MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
鳥取しゃんしゃん祭りが「世界最大の傘踊り」にギネス世界記録認定

鳥取しゃんしゃん祭りが「世界最大の傘踊り」にギネス世界記録認定

鳥取市で伝統の「鳥取しゃんしゃん祭」の50周年を記念し、「傘踊り」でのギネス世界記録に挑戦し、最終的にはこれまでの記録1461人を200人以上更新する1688人による世界記録として認定された。

鳥取市で伝統の「鳥取しゃんしゃん祭」の50周年を記念し、「傘踊り」でのギネス世界記録に挑戦し、最終的にはこれまでの記録1461人を200人以上更新する1688人による世界記録として認定された。

この記録は、傘を使って5分以上の間、同時に踊る人数を競うもの。これまではルーマニアの1461人が世界記録とされていた。

鳥取しゃんしゃん祭の参加者などが参加し、鳥取駅から市役所までの若桜街道上にポールやロープなどで区切られた挑戦エリア(会場)で、平井伸治鳥取県知事、深澤義彦市長を含む1729人が同時に「きなんせ節」を2回繰り返して踊った。会場は北と南の計4か所のゲートから入場し、その入場と踊りを、ギネス・ワールド・レコーズの公式認定員と、10人の証人、36人の監視員が見守った。

[caption id="attachment_2185" align="alignnone" width="300" caption="赤い法被の監視員などが見守る中、「世界最大の傘踊り」への挑戦が行われる"][/caption]

踊りが終わった後、公式認定員が、証人による人数のカウントと、監視員による踊りの審査などの結果をもとに判定。結果的には、参加者数のうち、踊りが揃わないなどの失格者41名を除く1688人による踊りとして判定した。

「挑戦名は『最大のアンブレラダンス(傘踊り)」で、従来の記録1461人を上回る、1688人による踊りとして認め、ここにギネス世界記録として認定されました」

英国ギネス・ワールド・レコーズのグリナズ・ウカソヴァ公式認定員が、壇上で宣言した瞬間、鳥取しゃんしゃん踊りの演技の合間に待ち構えていた踊り子たちは、一斉に歓声を上げ、喜びを爆発させた。続いて壇上に登ったしゃんしゃん祭会長の深澤義彦市長に認定証の授与。市長が認定証を高々と掲げて「世界記録、やりました!」と叫ぶと、あたりはさらに興奮の渦となった。

[caption id="attachment_2186" align="alignnone" width="300" caption="公式認定員からギネス世界記録認定証が深澤市長に手渡される"][/caption]

ちなみに、過去最大規模となった一斉踊りには、第1部に16連(団体)、第2部に97連の計113連、約4200人が参加。また、ギネス世界記録の挑戦となった8月14日には、例年を大幅に上回る約21万人(推定)が来場し、途中、小雨が混じる中、大いに盛り上がった。

参考:「鳥取しゃんしゃん祭」ホームページ

 

 

この記事のライター
関連記事
2021年3月21日、黒部市国際文化センターコラーレ(富山県黒部市)で開館25周年を祝う記念イベントとして、「塗り絵」を3,166枚並べて列を作り、ギネス世界記録を達成した。
公開: 2021-03-24 12:22:00
様々な世界一を認定しているギネス世界記録。日本各地で、バラエティ豊かな世界一が沢山生まれています。昔からある自然や祭り、住民が力を合わせた活気あふれる挑戦・・・地域の魅力を伝える世界一を、都道府県ごとにご紹介。第20回は長野県から。
公開: 2020-06-18 15:49:57
様々な世界一を認定しているギネス世界記録。日本各地で、バラエティ豊かな世界一が沢山生まれています。昔からある自然や祭り、住民が力を合わせた活気あふれる挑戦・・・地域の魅力を伝える世界一を、都道府県ごとにご紹介。第19回は山梨県から。
公開: 2020-05-18 15:04:00
様々な世界一を認定しているギネス世界記録。日本各地で、バラエティ豊かな世界一が沢山生まれています。昔からある自然や祭り、住民が力を合わせた活気あふれる挑戦・・・地域の魅力を伝える世界一を、都道府県ごとにご紹介。第18回は福井県から。
公開: 2020-05-14 08:32:12
新型コロナウイルスの影響で、外出自粛を余儀なくされて早数ヶ月。楽しみにしていたイベントは軒並み中止で、みんなで集まって楽しめる日はいつ来るのやら・・・そんな寂しい思いをしている皆さん、オンラインで力を合わせて世界記録にチャレンジしてみませんか!?
公開: 2020-05-11 16:49:00
最新記事
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6 次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施します。
公開: 2021-06-15 14:08:36
農林水産省では、第4次食育推進基本計画を広く周知、実践につなげることを目的に食育月間セミナーを開催します。 重点事項の一つである「持続可能な食を支える食育の推進」をテーマに、新たな日常における食育体験やオンライン体験の可能性について、先進事例の紹介やパネルディスカッション等を実施します。
公開: 2021-06-14 21:04:00
食農体験ネットワーク協議会(事務局:ブランド総合研究所(所在地:東京都港区虎ノ門))では、WEBサイトのリニューアルにともない食農体験を実施している団体・農園等の情報を募集開始します。(サイト掲載は無料です)
公開: 2021-05-20 10:35:00
株式会社ブランド総合研究所は「地域ブランド調査2021」を、本年6月から7月にかけて実施する予定です。調査に先立ち、町村で調査対象をご希望の自治体様に対して調査エントリーの募集をいたします。
公開: 2021-05-17 12:00:00
県外の応援者、出身者の移住や訪問、地域貢献につながる意識などを数値化する「関係人口の意識調査2021」を全国2万人を対象にインターネットで実施しました。その調査結果の一部をご紹介いたします。
公開: 2021-04-23 12:25:01

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル