MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
企業版SDGs調査

企業版SDGs調査

国内の主力企業のSDGsへの取り組みや、ESG活動に対し、一般消費者やビジネスマン、投資家、SDGs認知者などのステークホルダーによる評価を数値化。評価の高い上位企業は「SDGs TOP100」としてランキングを公表。総合報告書と個別レポートの申し込み受付中

企業のSDGsやESGへの取り組みをステークホルダーが評価

世界中で企業によるSDGsへの取り組みが進み、各社もその取り組みを発信したり、具体的なESG活動として展開するようになってきています。その一方で、こうした活動が一般消費者やビジネスマン、投資家にどのくらい認知・理解され、評価されているのかは明らかにされていません。
 そこで、この調査では、国内の主力企業のSDGsへの取り組みや、ESG活動に対し、一般消費者やビジネスマン、投資家、SDGsに興味を持っている層などのステークホルダーによる評価を行い、それを数値化します(上位ランキングはメディア等を通じて広く公表します)。
 調査は1万人以上(各社の評価は500人以上)を回収して集計・分析を行います。また、全体の調査結果をまとめた「総合報告書」の他、各社および比較対象企業の結果をまとめた「個別報告書」もご提供します。ぜひ貴社のSDGsやESGにつながる取組の効果検証等にご活用ください。

・パンフレット 企業版SDGs調査パンフレット
・申込書 企業版SDGs調査申込書 
・お申込み 申し込みフォーム
・お問い合わせ 問い合わせフォーム

調査の構図

企業版SDGs調査の考え方

①SDGsの取り組みを数値化
  一般消費者のSDGsへの理解はまだ十分とは言えません。そこで、この調査では
  「企業がSDGsに取り組んでいるか」という視点で、総合的な評価として調査を
  行い、数値化します。

②企業の具体的なESG活動を評価
  調査対象企業の各社が取り組んでいるESG活動を、環境、CSR、女性、働き方、
  文化活動など20の視点から回答者が評価します。さらにそれらをもとに、総合評価
  して「ESG活動指数」を算出します。また、様々なESG活動ごとのSDGsの
  取り組みへの影響度を測定します。

③SDGs取組やESG活動の、企業評価やブランドへの貢献
  各社のSDGsの取り組みやESG活動が、企業好感度や投資意欲などにどのように
  貢献しているかを分析します。また、業界別および調査全企業の中で、各社がどのよ
  うな位置づけにあるかを分析します。

④投資家、SDGs認知者などステークホルダー別の分析
  各社の調査結果(企業評価指標およびESGの活動への評価など)を、投資経験者、
  ビジネスマン、SDGs認知者、専業主婦、若年層などのステークホルダー別に集計。
  各社の取り組みがどのようなターゲットに届いているか分析できるようにします。

⑤業界や競合他社との比較可能
  お申込み企業の結果をグラフと表でまとめたものと、属性別のクロス集計の結果を
  「個別報告書」としてまとめ、印刷物と電子データでご提供します。また、あらかじめ
  指定した競合企業(2社)の結果とともにご提供します。

調査対象一覧(案)

【あ】IHI, アイシン精機, 旭化成, アサヒビール, 味の素, 味の素AGF, アップル, アマゾン, アルプス電気, アンリツ, イオン, 伊藤園, 伊藤忠商事, イトーヨーカドー, INAX, 岩谷産業, ANA, エーザイ, AGC, SMBC日興証券, NEC, NTT, NTTドコモ, NTTデータ, エネオス, 荏原製作所, EPSON, 王子製紙, 大阪ガス, 大林組, 小田急電鉄, オムロン, オリエンタルランド, オリックス, オリンパス, オンワード,
【か】花王, カゴメ, カシオ計算機, 鹿島建設, カルビー, カルピス, 関西電力, かんぽ生命保険, キッコーマン, キヤノン, 九州電力, キユーピー, 京セラ, キリンビール, 近鉄, クボタ, 京王電鉄, 京成電鉄, 京浜急行電鉄, KDDI, 神戸製鋼所, コジマ, コスモ石油, コニカミノルタ, コマツ,
【さ】佐川急便, サッポロビール, サントリー, JR九州, JR四国, JR東海, JR西日本, JR東日本, JR北海道, JTB, JFE, 四国電力, しまむら, 清水建設, シャープ, 昭和シェル石油, スカイマーク, スズキ, スターバックス, SUBARU, 住友金属工業, 住友ゴム工業, 住友商事, 住友生命, 住友電気工業, 住友林業, セイコー, 西武鉄道, 積水化学工業, 積水ハウス, セブン・イレブン, ソニー, ソニー生命, ソニー損保, ソフトバンク,
【た】第一三共, 第一生命, 大王製紙, ダイキン工業, 大成建設, 大日本印刷, ダイハツ工業, 大和証券, 大和ハウス工業, 武田薬品工業, 竹中工務店, 田辺三菱製薬, 中部電力, DeNA, TDK, 帝人, 電源開発, 東京エレクトロン, 東京海上, 東京ガス, 東京急行電鉄, 東京電力, 東芝, TOTO, 東武鉄道, 東北電力, 東洋製罐, 東レ, 凸版印刷, ドトール, 豊田自動織機, トヨタ自動車, トヨタ紡織, トヨタホーム,
【な】西日本鉄道, 日産自動車, 日清オイリオ, 日清食品, 日本ハム, 日本IBM, 日本紙パルプ商事, 日本軽金属, 日本航空, 日本コカ・コーラ, 日本製紙, 日本製鉄, 日本生命, 日本特殊陶業, 日本マクドナルド, 日本ユニシス, ネスレ日本, 野村証券,
【は】パイオニア, ハウス食品, パナソニック, パナソニックホームズ, 阪急阪神, バンダイナムコ, 日立金属, 日立製作所, ファミリーマート, 不二製油, 富士ゼロックス, 富士通, 富士電機, 富士フイルム, ブリヂストン, ベネッセ, 北陸電力, 本田技研工業,
【ま】マイクロソフト, マツダ, 丸紅, ミサワホーム, ミズノ, みずほ銀行, 三井住友海上, 三井住友銀行, 三井物産, 三菱地所, 三菱自動車, 三菱重工, 三菱商事, 三菱マテリアル, 三菱UFJ銀行, 三菱レイヨン, 無印良品, 村田製作所, 明治, 明治安田生命, モスバーガー, 森永製菓, 森ビル,
【や】ヤクルト, ヤフー, ヤマト運輸, ヤマハ, ヤマハ発動機, UCC上島珈琲, ユニクロ, ユニ・チャーム, 洋服の青山, 横河電機, 横浜ゴム,
【ら】リクルート, リコー, りそな銀行, ロイヤルホスト, ローソン, ローム,
【わ】YKK, ワコール

計208社(50音順)(2020年3月7日時点)
※法人格は割愛。原則として正式名称ではなく、消費者に定着しているブランド名、略称等を優先しています。
 また、ホールディングスではなく、事業会社を対象としています。表記名の変更・修正をご希望の場合はご連絡ください。

報告書の構成内容

総合報告書
 

調査対象となった企業(200社以上)の結果(全指標)を冊子にまとめたもの。調査項目ごとの分析や、ステークホルダー別の結果、属性別での特徴などを分析した結果も記載します。
体裁:  A4判、無線綴じ製本、250ページ程度
内容:  第1部 企業版SDGs調査とは (目的、設問、結果概要等)
     第2部 企業評価指標(認知度、好感度、利用経験、投資意欲、就職意欲)
     第3部 情報関連指標(情報接触度、SDGs関連情報の接触度)
     第4部 SDGs評価指数、ESG活動認知(20項目)
     第5部 ステークホルダー別分析 (ビジネスマン、投資家、SDGs認知者、専業主婦、若年層)
     第6部 調査票、索引
      ※ 内容は一部変更になることがあります

個別レポート

お申込みいただいた企業の結果を、グラフ等を使って分かりやすくまとめたレポートです。
回答者の属性(年代、男女、婚姻、子どもの有無、住居、勤務、SDGs認知など)によるクロス集計の結果なども記載します。
体裁:  A4判、15ページ程度
対象:  貴社+競合2社 (3社目以上は1社あたり税別5万円)
内容:  各社の結果 (企業評価指標、情報関連指標、SDGs評価、ESG活動評価)
     ステークホルダー別結果、SDGsの17のゴール別に必要性を感じる人からの結果
     属性別クロス (年齢、性別、居住地域、職業、世帯年収、住居など)
     自由意見 (各社のSDGsやESG活動について)

調査概要・調査項目

■調査名: 企業版SDGs調査2020
■調査方法: インターネット調査
■調査対象者:一次調査(SDGs認知度、投資経験等についての調査を2019年7~12月に実施。計26,255人)の回答者から抽出
■回収数: 本調査での総回収数は10,000人以上(各企業の有効回答数は500人前後)を予定
■調査時期: 一次調査 2019年7月~12月、本調査 2020年2月~3月 

■記載内容:

  企業評価指標:  認知度、好感度、利用経験、投資意欲、良い会社評価
  情報関連指標:  情報の入手内容(商品、株式、環境、スポーツ等12項目)、
           情報の入手経路(TV、新聞、Web、SNS、報告書等14項目)
  SDGs評価指標:  各社のSDGsへの取り組みの評価(5段階)
  ESG活動評価:  環境、地域貢献、社会貢献活動(CSR)、雇用、経済、若者、女性、教育、科学・技術、
           商品・サービス、健康・福祉、高齢者・障がい者、国際交流、働き方改革、生活、
           スポーツ・文化、世界平和、宇宙開発、法順守、公平な取引 の20項目(「調査の構図」参照)
  回答者属性:   居住地、年代、性別、婚姻、子供の有無、職業、世帯年収、住居
  その他の項目:  SDGs認知度、SDGsの17ゴールへの必要性、投資経験
  自由意見:    各社のSDGsへの取り組み、ESG活動に関する自由意見

・パンフレット 企業版SDGs調査パンフレット

企業版SDGs調査2020の商品構成

基本セット:総合報告書+個別レポート+電子データ
350,000円 (税別)

調査対象とした企業全社(200社以上)の結果をまとめた「総合報告書」と、貴社の結果をわかりやすくまとめ、属性クロスなどで分析しやすくした「個別レポート」のセットです。(個別レポートには貴社の他に競合2社をお選びいただけます)
結果を分析・活用できるように、電子データ(総合報告書のPDFデータ+御社の属性クロス等、自由意見のExcelデータ)でもご提供します。

※他社の結果が必要な場合は、追加料金(5万円/社・税別)でお申込みいただけます。

報告会・セミナー
200,000円(税別)

調査結果をもとに、御社の担当者や関係者を対象とした報告会を、セミナー形式または研修方式にて実施します。
(実施例) 実施時間:60~120分(質疑応答含む)、実施場所:ご指定の会議室等、対象者数:特に指定なし、講師:弊社代表またはコンサルタント、納品物:PPT資料(電子データにて納品)
※交通・宿泊費および調査費用は含みません
※別途「基本セット」をお申し込みください。また、課題抽出などを含む場合は、下記の分析レポートもあわせてお申し込みください

分析レポート、課題抽出
300,000円~ (税別)

今回の調査の結果を踏まえ、御社のSDGsのイメージや、ESG活動への理解を高めるための課題や、ターゲティングなどについての分析レポートを作成します。
また、特別な視点を加えた個別調査を追加で実施することで、具体的な視点(取組、商品、店舗など)による分析を加えることも可能となります。詳しくは担当者までご連絡ください。
(実施例) 分析期間:1~2か月、納品物:分析レポート
※各調査費用は含みません。別途「基本セット」をお申し込みください。

地域版SDGs調査

地域版SDGs調査2019(都道府県対象)
 
47都道府県を対象に、居住者の満足度・定住意欲度などの基本指標と、個人の悩み・社会的課題などの計106項目についての調査。
全国平均と、都道府県・属性別の結果を比較できます。
※都道府県版には個別レポートはありません
総合報告書 68,000円(税別)

市版SDGs調査2020

政令例指定市、中核市、県庁所在市の計83市の市民による調査で、「地域版SDGs調査と同様の内容で実施しました。
総合報告書+個別報告書+データCD 150,000円(税別)

詳しくはこちらをご覧ください 「地域版SDGs調査」

お申し込み、お問い合わせ

株式会社ブランド総合研究所 (担当:森) 
105-0001 東京都港区虎ノ門1-8-5 
TEL.03-3539-3011
FAX.03-3539-3013

・パンフレット 企業版SDGs調査パンフレット
・申込書 企業版SDGs調査申込書 
・メール 申し込みフォーム
 

SDGs調査関連記事 一覧

この記事のライター
地域ブランド調査2019(総合)
関連記事
住民による都道府県の評価調査「都道府県SDGs調査2020」によると、定住意欲度が最も高かったのは北海道で、2年連続1位となった。2位には、前年9位の沖縄県、3位は福岡県となった。昨年4位の東京都は33位へと急落した。
公開: 2020-08-25 12:00:00
株式会社ブランド総合研究所は、住民目線による地域の持続性評価、悩みや不満、および幸福度や定住意欲度に関する「第2回都道府県SDGs調査2020」を実施しました。調査報告書では、定住意欲度を高めるための課題や、年代による意識の違いなど、都道府県ごとの実情を分析できます。
公開: 2020-08-24 16:10:35
住民による都道府県の評価調査「都道府県SDGs調査2020」によると、住民による愛着度が最も高かったのは北海道で2年連続。2位は沖縄県、3位は福岡県となった。岩手県は、昨年36位から今年4位へと急上昇した。
公開: 2020-08-12 16:26:00
住民による都道府県の評価調査「地域版SDGs調査2020」によると、住民の幸福度が最も高かったのは宮崎県で2年連続。2位は沖縄県、3位は大分県となった。鳥取県、京都府なども急上昇した。
公開: 2020-08-09 23:16:00
ブランド総合研究所は、2020年6月に「第2回都道府県SDGs調査2020」を実施した。約1万6千人の回答数を得て、地域の持続性を再評価する。 「自分の地域が社会や環境に配慮していると思うか?」という設問を新設し、住民による都道府県のSDGs評価指数としてランキングを発表するとともに解説を行う。
公開: 2020-07-29 12:00:00
株式会社ブランド総合研究所は、農林水産省の「地域活性化対策(人材発掘事業)」の一環として、農村地域への移住促進と活性化のために食農体験を活用した研修事業を開催。参加料、交通費、宿泊費の負担なし。定員30名を募集します。
公開: 2020-09-15 15:31:55
2020年9月7日(月)、東京アンテナショップ連絡会主催で「東京アンテナショップ連絡会 inふくい南青山291」が開催され、各自治体アンテナショップの情報交換の場として、各アンテナショップの担当者が集まりました。
公開: 2020-09-08 13:25:00
国内1000市区町村及び47都道府県を対象に、各地域の一般消費者によるイメージ形成について調査する「地域ブランド調査2020」を今年6月から7月にかけて実施。10月中旬に予定している結果発表に先立ち、同調査の特設ページを開設いたしました。
公開: 2020-08-27 14:50:00
住民による都道府県の評価調査「都道府県SDGs調査2020」によると、定住意欲度が最も高かったのは北海道で、2年連続1位となった。2位には、前年9位の沖縄県、3位は福岡県となった。昨年4位の東京都は33位へと急落した。
公開: 2020-08-25 12:00:00
株式会社ブランド総合研究所は、住民目線による地域の持続性評価、悩みや不満、および幸福度や定住意欲度に関する「第2回都道府県SDGs調査2020」を実施しました。調査報告書では、定住意欲度を高めるための課題や、年代による意識の違いなど、都道府県ごとの実情を分析できます。
公開: 2020-08-24 16:10:35

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
食農体験ネットワーク協議会
研修生募集
ギネス世界記録にチャレンジ
企業版SDGs
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
観光
サブスク
食農体験ネットTaabel
メルマガ