MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
地域ブランド調査2021 調査対象希望の町村を受付中(6 /4迄)

地域ブランド調査2021 調査対象希望の町村を受付中(6 /4迄)

株式会社ブランド総合研究所は「地域ブランド調査2021」を、本年6月から7月にかけて実施する予定です。調査に先立ち、町村で調査対象をご希望の自治体様に対して調査エントリーの募集をいたします。

株式会社ブランド総合研究所(本社:東京都港区虎ノ門1-8-5、代表取締役:田中章雄)では、国内の1,000市区町村及び47都道府県の地域名称を対象に、各地域のイメージ形成を把握する消費者調査「地域ブランド調査2021」を、本年6月から7月にかけて実施する予定です。

この調査での対象自治体は、国内全792市に、特別区(東京23区)、さらに地域ブランド等への取り組みに熱心な町村(185町村を想定)、そして47都道府県の合わせて1047の地域名称を調査対象を予定しています。
調査に先立ち、町村で調査対象をご希望の自治体様に対して調査エントリーの募集をいたします。応募方法は、下記所定の用紙に必要事項をご記入の上、FAX、またはe-mailで受け付けています。エントリーの受付期間は6月4日(金)迄となりますので、是非ご検討ください。
なお、調査対象のエントリーに費用は発生いたしませんが、調査で得られたデータを収録した調査報告書は別途お申込みいただき、有償でのご提供となります。

募集期間は終了しました。

参考:過去の調査での町村対象地一覧は、以下でご覧いただけます。

参考資料:地域ブランド調査2020_対象市区町村一覧

<本件に関する問合せ先>
株式会社ブランド総合研究所 (担当.安田)
Tel. 03-3539-3011(代)  Fax.03-3539-3013
E-mail:  survey2021★tiiki.jp (★を半角@に変更しお送りください)
Homepage: http://tiiki.jp

この記事のライター
関連記事
地域ブランド調査は、ブランド総合研究所が年1回実施している調査で、各地域名称の全国的な認知やイメージ形成、各行動意向等を明らかにする大規模消費者調査です。2006年にスタートし、今回の「地域ブランド調査2021」で16回目となります。
公開: 2021-09-29 23:47:30
地域ブランド調査は、ブランド総合研究所が年1回実施している調査で、各地域名称の全国的な認知やイメージ形成、各行動意向等を明らかにする大規模消費者調査です。2006年にスタートし、今回の「地域ブランド調査2021」で16回目となります。
公開: 2021-09-27 12:30:36
「地域ブランド調査2021」の対象となる地域は、47都道府県および1000市区町村です。1000市区町村は、国内全市(792市)と東京特別区(23区)と一部町村で構成されています。
公開: 2021-09-27 12:30:20
地域ブランド調査2021各種報告書をFAXでお申込みいただく場合はこちらから指定の用紙をダウンロードいただき、必要事項をご記入の上ご送信下さい。
公開: 2021-09-27 12:30:05
最新記事
日本各地の盆踊りなどのうち、国指定重要無形民俗文化財として登録されている41件を、「風流踊」としてユネスコの無形文化遺産に登録されることが決まった。
公開: 2022-12-01 18:36:12
地域ブランド調査2022より、市区町村の魅力度ランキングを、上位100位まで公開する。1位は札幌市、2位は京都市、3位は函館市、4位は横浜市、5位は小樽市となった。
公開: 2022-12-01 17:21:42
1000の市区町村を対象に調査した「市区町村 魅力度ランキング」。前年からの伸びが1位となったのは熊本県「阿蘇市」、2位は兵庫県「神戸市」、3位は岐阜県「高山市」。その中から1位「阿蘇市」の魅力に迫る、連載:地域ブランド分析の第6弾。
公開: 2022-11-28 10:55:00
地域ブランド調査2022の中で、都道府県魅力度ランキングで最下位脱出となった茨城県。茨城県の魅力を改めて紹介するとともに、同県のブランド力の強みを分析した
公開: 2022-11-20 23:36:00
地域ブランド調査2022の中で、都道府県魅力度ランキングで初の最下位となった佐賀県。なぜ同県が最下位になった理由を分析してみた
公開: 2022-11-17 17:15:23

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル