MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
宮崎県新富町産のお茶で地産地消と雇用創出、SDGs項目8「働きがいも 経済成長も」の実現へ

宮崎県新富町産のお茶で地産地消と雇用創出、SDGs項目8「働きがいも 経済成長も」の実現へ

一般財団法人こゆ地域づくり推進機構(宮崎県児湯郡新富町、代表理事:齋藤潤一、以下こゆ財団)は、宮崎県新富町の特産品の一つであるお茶(粉末茶)を原料の一部に使用したフランス生まれの焼き菓子「ラングドシャ」(Langue de chat)を開発した。地産地消と雇用創出でSDGs項目8「働きがいも 経済成長も」の実現を目指す。

宮崎県新富町産のお茶を使った訪日外国人向けスイーツが誕生。

地産地消と雇用創出でSDGs項目8「働きがいも 経済成長も」の実現へ

​一般財団法人こゆ地域づくり推進機構(宮崎県児湯郡新富町、代表理事:齋藤潤一、以下こゆ財団という)は、宮崎県新富町の特産品の一つであるお茶(粉末茶)を原料の一部に使用したフランス生まれの焼き菓子「ラングドシャ」(Langue de chat)を開発。商品名「シントミタン」として商品化され、2020年4月から、宮崎県新富町商店街の「こゆ野菜カフェ」で販売を開始する予定。
こゆ財団では「シントミタン」について、2020年4月より訪日外国人客を含む観光客向けに販路を拡大する予定で、地産地消と地域雇用の創出として、SDGs項目8「働きがいも 経済成長も」の実現を目指す。

店長自ら旬の地元産野菜を選ぶ「こゆ野菜カフェ」

こゆ野菜カフェ
https://koyu.cafe/
住所 宮崎県 児湯郡新富町富田1-21
最寄り駅 JR日向新富駅


訪日外国人に今後も増加が見込まれるお土産ニーズ。農産物の活用に活路

観光庁の訪日外国人消費動向調査によると、平成 29 年時点では、訪日外国人旅行者による日本滞在中の旅行消費額のうち、お土産等の買い物代が全体の約4割(1 兆 6,398 億円)を占めて最も多くなっているという。
また、飲食費も3番目に多く、約2割(8,857 億円)を占め、農林水産物・食品関係の土産品(菓子類、その他食料品・飲料・酒・たばこ)は 3,456 億円(対前年比 19%増)と順調に拡大している。
こゆ財団では、東京ドーム約460個分の面積にあたる農地で一年を通じて多様な農作物が収穫されている新富町において、農産物を資源とする商品開発及び販路開拓には、今後さらなる外貨獲得、地域雇用創出につなげられる可能性があると考える。

地域住民が主役の製造販売体制を構築。地域雇用創出と経済循環の実現へ

生産者を訪問する体験プラン

こゆ財団では「シントミタン」について、製造販売にかかる地域雇用の創出、お茶をはじめとする地域産業への利益循環を実現するため、2020年初夏には、町内にある空き店舗を改装した食品製造工房「新富フードラボ」を稼働する予定。
ここでは新富町産の農産物を使った菓子の製造を地域住民が主体となって実施するほか、新富町の生産者をめぐる観光体験プログラムの一つとしても活用しながら、SDGs項目8「働きがいも 経済成長も」の実現を目指すという。

<新富フードラボの活用(予定)>
・地域人材の雇用と地域事業者の指導体制を確立した製造販売
・地域の果物や野菜を使った「新富フードラボクッキングスクール」
・生産者を訪問する「新富フードラボ アグリツアー」

<一般財団法人こゆ地域づくり推進機構(こゆ財団)>
2017年4月に、持続可能な地域の実現を目指して宮崎県新富町が設立した地域商社。
「世界一チャレンジしやすいまち」というビジョンのもと、1粒1,000円のライチに代表される農産物のブランディングを通じて『特産品販売』を行い、得られた利益で『人財育成』に投資する。ふるさと納税運営業務では、2017年から2019年までの2年間で4億円から19億円まで伸ばすことに成功した。

▶︎こゆ財団HP https://koyu.miyazaki.jp
▶︎こゆ財団FB https://www.facebook.com/koyu.miyazaki/
▶︎こゆ財団人材育成事業サイト https://koyu.academy/
▶︎新富町ふるさと納税ページ(ふるさとチョイス)https://www.furusato-tax.jp/city/product/45402
▶︎新富町観光情報サイト https://koyu.media/
▶︎新富町移住情報サイト https://koyu.in/
▶︎スマート農業推進協会 https://smart-agri.co/

この記事のライター
T.Yama

東京都大田区生まれ。愛知県知立市、三重県四日市市育ちです。押しのご当地キャラは四日市市のこにゅうどう君です。

関連するキーワード
地域ブランド調査2019(総合)
関連記事
住民による都道府県の評価調査「都道府県SDGs調査2020」によると、定住意欲度が最も高かったのは北海道で、2年連続1位となった。2位には、前年9位の沖縄県、3位は福岡県となった。昨年4位の東京都は33位へと急落した。
公開: 2020-08-25 12:00:00
株式会社ブランド総合研究所は、住民目線による地域の持続性評価、悩みや不満、および幸福度や定住意欲度に関する「第2回都道府県SDGs調査2020」を実施しました。調査報告書では、定住意欲度を高めるための課題や、年代による意識の違いなど、都道府県ごとの実情を分析できます。
公開: 2020-08-24 16:10:35
住民による都道府県の評価調査「都道府県SDGs調査2020」によると、住民による愛着度が最も高かったのは北海道で2年連続。2位は沖縄県、3位は福岡県となった。岩手県は、昨年36位から今年4位へと急上昇した。
公開: 2020-08-12 16:26:00
住民による都道府県の評価調査「地域版SDGs調査2020」によると、住民の幸福度が最も高かったのは宮崎県で2年連続。2位は沖縄県、3位は大分県となった。鳥取県、京都府なども急上昇した。
公開: 2020-08-09 23:16:00
ブランド総合研究所は、2020年6月に「第2回都道府県SDGs調査2020」を実施した。約1万6千人の回答数を得て、地域の持続性を再評価する。 「自分の地域が社会や環境に配慮していると思うか?」という設問を新設し、住民による都道府県のSDGs評価指数としてランキングを発表するとともに解説を行う。
公開: 2020-07-29 12:00:00
セルフ型アンケートツール「freeasy」を運営するアイブリッジ株式会社が開催するオンラインセミナー(zoom live)に、弊社ブランド総合研究所 代表取締役 田中章雄が、登壇します。
公開: 2020-09-25 12:24:30
農林水産省の「地域活性化対策・人材発掘事業」の一環として、農村地域への移住促進と活性化のために食農体験を活用した就農体験・定住体験をする人を募集。参加料、交通・宿泊費は原則無料で定員30名を募集します。就農や移住定住希望の方はご参加ください
公開: 2020-09-15 15:31:55
2020年9月7日(月)、東京アンテナショップ連絡会主催で「東京アンテナショップ連絡会 inふくい南青山291」が開催され、各自治体アンテナショップの情報交換の場として、各アンテナショップの担当者が集まりました。
公開: 2020-09-08 13:25:00
国内1000市区町村及び47都道府県を対象に、各地域の一般消費者によるイメージ形成について調査する「地域ブランド調査2020」を今年6月から7月にかけて実施。10月中旬に予定している結果発表に先立ち、同調査の特設ページを開設いたしました。
公開: 2020-08-27 14:50:00
住民による都道府県の評価調査「都道府県SDGs調査2020」によると、定住意欲度が最も高かったのは北海道で、2年連続1位となった。2位には、前年9位の沖縄県、3位は福岡県となった。昨年4位の東京都は33位へと急落した。
公開: 2020-08-25 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
食農体験ネットワーク協議会
研修生募集
ギネス世界記録にチャレンジ
企業版SDGs
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
観光
サブスク
食農体験ネットTaabel
メルマガ