「スポーツのまち」としてどれくらい想起されているのか、その想起率を高い順に並べたもの。その結果、1位はモータースポーツの盛んな鈴鹿市で26.7%。次いで磐田市(サッカー)が25.6%、鹿嶋市(サッカー)が17.0%という結果となった。
公開: 2011-10-31 10:22:58
以下のランキング表は、温泉地を抱える自治体が、「温泉のまち」としてどれくらい想起されているのか、その想起率を高い順に並べたもの。その結果、1位は別府市(別府温泉)で50.9%。次いで登別市(登別温泉)が42.2%、熱海市(熱海温泉)が41.7%という結果となった。
公開: 2011-09-27 10:50:32
地域ブランド調査2011において、各都道府県内の市区町村のランキング(上位10市区町村)を以下に示す。
公開: 2011-09-07 08:50:41
最新記事
日本各地の盆踊りなどのうち、国指定重要無形民俗文化財として登録されている41件を、「風流踊」としてユネスコの無形文化遺産に登録されることが決まった。
公開: 2022-12-01 18:36:12
地域ブランド調査2022より、市区町村の魅力度ランキングを、上位100位まで公開する。1位は札幌市、2位は京都市、3位は函館市、4位は横浜市、5位は小樽市となった。
公開: 2022-12-01 17:21:42
1000の市区町村を対象に調査した「市区町村 魅力度ランキング」。前年からの伸びが1位となったのは熊本県「阿蘇市」、2位は兵庫県「神戸市」、3位は岐阜県「高山市」。その中から1位「阿蘇市」の魅力に迫る、連載:地域ブランド分析の第6弾。
公開: 2022-11-28 10:55:00
地域ブランド調査2022の中で、都道府県魅力度ランキングで最下位脱出となった茨城県。茨城県の魅力を改めて紹介するとともに、同県のブランド力の強みを分析した
公開: 2022-11-20 23:36:00
地域ブランド調査2022の中で、都道府県魅力度ランキングで初の最下位となった佐賀県。なぜ同県が最下位になった理由を分析してみた
公開: 2022-11-17 17:15:23

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル